【獣医師監修】発生率も死亡率も高い病気。犬の乳腺腫瘍について

 

犬の乳腺腫瘍はこんな病気

犬の乳腺腫瘍は腫瘍の中でもかなり発生率が高い病気です。

その割合はなんとメス犬に発生する全腫瘍の52%。半分以上を乳腺腫瘍が占めているのです

乳腺腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があり、悪性である確率が50%だといわれています。さらに悪性腫瘍には、乳腺癌と悪性混合肉腫、炎症性乳癌とがあります。このうち炎症性乳癌は極めて悪性度の高い腫瘍として知られており、治療法は確立されていません。

 

犬の乳腺腫瘍の症状

犬の乳腺は左右計8個~10個ほどあります。個体差があり、左右均等でなく数が奇数個の場合もあります。

乳腺周辺におできのようなものができることがあります。それがいわゆる「腫瘍」です。

腫瘍には単発性のものと多発性のものがありますが、犬は「多発性」のことが多く、特に悪性腫瘍の場合には、気付けば腹部一面にびっしりと腫瘍ができてしまうこともあります。

良性の腫瘍は比較的形が円形に整っていて、大きくなる速度もそこまで早くはありません。悪性の腫瘍は形がいびつで、放置しておくとあっという間に巨大化してしまいます。

問題は大きくなる速度だけではありません。悪性の乳腺腫瘍は発見が遅れるとリンパ液や血流に乗って肺へと転移してしまいます。肺に転移してしまった乳腺腫瘍は、いずれ肺全体に腫瘍を発生させてしまうため、治療が困難なケースがほとんどです。

 

犬の乳腺腫瘍の原因

乳腺腫瘍の原因ははっきりとは分かっていませんが、「女性ホルモン」が深く関与していると考えられています。

早期に避妊手術を受けた犬は、未手術の犬よりも発生率が低くなります。避妊手術をした時期によって乳腺腫瘍を発症するリスクに違いがあることが報告されており、初回の発情前の避妊手術がもっとも乳腺腫瘍の予防効果が高いことが知られています。

 

犬の乳腺腫瘍の治療

転移がなく良性の腫瘍である場合は、摘出による外科手術で完治させることが可能です。

悪性腫瘍の場合も、炎症性乳癌を除いて、転移が確認されなければ手術での完全切除を目指します。ただし、腫瘍のある乳腺だけでなく、腫瘍がある乳腺を片側一列すべて取り除かなければならないこともよくあります。早期発見であればこうすることで、例え悪性であっても感知を見込めます。

逆に発見が遅れ、他の臓器に腫瘍が転移している状態では患部を切除しても治癒することはありません。抗がん剤治療や、放射線治療を行うこともありますが、完治は非常に難しいでしょう。

また、炎症性乳癌も現在のところ、治療が不可能な乳腺腫瘍とされています。摘出を行なっても完治することはなく、死亡率が非常に高いです。

犬の乳腺腫瘍の予防と早期発見

早期の避妊手術が最も効果がある予防法です。同じ避妊手術でも最初の発情が来る前に施術する方が発症するリスクが低くなるとされています。

また、定期的に乳腺周囲にしこりがないか確認をしてあげることは早期発見につながります。スキンシップの一環として、是非習慣にしてみてください。

関連記事