2015年6月16日更新

ハバニーズの歴史、性格、寿命、特徴

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

ハバニーズの歴史

長毛で軽やかな歩き方が魅力の小型犬です。

ルーツは諸説あり、長い歴史を持つ犬種と言う見解がありますが、AKCによってスタンダードが認定されたのは1999年頃と記録されています。

キューバで改良がおこなわれたと言われている事から、原産国はキューバと言われる事が多い様です。
またそのベースとなった犬は地中海地域に存在していた犬だと言う意見もあり、原産国が地中海地域と言われる事もあるようです。

ハバニーズの寿命、特徴

平均寿命は13年前後と言われています。小型犬としては比較的短い寿命と言えるのではないでしょうか。

成犬時の体重は3kgから6kg程の小型犬です。

毛色はピュア・ホワイト、ブラック、ハバナ・ブラウンなどがあり、ダブルコート(毛が二層)の長毛です。
毛質はストレートから巻き毛まで様々な種類があります。

 

ハバニーズの性格

性格は好奇心旺盛で愛嬌があり、誰に対しても他の動物に対しても友好的と言われることが多い様です。

またとても賢く、勇敢であるとも言われ、小型犬でありながら番犬としての能力も高いと言う意見も聞かれます。

ハバニーズのかかりやすい病気

特有の病気は関節の病気、目の病気の発症が多い様ですが、寿命を左右する様な病気が発症しやすい犬種ではないと言われています。

血筋によっても発症しやすい病気が変わってくると言う意見もあるようですので、事前に健康な血筋かを確認する事でより長い寿命を期待できるのではないでしょうか。

ハバニーズのケア、お手入れ

手入れは見た目からも分かる通り、日々のブラッシングは欠かせません。毛が目に入り眼球を傷つけてしまう事もあります。定期的なカットが必要になります。

運動量はさほど多くない様ですが、遊ぶ事が好きな犬種ですので、ゲームなどを取り入れ軽い運動をする事で心身ともにストレスが軽減されるのではないでしょうか。