猫に多い膀胱炎。その理由と気を付けるべき点やフードの選択方法とは【獣医師が解説】

猫には膀胱炎が非常に多いです。

膀胱炎の原因はさまざまですが、膀胱炎を起こしやすい猫では、食餌療法などを行いながら長い間付き合っていく必要があります。

猫の飼い主さんなら知っておきたい猫の膀胱炎。

膀胱炎に注意が必要な猫の特徴から、膀胱炎の早期発見のためのポイントや、予防のためにお家でできることまで解説いたします。

膀胱炎持ちの猫の飼い主さんはもちろんのこと、まだ愛猫が膀胱炎になったことがない飼い主さんもしっかりチェックしておいてくださいね!

猫に膀胱炎が多い理由とは

猫には膀胱炎が多いです。その理由には、猫の習性が関係していると考えられます。

猫はもともと砂漠に住んでいた動物であり、水の少ない砂漠でも生きて行けるように、体に水分をため込む能力が高いです。

そのため、普段から猫の飲水量は非常に少ないです。飲水量が少ない分、猫は尿量も多くないため、トイレに行く回数は1日1~2回というケースも珍しくありません。

排尿をすることで、尿道や膀胱に侵入した細菌は洗い流されますが、排尿回数が少ないと外部から入ってきた菌が流されにくく、尿中で繁殖しやすくなります。

つまり、排尿回数の少ない猫は、尿路感染症による膀胱炎のリスクが高くなります。

さらに、猫は水分を節約するために非常に濃い尿を作ります。

尿の濃度が濃くなると、尿の中の石の成分が濃くなり、膀胱内に結石や砂ができやすくなります。

膀胱結石は膀胱炎の原因であり、尿の濃度の濃い猫では膀胱結石や結晶が原因となる膀胱炎も多くなります。

膀胱炎になりやすい猫の特徴

膀胱炎には、なりやすい猫、なりにくい猫がおり、特に以下のような猫では膀胱炎になりやすく膀胱炎の症状に注意が必要です。

ストレスがかかりやすい猫

猫の膀胱炎の多くは、感染や結石などのない原因不明の特発性膀胱炎だと言われており、その原因の一つにストレスが関与していると言われています。

そのため、ストレスがかかりやすい猫では膀胱炎のリスクが上がります。

多頭飼いや狭いスペースで飼われている猫はストレスがかかりやすく、膀胱炎にも十分な注意が必要です。

また、ホテルに預けたり知らないお客さんがたくさん家に来た後にはストレス性の膀胱炎の発生が増えますので、そういった状況があった場合も膀胱炎に注意してください。

メス猫

雄と雌を比べると、細菌性膀胱炎はメス猫に多いです。その理由は物理的な尿道の長さになります。

メスの尿道は、膀胱から膣までの距離でかなり短いですが、オス猫の尿道は、ペニスがあるためメスより長くなっています。

つまり、メス猫は尿道が短い分、菌が膀胱に入りやすい体の構造をしており、細菌性膀胱炎が多く発生します。

1度膀胱炎を起こしたことのある猫

膀胱炎は癖になることが多く、1度膀胱炎を起こしたことのある猫では膀胱炎の再発に注意が必要です。

膀胱炎を起こす猫では、もともと体質的に特発性膀胱炎や膀胱結石を起こしやすいなどといった可能性があります。

膀胱炎は、起こしやすい猫・そうでない猫がいますので、1度膀胱炎を起こした猫では血尿や頻尿などの膀胱炎の症状に注意しておいてください。

猫の膀胱炎の予防のポイント

猫の膀胱炎は、外的な要因で起こることも多く、環境を整えることである程度予防が可能となります。

トイレ環境

猫は綺麗好きな動物で、特にトイレにこだわりを持っている猫が多いです。

トイレが気に入らないと尿を我慢して膀胱炎を起こしやすくなりますので、トイレは常に清潔にしておくことが大切です。

また、他の猫が使っているトイレは嫌がって使わない猫もいます。特に多頭飼いの家庭では、トイレの数は「猫の数+1」が理想だと言われています。

水飲み場

水分を多くとった方が膀胱炎にはなりにくくなるので、できるだけ猫が水分を良く取れる環境にしてあげることも大切です。

水飲み場が遠かったり、水が汚れていたりすると水分摂取量が少なくなり、膀胱炎になりやすくなります。できれば複数カ所に水のお皿を置いておくといいでしょう。

また、夏場は水が不潔にならないよう1日1~2回は水を変えるようにしましょう。

猫は冷水やお湯を好んで飲まないので、基本的には常温の水でいいですが、寒い冬はぬるま湯を好んで飲む猫もいますので、少し温めてあげるのもいいでしょう。

フード

猫の膀胱炎の原因の一つが、膀胱結石です。結石は尿中のミネラル成分が固まってできますが、おやつや人のご飯などを食べるとそのリスクは高くなります。

膀胱結石ができやすい猫には、おやつや人のフードは控えるようにしてください。

ストレス

ストレスは猫の特発性膀胱炎の大きな原因であると言われています。

ストレスを減らすことも予防の大切な方法の一つです。猫のストレスを減らすためにできることは以下の通りです。

  • 遊びの時間を増やす
  • キャットタワーなど空間を使える生活環境を整える
  • 多頭飼いの場合はできるだけプライベートスペースも作る
  • フェリウェイなどのリラックス効果のあるものを使う

