【獣医師監修】犬も逆まつ毛になる!犬の眼瞼内反症の原因・症状・治療法

人間でもよく耳にする逆まつ毛。犬の世界でも問題になることがあります。

まつげ自体が眼球に向かって生えてしまうことで起こるほか、まぶたが内側に反ってしまうことでも逆まつ毛となることがあります。この、まぶたが内側にそってしまっている状態を眼瞼内反症と呼びます。

眼瞼内反症では、まつげが角膜や結膜を刺激し、涙やけや目の疾患を引き起こす原因となります。

 

眼瞼内反症になってしまう原因

その原因は確かになっていませんが、先天的に発生することが多く、遺伝によるところが大きいとされています。他の目の病気から引き起こされる場合もあります。

起こりやすい犬種

コッカースパニエル、ラブラドールレトリバー、セントバーナード、ブルドッグ、チャウチャウなどで起こりやすいようです。

 

眼瞼内反症の症状

目のふち、眼瞼が内反してしまっていて、まつ毛が目を刺激してしまいます。絶えず目に刺激を受けているために、様々な症状を引き起こしてしまいます。

涙の量が増える

目を守ろうと通常より多く涙が出てきてしまいます。そのため、目の周りの毛が常に濡れた状態にあり、毛が茶色く変色し、涙やけを起こしやすくなります。

目ヤニが増える

常に目を刺激されている状態ですので、目ヤニも多くなります。

重度な場合には目を覆ってしまうほどの目ヤニが出ます。目の下の毛にも絡まるので、そのままにしておくと、その下にある皮膚も炎症を起こしてしまいます。

気にして掻いてしまう

まつげが角膜を刺激しているので、気にして掻いたり、擦りつけてしまったりします。また、慢性化すると角膜潰瘍を起こし、角膜の表面が白くにごってきたり、血管が増殖して赤や黒に変色してきたりします。

黄色い粘り気のある目ヤニが出ていたら、感染を起こしている可能性がありますので、早めに動物病院で診てもらう方がよいでしょう。

 

眼瞼内反症の治療方法

内反がひどく、角膜への刺激が激しい場合には、内反してしまっている部分の手術を行います。

症状が軽度の場合は、定期的に逆まつ毛を取り除いてあげる事で炎症を防ぎます。

個体差はありますが、1か月に1回ほど抜いてもらうと良いでしょう。危険ですので、家で逆まつ毛を取り除くのは避けた方が無難です。

眼の病気の治療や予防には、目やその周囲の日々のケアがとても大切です。愛犬が眼を気にする様子を見せたら、炎症を繰り返して目やその周囲を触られるのを嫌がるようになってしまう前に、動物病院でチェックしてもらいましょう。

関連記事