2015年9月17日更新

熱帯魚のエサ、昆虫・金魚のメリット・デメリット

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

生き餌は大型魚や肉食魚を飼ううえで、まず避けては通れないエサです。ミミズから虫、金魚まで様々な種類があるので、それぞれのエサの特徴を知って、各熱帯魚に最適なものを選択しましょう。

 

コオロギ

メリット

熱帯魚用の昆虫エサといえば、まずコオロギの名前が挙げられるでしょう。熱帯魚だけではなく、爬虫類や鳥類用のエサにも使われることだけあって栄養価は折り紙つきです。

熱帯魚もコオロギへの食いつきは良いので、食べてくれなくて困るということはないでしょう。アロワナ、アーチャーフィッシュといった大型魚の代表的なエサの一つです。

デメリット

コオロギは必ず「生きた状態」で、水槽に投入しないといけません。死んでしまうと、熱帯魚の食いつきはみるみる低下してしまいます。もしコオロギが水面で死んでしまった場合は食べてくれないことが多いので、すぐに取り除きましょう。

金魚

メリット

肉食、大型の代表的なエサの一つです。広く流通しているため、ペットショップでもエサ用金魚を簡単に手に入れることが出来るでしょう。栄養も豊富なので、どのエサにするか迷った場合は金魚を選んでおけば間違いはありません。

デメリット

死んでしまった金魚を、熱帯魚のエサにするのは論外なので、熱帯魚用とは別にエサ用金魚の水槽も用意しないといけません。

「どうせエサだからテキトーに飼っていればいいんでしょ?」と思う人もいますが、それは大きな間違いです。もしエサ用金魚が病気や寄生虫に侵されていたら、食べてしまった熱帯魚にも感染してしまう恐れがあるのです。

エサ用金魚にも最適な環境を整えるだけでなく、熱帯魚の水槽に投入する前に、薬浴させるなど万全の対策を取る必要があるでしょう。

 

メダカ・アカヒレ

メリット

金魚よりも小型なので、キャットフィッシュやダトニオのような比較的小型な肉食魚に与えることができます。メダカやアカヒレは繁殖がそこそこ簡単なので、上手く繁殖に成功すれば節約にも繋がります。

デメリット

取り扱いについてはエサ用金魚と同じです。

昆虫・魚のエサは飼育を覚悟すること!

昆虫や魚をエサにする大型魚を飼育したいと思う人は、小型魚を飼育するよりも2倍は手間がかかると覚悟しておきましょう。2倍とは単純に、水槽の数が一つ増える。ということだけです。

 
 

関連カテゴリ