2015年10月19日更新

犬のしつけで怒ってはいけない4つの理由

初心者の飼い主さんにとって犬のしつけは意外と難しいもの。トイレや無駄吠えのしつけ、散歩の時の歩き方など教えることはたくさんあるのにしつけ方が分からないという方も多いでしょう。しつけのコツはいろいろありますが、何と言っても大切なのは「怒らない」こと。「怒る」は「叱る」と違って飼い主さんが感情的になりがちです。しつけのために犬を怒るとしつけとは真逆な結果を招くこともあります。今回は犬のしつけをするときに怒ってはいけない4つの理由をご紹介しましょう。

怒ると犬が混乱してしまう

犬の性格にもよりますが、飼い主さんから怒られたことで委縮してしまい指示の内容が正確に伝わらないことがあります。怒られたことだけが頭に残り「何が原因で怒られているか」理解することができないため混乱するのです。

例えばトイレのしつけをするために怒ったりすると犬は排泄自体がいけないのかもしれないと誤解し、隠れて排泄したり排泄をしなくなったりする可能性があります。

かえって攻撃してくることがある

犬によっては怒ると飼い主さんが自分を攻撃していると感じて反撃してくる犬もいると言われています。飼い主さんとしては犬との良い関係を築こうとしているのでしょうが、犬の側はやりこめられたと思って防衛反応が働いてしまうのです。

こうなると飼い主さんと犬の信頼関係が壊れてしまう可能性があり関係改善には時間がかかりますので注意が必要です。

飼い主さん自身の態度がエスカレートしてしまう可能性がある

人間だれでもそうですが、怒って感情的になると本来の目的を忘れてしまいがちです。もともとは「犬の行動を良い方向に導きたい」ために怒ったつもりが怒っただけで終わり…になってしまってはしつけになりません。

褒めた方がうまく行く

ドックトレーナーさんの多くは「犬は褒めた方がしつけがうまく行き、どんな状況でも適応してくれる」と言います。「褒める」ことは甘やかすこととは違います。ダメなことを指摘したら正しい行動に誘導、その後に正しい行動が取れたらちゃんと褒めてあげることが大切です。

そうすれば飼い主さんが褒めてくれたことだけが頭に残って正しい行動を取ってくれるようになるでしょう。

犬のしつけは辛抱強く、いつも同じパターンで

犬のしつけをするには感情的になるのが一番良くないことです。犬が理解できるように

  • ダメなことは現行犯で。
  • 低い声で「NO」「ダメ」などの一言で伝える。
  • 正しい行動を辛抱強く教える。
  • 正しい行動ができたら褒めてあげる。

というようにいつも同じパターンで感情的にならずに教えることが大切です。しつけのポイントは人間も犬もそう変わりません。自分がどのように教えられたら気持ちよく従えるか考えてみれば犬の気持ちも理解できますね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

犬が吠えることで生じる危険。しつけで事前にトラブルを回避しましょう!

犬にとって、吠えるという仕草は自分自身の気持ちを表現するために用いる場合と、相手を威嚇するために吠えている場合の2種類があります。 とはいっても、吠えている犬のほとんどは威嚇をしている……

犬のしつけの基礎

【ペットシッターが解説】パグとの暮らしで注意すること

パグの性格と性質 性格 パグは、その独特な大きくて丸い頭、つぶれた鼻、しわくちゃの顔で愛嬌ある表情から、愛される人気の犬種です。落ち着きもあるので、子どもや高齢の方がいる家庭でも飼い……

犬の問題行動予防

犬のしつけは1歳までに!すぐに教えたいしつけ。

犬を家に迎え入れる時に様々な準備をすると思います。それと同時に飼い主である私たちも受け入れる気持ちを持たなければなりません。一緒に生活できるか?自分の言うことを聞いてくれるか?など色々と不安……

犬のしつけの基礎

【ペットシッターが解説】イングリッシュコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

イングリッシュコッカースパニエルの性格と性質 性格 イングリッシュコッカースパニエルは、いつも明るい笑顔で家族をなごましてくれる優しさを持っています。また、とても利口で家族に対して忠……

犬のシャンプー

犬の性格は幼少期に決まる!子犬の成長段階において重要な時期は?

子犬を飼い始めたら、まずは「しつけ」が大切です。可愛がるのと甘えさせるのとでは、意味合いが違います。可愛がるときと叱るときのギャップが必要です。 基本的に、通常の愛情を与えていれば、子……

犬のしつけの基礎