猫の膀胱炎の症状と早期発見方法

猫の様子を注意深く見ることで、膀胱炎の早期発見が可能となります。特に注意したいチェックポイントは以下の通りです。

  • トイレの回数:膀胱炎になるとトイレの回数が増えます。
  • 1回の尿量:膀胱炎では1回の尿量が減って、少し溜まったらすぐにしてしまうようになります。
  • 1回のトイレの長さ:膀胱炎の猫では、少量の尿でも尿意が強くなるため、最後まで絞り出そうとトイレの時間が長くなります。
  • 尿の色:血尿を伴うことも多く、尿がピンク~赤に変わることがあります。砂にしてしまう場合は、尿の付いた砂に少しティッシュなどを当てて色をチェックしてみましょう。また、尿に結晶が混じると尿の中にきらきら光るものが見つかることもあります。
  • 尿のにおい:細菌性膀胱炎の場合には、尿が異常にくさくなることも多いです。
  • ペニスを異常に気にする:膀胱炎のなかでも、危険な尿路閉塞に移行した場合は、ペニスを異常に気にして舐めるようになります。

猫の膀胱炎の治療法

動物病院で膀胱炎と診断された場合には、以下のような治療を行うことが多いです。

投薬治療

膀胱炎の主な治療は、注射薬や内服薬の投薬となります。

膀胱炎に使う薬は、抗菌薬や消炎鎮痛剤などが多いですが、精神安定薬などにを使用することもあります。

手術

膀胱結石や膀胱憩室、膀胱腫瘍などが膀胱炎の原因となっている場合には、手術が必要になることもあります。

フード

膀胱炎の原因が膀胱結石や結晶尿などである場合には、膀胱結石用のフードが必要になることも多いです。

また、特発性膀胱炎を繰り返す場合には、下部尿路疾患用のフードで再発予防を行うこともあります。

点滴・入院

ひどい膀胱炎の場合には、尿量を増やして膀胱を洗い流すため、点滴をして尿量を増やすこともあります。

また、膀胱炎から尿路閉塞になってしまった場合には、入院して尿カテーテルを入れる処置などが必要になることもあります。

療法食が必要になったら

猫の膀胱炎では療法食が必要になることがあります。療法食を食べさせる場合には、以下の点に注意しましょう。

療法食が必要かどうか

単発性の膀胱炎や、細菌性の膀胱炎ではフードは必ずしも必要ありません。

尿路結石や結晶尿、再発を繰り返す特発性膀胱炎では食餌療法を考える必要があります。

療法食の種類の選び方

では、次にどの療法食を選ぶのかを考えてみましょう。

膀胱結石が存在するか

まずは結石がある場合には、結石を溶解できるようなかなり強めのフードが必要です。

尿に結晶が出ているか

尿に結晶が出ている場合には、一般的な下部尿路疾患の療法食が必要になることが多いです。

ただし、結晶の種類によって多少選択するべき療法食が違うこともありますので、必ず動物病院で相談するようにしましょう。

結石も結晶もない場合

結石も結晶もないのに膀胱炎の再発を繰り返す場合には、特発性膀胱炎である可能性が高いです。

その場合には、精神安定効果のある成分の含まれたフードを選ぶようにしましょう。

療法食の始め方

療法食は一般のフードに比べて高いので、まずは食べるかどうかを試してから始めるようにしましょう。

動物病院では、療法食のサンプルを扱っているところが多いので、試せるサンプルがあるかどうか聞いてみましょう。

また、食べなければ返品補償を付けているフードメーカーもありますので、そういったメーカーの小さめのサイズを試してみてもいいでしょう。

フード変更は時間をかけて

今まで食べていたフードから急に変えると、食べなくなったり下痢やおう吐など消化不良を起こすことがあります。

フードの変更は2週間くらいかけて徐々に変えていくようにしてください。

食べない場合は缶詰(ウェット)フードを

ドライフードを食べない場合はウェットフードを混ぜて与えるのも方法の一つです。

療法食の多くにはウェットフードもありますので、病院で相談してみましょう。

まとめ

猫の代表的な病気、膀胱炎。比較的わかりやすい症状が出てきますので、飼い主さんが愛猫の様子をしっかり観察することで早期発見が可能になります。

膀胱炎を放置しておくと、愛猫に痛みや尿位によるストレスがかかるだけでなく、慢性膀胱炎に移行して治りが悪くなったり、命に係わる尿道閉塞を起こしてしまうこともあります。

療法食を含め、猫の膀胱炎の正しい知識を付けて、愛猫が膀胱炎になってもうまく対応できるようにしておいてくださいね!

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。