愛犬を叱るときに気をつけるべきこと。好きだからこそ、叱ることも大事です。

犬をしつけるには、犬の喜ぶことばかりでなく、犬がいやがることもしつけないといけません。いやがることを、嫌だと思わせないように教えるのが、上手なしつけということです。

さて、ここでは、犬がやってはダメなことをしているときに『どう止めるか』、『どう叱るか』というお話しをしましょう。

 

愛犬にやってほしくないことを止める

その瞬間に止める

imasia_12913966_S
犬が何かしようとしている時に、その行動を阻止するのは、犬のしつけで最も大切なテーマです。これをしっかり教えこまれた犬は、傍目にも素晴らしい犬だと映ります。犬がすることを止めるには、やろうとしている『直前』か、やっているその『瞬間』をとらえることです

※時が経ってから叱ったのでは、犬にはなにが悪かったのか分かりません!

現場で見せる

imasia_1172739_S
ちょうど居合わせていればいいのですが、留守の間に家具をかじるなどした時は、犬を『現場へ連れて行って見せる』ことで、それが悪いことだということを悟らせるのです。犬の鼻をかじり傷に寄せて、軽く擦りつけながら「だめ」と繰り返し言ってあげることで、犬は悪かったと気づくのです。

止めるときの声は必ず強めにしなくてはいけません。バチッとした言葉、例えば「だめ」とか「やめ」等が考えられますが、「だめ」の方が犬にははっきり聞こえます。もっといいのは、あなたが自分の膝や手を叩いて『大きな音』を立てて犬を「ギョッ」とさせながら「だめ」といってやります。犬が驚いて「悪いことをしたな」と分かればいいのです。

※間違っても、犬の体を叩いてはいけません。あくまで、声と音でコントロールすることです。

※リード(引き綱)を強く引いたり、叩いたりすることは絶対にしないでください。リードは楽しい運動のシンボルです。あなたと犬をつなぐ『愛の絆』ですから、それを使って止めたり叱ったりしてはいけません。

 

愛犬がやってはいけないことをしたときに、叱る

犬_パグ_素材
犬を叱ることは、ほめることと同様に、犬のしつけにおいて基本中の基本ですから、飼い主さんはしっかり勉強してください。

毎回かならず叱る

最も大切なことは、犬が『同じことをしたら、いつでも叱る』ことです。

同じことをしたのに叱ったり見逃したり、そのときどきで態度を変えてはいけません。犬がいけないことをしたら、『見逃さずに』『同じやり方で』叱ってください。そうでないと犬は自分のやったことが、良いことなのか悪いことなのか分からなくなるからです。

叱るタイミング

次に、叱るタイミングを考えてください。

例えば、何かしらの理由で逃げ出した犬が、なだめたり呼んだりして、ようやく戻ってきたとしましょう。この時、戻ってきた時に叱れば、犬は『逃げたこと』で叱られているのか『戻ってきたこと』で叱られているのか、分からなくなるのです。犬を迷わせてはいけません。そんなときは、戻ってきた瞬間だけでも頭を撫でるなどしてやってください。

犬を裏切らない

さらに、せっかく戻ってきた犬を、いきなり小屋に閉じ込めたり鎖でつないだりしたら、「呼ばれて戻ったら束縛された」と勘違いして、犬は呼ばれるのを嫌うようになります。それではしつけになりません。飼い主のちょっとした仕草で、犬を裏切らないようにしてください。

 

まとめ


『止める』と『叱る』は犬のしつけの原点です。ほめたり、喜ばせたりは簡単なことですが、『止める』と『叱る』を教えるには、飼い主のあなたの姿勢が大いに影響してきます。どちらの場合も、犬にはブレーキになることですから、あなたの仕草によっては犬は傷ついたり誤解したりします。

あなたと犬との間の『信頼関係を損なわないこと』これがキーワードです。

関連記事