2015年6月17日更新

猫ちゃんとの同行避難!災害が起きた時にあわてず行動する為の準備

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

災害が起きた時、大切な猫ちゃんはどうするか?考えたことがあるでしょうか?

ペットとは同行避難が原則となったものの、災害が起きた時は、飼い主さんが臨機応変に判断し行動することが大切になります。

その為にも、日頃から、防災に対する意識を持ち、猫ちゃんの為の防災グッズを用意しておくことを忘れないようにしましょう。

 

猫ちゃんと一緒に避難する為に必要なこと

猫ちゃんと一緒に避難をする際、ケージに入れて移動することになります。

普段は、お部屋の中で自由に過ごしている猫ちゃんも、避難先での安全を考えてケージで過ごすことになります。

普段から猫用ケージやハーネスなどに慣らしておくと、このような際に安心して連れ出すことができます。

また、万が一に備えて、猫ちゃんには迷子札をつけ、緊急時の連絡先を明記しておくようにしましょう。マイクロチップで対策しておくこともひとつの方法です。

ケージやキャリーに慣らす

家の中で、ケージやキャリーに慣らすためには、その近くやその中でごはんを与える習慣をつけるとよいでしょう。

扉を閉めてみるのは、慣れてからで構いません。まずは、ケージに入ること自体が嫌いにならないようにしておきましょう

最近では、猫用トイレをそのまま移動用キャリーにすることができるものなど、ケージの種類も様々なものがあります。

普段から、猫ちゃんの為に用意し、慣らしておくようにしたいものです。

 

普段から猫用非常持ち出し袋を準備

猫ちゃん用の非常持ち出し袋には、まずは、食材と水を用意しておきましょう。

猫も人と同様に食料が必要となりますが、大災害の際には、人間の食料が優先になります。特にアレルギー対策のフードや普段から療法食を食べている猫ちゃん、またお薬が必要な猫ちゃんは、事前に十分な量を用意しておくとよいでしょう。

また、猫用の簡易トイレも必要になります。猫は、環境の変化やストレスによって体調を崩しやすくなります。簡易トイレをすぐに作れるようにしておきましょう。

最近は、折りたたみ式の猫用簡易トイレも販売されていますので、こういった物を活用してみることもひとつの方法です。

その他、食器、予備のリード、手袋やビニール袋、ウェットティッシュなどを入れてすぐに持ち出せるように準備しておくとよいでしょう。

猫ちゃんの安心の為に日頃からの備え

普段から、万が一の時のことを考え、家族で話し合っておくことはとても大切なことです。

また、猫ちゃんの体調管理や、ワクチン接種、ノミダニ駆除も基本的なこととして、飼い主さんが気をつけてあげたいことでもあります。

避難をすることになった時、猫ちゃんも集団生活を送るようになります。そんな時に、あわてず行動できるように、心がまえと可能な限りの準備をしておくことがとても大切なのです。