2015年9月17日更新

熱帯魚のエサ、冷凍飼料のメリット・デメリット

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

熱帯魚のエサのメリット・デメリット。今回は冷凍飼料編です。冷凍飼料は生き餌に近いのですが、生き餌よりも長持ちして、管理も簡単といった特長があります。ただ、食べてくれる魚が限定されるエサもあるので注意しましょう。

 

冷凍ハンバーグ

生のエサを潰し、ハンバーグ状にして冷凍保存したエサです。主にディスカス用として販売されていますが、プレコ、海水魚といった専用ハンバーグも流通しています。

メリット

冷凍ハンバーグのエサは生き餌に近い栄養素をより手間をかけずに与えることが出来るということです。

デメリット

水質が悪化しやすいのでエサの頻度や量に気を配る必要があります。

冷凍アカムシ

生き餌としても有名なアカムシを冷凍したもので、ベタやローチといった小型の肉食魚用のエサとして、冷凍飼料のなかでは特に人気のあるエサです。アロワナの幼少期にもよく与えられています。

メリット

生き餌のアカムシには「寄生虫」「病原菌」が混入するリスクが伴います。冷凍アカムシは製造過程である程度、それらが排除されるので、感染リスクを下げることができます。

また生き餌のアカムシは2~3日経過するだけで栄養価が下がっていきますが、冷凍アカムシは比較的長期間の保存が可能です。

デメリット

栄養分は豊富ですが、バランスは良くないため、冷凍アカムシだけを与えていると熱帯魚は短命になってしまいます。他のエサとの栄養バランスを考えて給餌する必要があるでしょう。

 

冷凍ムカデ

ムカデ!?と驚いた方もいるのではないでしょうか。実はムカデはアロワナの大好物。あくまでオヤツ感覚、副食扱いですが、栄養分も豊富なので優秀なエサなのです。

メリット

生きているムカデの入手は少し困難です。冷凍ムカデも、以前は流通量が少なかったのですが、近年は増加傾向にあるので入手も比較的簡単でしょう。またムカデが苦手な方も冷凍ムカデなら、なんとか大丈夫という人にとってはお助けアイテムになるでしょう。

デメリット

量に対して価格が高いので、コストパフォーマンスは少し悪いようです。またアロワナ以外の熱帯魚にはあまり向かないエサでもあります。ムカデだけだと栄養が偏ってしまうので、他の生き餌と併せて給餌する必要があるでしょう。

冷凍飼料=補完的役割

冷凍飼料は一種類だけ与えれば良いものではありません。他のエサと組み合わせることで最高の効果を発揮するので、栄養バランスには十分配慮しましょう。

 
 

関連カテゴリ