2017年6月10日更新

犬が苦しそうな呼吸、咳をしていたら要注意!犬の気管虚脱の症状・原因・治療法について【獣医師監修】

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

気管虚脱という文字を見ただけではどんな病気かわかりにくいかもしれませんが、これは犬に見られる呼吸器の病気の一つです。この病気は気管が本来の強度を失ってつぶれてしまうことで起こり、呼吸に異常をきたします。

犬が少し動いただけで苦しそうな呼吸をしていたり、咳を頻発して起こしていたりするようなら、気管虚脱の可能性があるかもしれません。

 

気管虚脱の症状は?

苦しそうな呼吸、ガーガーという呼吸音を伴って喘ぐような呼吸、咳、咳からくる嘔吐、ひどい場合には舌が紫色になってしまうチアノーゼが見られます。

原因は明らかになっていませんが、起こりやすい犬種が特定されているので、遺伝によるものとされています。

ポメラニアン、ヨークシャテリア、マルチーズ、トイプードル、チワワなどの小型犬によく見られますが、中型、大型犬でも起こります。

また、気管虚脱は肥満により症状が悪化することがあります。

気管虚脱の治療方法

内服薬の投与、またはネブライザーなどの吸入器で症状を緩和させる治療を行います。しかし、気管虚脱そのものは完治するのが困難であるとされています。

気管虚脱の手術を行っている病院もありますが、多くはありません。また、術後の合併症も多く問題となっており、現在のところ、手術を行なっても気管虚脱の根治はかなり難しいとされています。

咳が頻発しているようなら、気管支拡張剤などの内服薬の投与が毎日必要になり、生涯にわたり投薬が必要となるでしょう。

 

もし気管虚脱になってしまったら

チアノーゼまで起こしてしまうような呼吸困難は、かなり苦しい状態といえます。日頃から気管に負担をかけないように生活するよう心がけましょう。

気温差に気をつける

夏場は暑い外から涼しい屋内へ、冬場は寒い外から暖かい屋内へと急に入った場合や、その逆の場合など、激しい気温差は気道粘膜を刺激して咳を誘発します。急激な気温の変化には気を付けましょう。

首輪から胴輪に

首輪は少し引っ張っただけでも気管に負担をかけるので、咳を誘発する原因となってしまいます。首輪を使って散歩をしている場合には、負担の少ない胴輪に変えてあげましょう

食事

大きい粒のドッグフードなどを噛まずに飲み込んでしまうと、食道が広がり気管を圧迫する可能性があります。

粒の小さいドッグフードに変え、おやつなども軟らかいものに変えてあげましょう。また、お湯などでふやかしてあげるのも効果的です。

まとめ

気管虚脱は完治が難しい病気です。気管への負担を避けるように生活習慣や環境に気を配る事が、症状を抑え、進行を遅らせることにつながります。生涯付き合っていかなくてはならない可能性の高い病気ですので、日頃のケアが大切です。