2017年5月17日更新

ミニチュア・シュナウザーの性格や飼う時の注意点をまとめました!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

ミニチュア・シュナウザーの性格

犬のしつけに関して一般的には、「あまりにも規則正しい生活(散歩の時間、ごはんの時間などの徹底)をおくっていると、それが少しずれただけで犬にとって大きなストレスになるので、日々多少時間をずらした方が結果的にストレスになりにくい」などと言われていますが、ミニチュア・シュナウザーはどうやら例外の様です。

きっちりとした性格なのか、生活リズムが不規則だととてもストレスを感じる犬種だと言われています。この事から、生活リズムが不規則な方が飼う事はお勧めできない犬種だと言えるでしょう。

人間にとっても犬にとってもストレスは病気につながる大きな要素なので、たかがストレスと思わず、気をつけてあげる必要があります。

ミニチュア・シュナウザーのかかりやすい病気

遺伝性の腎臓の病気や眼球の病気の発症率が高いとされているので、定期的な健診などを行い、早期発見をし、重度化させない事が寿命を左右するとも言えるでしょう。

【関連記事】ミニチュア・シュナウザーの病気〜獣医師が解説するミニチュア・シュナウザーのかかりやすい病気〜

 

ミニチュア・シュナウザーの特徴、寿命

ミニチュア・シュナウザーはその賢さや見た目の可愛らしさから、とても人気の高い犬種です。

毛色はソルト&ペッパー、ブラック、ブラック&シルバーなどがあります。「口髭」と言う意味のドイツ語「シュナウツ」が犬種名の由来とも言われています。

寿命は13年前後と言われています。

体重は6kgから10kg程なので、健康な成人であれば男女問わず片手で持ち上げられる程の重さです。

生後間もない段階で断耳や断尾する事も多い様ですが、家庭犬として飼うのであれば必ずしも必要な行為ではないと言う意見もあります。

近年ミニチュア・シュナウザーが出演したテレビドラマがヒットしたのをきっかけに、さらに人気が高まっていますが、いくら小柄で賢く飼いやすいと言っても、「最後まで責任を持って飼えるか」よく考えてから飼いはじめてください。

ミニチュア・シュナウザーのしつけ

しつけの苦労は少ないようですが、ペットを飼うのが初めての方はパピーレッスンに参加するなどして、子犬の頃から飼い主と犬との間でルール作りをしておきましょう。

学ぶ事に対して積極性があるので、色々な事を教えてあげてください。

小さいながらも警戒心が強く勇敢なため、番犬としても能力が高いと言われています。

ミニチュア・シュナウザーのケア、お手入れ

手入れは、日々のブラッシングやシャンプーの他、定期的なカットが必要です。涙やけやよだれやけも起こしやすいので、こまめに拭き取りをし、必要に応じて動物病院での受診を行ってください。

遺伝性の病気で眼球に関わる病気が発症しやすい事もありますが、定期的にカットをしていないと毛が目に入り眼球を傷つけてしまい、炎症などが起こってしまいます。

犬種によっても、またその個体によっても、適切な事柄が異なる事を理解し、適切な飼育を行う事で寿命が延びる可能性は高まるのではないでしょうか。

ミニチュアシュナウザーについて詳しく知りたい方はこちら
ミニチュアシュナウザーの基礎知識まとめ

 
 

関連カテゴリ