2015年9月17日更新

熱帯魚のエサ、配合飼料編のメリット・デメリット

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

皆さんはアクアリウムのエサの種類がどれくらいあるか知っていますか?

大きく分けると配合飼料、冷凍飼料、生き餌の3つに分類されますが、各飼料にもさらに複数のエサがあるので、全部で10種以上のエサが存在しているのです。それぞれのエサにはメリット・デメリットが存在し、給餌すべき品種も異なっています。

今回はそんなエサの中でも最も馴染みが深い「配合飼料」のメリット・デメリットについて、ご紹介します。

 

フレークフード

メリット

赤や黄色、緑の薄い形状のエサです。配合飼料のなかでも特に広く使われているので、アクアリウムをするうえでは必ず手に取るエサといってもいいでしょう。

ネオンテトラ、グッピーをはじめ、幅広い品種用に様々な栄養素を含んだ商品が多く市販されていて、バリエーションの広いフードです。

デメリット

デメリットとしては、フレークフードは軽いので水面に浮いてしまうことです。水槽の上または中間を泳ぐ魚には向いていますが、底にいる魚にはフレークフードが口に入ることは難しいでしょう。

水に溶けやすいため、水質が悪化しやすいというデメリットもあります。

粒状フード

メリット

フレークフードよりも水に沈みやすいタイプのフードです。エンゼルフィッシュやコリドラスといった中間~水底を遊泳する魚向けのフードです。

さらにフレークフードよりも水に溶けにくいため、水質が悪化しにくい、といったメリットもあります。粒のサイズは色々あるので、飼っている魚に合わせて購入しましょう。

デメリット

さほど大きなデメリットはありませんが、強いて言うならば水槽の上を泳ぐ熱帯魚には向かないフードです。

 

タブレット

メリット

プレコ、オトシンクルスといった水槽の底でじっとしている魚に最適なフードです。粒状フードよりもさらに溶解しにくいため、ゆっくりとエサをついばむ魚がいる水槽にはもってこいのフードでしょう。

デメリット

すぐに沈んでしまう特性から、事実上水底にいる魚限定のフードです。他の遊泳タイプの魚には他のフードを与えましょう。

各遊泳タイプに合わせたフードを使用しましょう

どのフードを与えるか迷ったら、まずは自分が飼っているまたは飼いたい魚が水槽のどの部分を泳ぐのか調べましょう。

そうすればおのずとフードの種類も限られてきます。あとはショップの店員さんにベストのフードを尋ねれば、まず間違いはないでしょう。

 
 

関連カテゴリ