2015年9月17日更新

ペットサルの代表格! コモンマーモセットの生態について紹介します!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

コモンマーモセットは世界で広く飼育されているサルで、「ペットとして飼育出来るサルってどんなのがいるの?」という問いに対してまず名前が出てくるであろうペットサルの代表格でもあります。

サルを飼ってみたい!と思っている人であれば、絶対に知っておくべき品種なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

コモンマーモセットの生態

野生のコモンマーモセットは南米、ブラジルの熱帯雨林に幅広く生息しています。サルの仲間でもかなり小型の部類で、成長しても21cmほどにしかなりません。体重も300g程度です。

動きはかなり活発、俊敏で捕まえるのは非常に困難でしょう。さらに声にも特徴があり、とんでもなく高くて大きい声で鳴くこともあります。

コモンマーモセットの性格

コモンマーモセットはとても知能が高く、野生下では十数頭の群れを作って生活しています。学習能力、適応能力は高いのですが「自我」を持つので、人の都合の良いようにしつけすることはできません。

人慣れするのですが、基本は警戒心が強く、臆病で気まぐれ。昨日までは大人しかったのに、突然、噛み付いてくることもよくあります。犬のような主従関係とは違った関係作りが必要でしょう。

また決まった場所でトイレをする習性はありません。

 

コモンマーモセットの食性

雑食性で昆虫から植物の花、樹液、果実までなんでも食べます。

コモンマーモセットの病気と寿命

コモンマーモセットは熱帯地方が原産地、ということもあって、寒さに極端に弱いです。日本において屋外飼育はほぼ不可能でしょう。

さらにコモンマーモセットだけでなく他のサルにも言えるのですが、「人からサルに」または「サルから人」に風邪や感染症が移ってしまうリスクがあります。

人にとってもサルにとってもとても危険な感染症もあるので、これらの予防・対策をすることは必須です。

一般的にコモンマーモセットの寿命は10年ほどとされています。なかには15年ほど生きた事例もあるので、かなり長寿なペットと言えるでしょう。

コモンマーモセットの購入は慎重に

サルの中では比較的飼いやすいペットですが、それでも犬や猫よりも手間や心配事が多いのは確実です。まずはコモンマーモセットのことを良く知ったうえで、しっかりと飼育環境を見直し、飼育を検討するようにしましょう。

 
 

関連カテゴリ