2016年4月30日更新

バーニーズ・マウンテン・ドッグの歴史、特徴・性格、寿命、飼い方は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 
 

バーニーズ・マウンテン・ドッグの歴史

世界で最も有名な山岳犬として知られる犬種です。

ルーツは諸説ありますが、その祖先はローマ帝国の時代まで遡ると言う説もあります。その後スイスで改良された犬種であると言われており、そのためスイス犬の一種として認定されているそうです。

バーニーズ・マウンテン・ドッグの寿命、特徴

平均寿命は10年前後と大型犬では平均的な寿命の長さと言えるでしょう。

体重は30kgから60kgほどと性別や個体差も大きい様です。

 

バーニーズ・マウンテン・ドッグの性格

おおらかで人と接することに喜びを感じる性格の様ですが、逆に言えば寂しがり屋な面もあり、一人ぼっちの時間が長いと精神的に大きなストレスになることがあると言われています。

冷静な判断力があり、とても賢く、知能は高いと言われています。子犬の時はその知的欲求にやんちゃさや無邪気さが加わり、いたずらをする事もしばしば。子犬といっても生後4か月で20kg程にもなるため、いたずらとはいえ破壊力は相当なものです。

また、人と居る事が安心感や幸福感になる犬種であるため、十分なスペースが確保できれば室内で飼う事もお勧めできます。2,3歳まではやんちゃな面もある様なので、十分なスペースが確保できない場合は野外での飼育の方が、飼い主にとっても犬にとっても安全と言えるでしょう。

野外での飼育の場合は、できるだけ犬と接する時間を作り、また家の中に居ても犬からその様子が見える事や、アイコンタクトを取れる事が精神的な安心感につながるようです。

忍耐強い面もある犬種ですが、やはり寂しがり屋な犬が多い様ですので、あまり精神的なストレスがたまらない様、工夫が必要でしょう。

バーニーズ・マウンテン・ドッグのかかりやすい病気

犬種特有の病気は、関節に関わる病気や目の病気が多い様です。また、大型犬では比較的多くみられる胃捻転や腸捻転も起こしやすい様です。

関節の病気に関しては、悪化させないように心がけ、寝たきりにならように工夫が必要でしょう。

寒さに強く、暑さに弱いので、野外で飼育するのであれば温度調節ができるよう工夫が必要でしょう。熱中症や夏バテで寿命を縮めてしまうことのないよう、十分に注意してください。

手がかかって大変とお困りの飼い主の方も多いようですが、大型犬は犬の中でも寿命が短く、バーニーズ・マウンテン・ドッグについてはこんなことわざがあるようです。
‘Three years a young dog, three years a good dog, three years an old dog … all else a gift from God’ (3年間は若い犬、3年間は良い犬、3年間は老いた犬、それから先は神様からの贈り物)

バーニーズ・マウンテン・ドッグのケア、お手入れ

日頃のケアだけでなく、医療がもっと発展し、全ての犬種が健康で長生きできる様になることを祈るばかりです。

バーニーズ・マウンテン・ドッグに限らず、大型犬を飼う際はその寿命の短さも事前に考えておく必要があるでしょう。

大病をしなくとも10年ほどでお別れをしないといけないと覚悟をした上で日々を過ごしてもらえると、犬にとっても飼い主にとっても素敵な時間が多く持てるのではないでしょうか。

バーニーズマウンテンドッグについて詳しく知りたい方はこちら
バーニーズマウンテンドッグの基礎知識まとめ