2016年4月29日更新

ミニチュア・プードルの歴史、性格、寿命、特徴、お手入れ法は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

ミニチュア・プードルの歴史

ミニチュア・プードルはトイ・プードルよりも大きく、ミディアム・プードルよりも小さい犬種です。

ルーツはトイ・プードルと同様に、スタンダード・プードルが小型化されたものと言う説が一般的です。

ミニチュア・プードルの寿命、特徴

平均寿命は14年前後とも言われ、トイ・プードルよりはやや長い寿命と言えるのではないでしょうか。

成犬時の体重は5kgから8kg程とされています。

毛色はブラック、ホワイト、グレー、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、レッドなど様々な色がありますが、どの場合も単色です。

ミニチュア・プードルやトイ・プードルでも矮小発育症(ドワーフィズム)が見られる個体も存在します。

さらに小さなティーカップ・プードルなどに関しては、その小ささをどのように作り出しているかという点で大きな不安があります。健全な交配によって繁殖されているか定かでなければ、平均的な寿命を期待する事は難しいでしょうし、様々な病気の発症も懸念されます。

 

ミニチュア・プードルの性格

性格は友好的で活発、遊ぶのが好きな犬が多い様です。

ミニチュア・プードルのかかりやすい病気

特有の病気は皮膚の病気、目の病気、関節の病気、てんかんなどと言われています。しかし、実際には様々な病気の発症が報告されている様で、その中には寿命を左右する病気も含まれています。

ミニチュア・プードルのケア、お手入れ

手入れは毛玉になりやすい毛質のため日々のブラッシングは欠かせません。定期的にカットも必要になりますが、健康状態や季節や気候などを考慮して体に負担を与えないカットをする事をお勧めします。

毛質や長さもあり、様々はヘアスタイルを楽しめ、飼い主にとってもファッション性やエンターテイメント性が高い犬種と言えるでしょう。

カットしだいではまるで別の犬種の様にも見え、度々違ったカットにして楽しむ飼い主の方も多い様です。

極端に健康を害するものでなければ良いのですが、ファッション性を求めすぎて季節や気候に適さないカットにしない様に気をつけてください。

また、ネイルやヘアーのカラーリングも流行った事もあった様ですが、犬にとって有害な物質が含まれている物もありますし、犬は人間よりも嗅覚がすぐれている事からネイルやカラーの際の薬品の臭いは心身ともに負担になる可能性も高いので注意が必要です。

ファッション性を追求するあまり寿命を縮める事がない様、十分に配慮をしてください。

ミニチュアプードルについて詳しく知りたい方はこちら
ミニチュアプードルの基礎知識まとめ