2015年6月16日更新

ブルテリアの歴史、性格、寿命、特徴

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

ブルテリアの歴史

ブルドッグと現在では絶滅したホワイトイングリッシュテリアとの交配により作り出された犬です。

ブルドッグの力強さとテリアの粘り強さを併せ持つ、究極の闘犬と言われています。

昔は一般的にイメージされる「犬」の風貌と遜色ない顔立ちをしていましたが、その後もポインターなど交配改良を重ね、現在の卵形のユニークな顔立ちとなりました。

ブルテリアの寿命、特徴

個体の大きさはミニチュアとスタンダードの2種類があり、ミニチュアは体重7キロ前後、体高25〜35センチの小型犬、スタンダードは体重20〜28キロ、体高48〜56センチの中型犬、平均寿命11〜13年が一般的です。

被毛はホワイト、ブラック&ホワイト、トライなど様々。一般的にイメージされているホワイトの耳や目の周りに有色が入っているものは「ホワイト」とされます。

このアイパンチ等のポイント色は必ず入るものではありませんので、この模様を持って生まれてきた犬は希少とされています。

 

ブルテリアの性格

性格はおおらかで普通の犬に比べても噛み付く傾向は少なく、子どもをはじめ人間と仲良くすることができる犬です。しかしいったん噛み付くと簡単には離さない為、噛み付かれると相当のダメージを負います。

性格的に気難しい点がある為、躾はかなり難しい犬種です。同じ理由から他の犬と仲良くする事は難しいと考えられているため、多頭飼いには不向きです。

また、生後6ヶ月頃までに成犬サイズ近くまで成長するほど成長のスピードが速く、歯の生え変わり期の噛みつきは、他の犬種とは比べ物にならないほど、強い力で噛みます。

ブルテリアを飼育する場合は、正しい知識を持ち、愛情を持って気長に服従訓練が出来る方で、長時間犬を留守番させない方に向いています。一人暮らしの方には不向きです。

ブルテリアのかかりやすい病気

ブルテリアは個体数が少ないことから禁止されている交配が過去にあった為、遺伝性疾患は数多く挙げられています。

特に人気のホワイトコートは遺伝性の聴覚障害、慢性皮膚炎、心臓病を起こしやすい為、注意が必要です。

有色コートは遺伝性の若年型の腎臓障害が起こる事があります。

被毛の手入れは簡単ですが、皮膚が薄くて敏感ですので皮膚病には気をつけてください。