2016年4月30日更新

ボーダー・コリーの歴史、性格、寿命、特徴

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

ボーダー・コリーの歴史

牧羊犬といえばボーダーコリーをイメージされる方も多いのではないでしょうか?

古来、牧羊犬は群れを追い立てる為に吠え立てながら、時には足に噛み付き誘導する「ヒーラー」タイプの犬が多い中、ボーダーコリーは、その存在感と鋭い眼光で群れを統率させる、優雅な牧羊犬として高い評価を得ました。

羊を追い立て走り続ける素晴らしい持久力と、瞬時に方向やスピードをコントロールする優雅さは作業犬としてだけではなくアジリティー競技やディスク競技などのドッグスポーツ競技界においても人気を博しています。

ボーダーコリーという名前は、イギリスとスコットランドの境界上に多く生息していたことからボーダーコリーと名付けられたそうです。

ボーダー・コリーの寿命、特徴

体高は46〜58センチ、体重は14〜20キロの中型犬で、平均寿命は12〜15年といわれています。

被毛は短めのスムースコートと3センチ程度の長さがあるラフコートの2タイプがいます。

ダブルコート犬種で抜け毛は比較的多いタイプですので、定期的なブラッシングでむだ毛を取り除く様にしましょう。

カラーはブラックアンドホワイトが一般的ですが、レッドアンドホワイト、ブルーマール、セーブルなどバラエティ豊かです。

稀に天使の羽の様に白い模様が背中に出る個体もいます。

 

ボーダー・コリーの性格

性格は飼い主に忠実で、「すべての犬の中で最も利口な犬」と言われるほど、服従訓練、躾も比較的容易です。

牧羊犬としての素養から動く動物を追いかけたり、目で追い続ける事があります。

家族以外には無関心なところがあり、社交的ではない一面も持っています。

ボーダー・コリーの運動

この犬は仕事をする事に喜びを感じますので、知的なゲームを取り入れた運動をする必要があります。

運動量は比較的多い方ですので、毎日小一時間程度の散歩に出掛ける様にしましょう。

ボーダー・コリーのかかりやすい病気

気になる遺伝性疾患ですが、非常に多い犬種です。

発症すれば確実に死に至るCL病、コリー特有の疾病、股関節系、肘関節異形など注意すべき疾病があります。DNA検査で異常は発見できますので、信頼の置けるブリーダー、ペットショップなどから入手するようにしましょう。

またコリー系の犬種はフィラリア予防薬に含まれる薬剤に敏感に反応するといわれています。

微量ならば問題がないとも言われていますが、獣医師と相談の上、投薬をしましょう。

ボーダー・コリーについて詳しく知りたい方はこちら
ボーダー・コリーの基礎知識まとめ