2015年9月17日更新

大型熱帯魚のエサとは? 配合飼料のメリット・デメリット

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

大型魚は生き餌を給餌することが多く、配合飼料は食べないと思われている方もいますが、実はそうではありません。配合飼料は生き餌よりも管理がとても楽なので、一度挑戦してみる価値はあると思います。

今回はそんな中型~大型魚向けの配合飼料についてご紹介します。

 

スティック型ペレット

中型~大型魚向けのペレットです。肉食のみ、草食のみの魚は食べてくれないことが多いので、雑食性向けのエサといえるでしょう。

水底に沈むタイプと、浮くタイプの両方があるので、遊泳タイプによって使い分けましょう。対象となるのはテキサスシクリッド、オスカー、フロントーサといった中大型魚の「成魚」です。

メリット

なんといっても生き餌よりも、手間と管理が簡単なことです。生き餌はエサとなる生体も世話しなければいけないケースもありますし、日持ちもしません。ペレットだとそれらの手間は一気に省くことができます。

デメリット

デメリットは、熱帯魚がペレットを食べてくれるかどうかはやってみなければわからないという点です。

食べてくれるとされている熱帯魚も、いざ給餌しても口にしてくれないといったことも珍しくはありません。そういった場合は根気強く慣れさせることで、食べてくれることもあるようです。

オキアミ

エビの一種、オキアミを乾燥(ドライ)したエサです。小型魚用にもシュリンプを乾燥させたエサがあります。オキアミはシュリンプよりも大きいので、フラワーホーンや、ロイヤルナイフなどの大型魚に与えられることが多いようです。

メリット

価格のわりにボリュームがあるので、コストパフォーマンスはとても優秀。管理が簡単なのはスティック型ペレットと同じです。ただし、湿気には気を付けましょう。またスティック型ペレットよりも、熱帯魚の食いつきも良いようです。

デメリット

デメリットとしては他のエサと比べ消化があまりよくないので、体調が悪い魚にあげてしまうと消化不良を起こしてしまう危険があることです。また水が汚れやすくなってしまいます。

 

賞味期限には注意しましょう

たまに勘違いされているアクアリストの方もいますが、人口飼料にも賞味期限は存在します。エサが古いと消化不良の原因にもなるので、管理には気を付けて人口飼料もなるべく早く消費するようこころがけましょう。

 
 

関連カテゴリ