2016年4月30日更新

フレンチ・ブルドッグの性格や飼う時の注意点をまとめました!

フレンチ・ブルドッグの性格

性格はサービス精神旺盛で人や動物を楽しませるため、愛嬌ある行動やしぐさをする事が多く、その性格からかカフェや店などで看板犬を務めている犬も多い様です。

フレンチ・ブルドッグのかかりやすい病気

【関連記事】
フレンチ・ブルドッグの病気〜獣医師が解説するフレンチ・ブルドッグのかかりやすい病気〜

特有の病気は目の病気、関節や骨の病気を発症しやすいと言われています。

暑さに弱いため、熱中症などには十分に気をつけてください。

涙やヨダレによって炎症を起こすことも多いので、こまめに汚れのふき取りをしてください。

体も重く、また体に比べ頭が大きいので、少しの段差でも飛び乗ったり、飛び降りたりしてケガをする事も少なくありません。ケガの度合いもありますが、打ち所が悪ければ生命をおびやかしかねない状況になりえる事を考え、しつけや環境管理を行ってください。

また、その特異な体形から自然分娩は難しく、リスクが高いと言われています。妊娠や出産を希望する場合にはこの犬種に詳しい獣医師やブリーダーなどとよく相談をし、協力を得る必要があります。

妊娠や出産が母体の寿命を縮めてしまう事が想定される事をよく理解した上で、判断をする必要があると思います。

フレンチ・ブルドッグの歴史

ブサ可愛いとも言われキャラクター化されるなどし、人気を集める犬種です。

ルーツは諸説あり、いまだ論争が続いている様です。

一説には闘犬を愛玩犬として改良した犬種と言う見解がありますが、基が闘犬だったとしても愛玩犬としての歴史が長く、その見た目は闘犬をイメージさせるものの、闘犬気質はみられない様です。

フレンチ・ブルドッグの寿命、特徴

平均寿命は10年前後と言われ、このサイズの犬種としては決して長い寿命とは言えません。

見た目の小ささ以上に重く、ずっしりとした筋肉量があり、成犬時の体重は10kgから13kg程の様です。

毛色はフォーンやブリンドルなどがあります。

昨今、ボストン・テリアと混同される事も多い様で、フレンチ・ブルドッグとして血統書があってもボストン・テリアとの交配がされている場合もあるようです。そのためか、フレンチ・ブルドッグを判定するために、血統書や血縁図だけでなくDNA鑑定をする事があるそうです。

フレンチ・ブルドッグのケア、お手入れ

手入れはそれほど手間ではありません。肌を傷つけないタイプのブラシでのブラッシングを定期的におこない、しわの隙間も雑菌やカビなどが繁殖しない様に定期的に拭き取りをおこなってください。

シャンプーをする際は、しわの隙間に水気が残らない様、十分に乾かしてください。

フレンチブルドッグについて詳しく知りたい方はこちら
フレンチブルドッグの基礎知識まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

オッターハウンドの飼い方・遊び方まとめ

ふさふさの眉毛でとても愛嬌がある顔立ちが印象的な犬種です。こう見えて泳ぎの名人でもあり、古くはカワウソ(otter)猟で活躍していた犬種と言われています。 こんなに毛むくじゃらで大きい……

犬の習性

シェットランド・シープドッグの大きさ・寿命・性格など初めて飼う方に知ってほしい情報

シェットランド・シープドッグの歴史 スコットランドのシェットランド諸島で牧畜犬として飼育されていた犬がオリジナルといわれています。この島は土地が痩せていて作物が育ちにくく、結果、家畜のサイ……

犬の習性

【便利!】犬用キャリーバッグおすすめ10選

愛犬と暮らすうえで、欠かせないものの一つにキャリーバッグがあります。病院に行くとき、散歩のとき、車に乗るとき、飛行機に乗るとき……今回は、様々なシーンで使用する、犬用のキャリーバッグを選んで……

犬の習性

アナトリアン・シェパードの特徴やしつけなどのまとめ

アナトリアン・シェパードの特徴・性格 トルコ原産のこの犬のルーツは古代犬で長い年月を経て様々な犬との自然交雑を繰り返し、現在の姿になったと言われています。主に羊を獣や泥棒から守る護畜犬や軍……

犬の習性

スカイ・テリアの歴史、性格、寿命、特徴

スカイ・テリアの歴史 スカイテリアはスコットランドにあるスカイ島という名前の島でキツネやカワウソを捕まえる狩猟犬として活躍していました。 薮、巣穴の中などに潜り込んで狩りをする上、抵……

犬の習性