2015年9月24日更新

室内外でも運動不足解消!キャットタワーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫といえば自由気ままで、ジャンプの得意な生き物ですが、室内で飼っているとついつい運動不足になりがちな猫がほとんどです。運動不足になってしまうと様々な病気を招いてしまうだけでなく、老化を早めてしまうこともあります。

今回はそんな室内でおすすめのキャットタワーについてご紹介しましょう。

 

キャットタワーは猫の寝床でもあり遊び場でもある

キャットタワーは猫グッズの一つで、小型のものから超大型のものまである猫が遊べる遊具のようなものです。キャットタワーには猫の寝床が完備されているものや爪研ぎ場所がついているものまであります。

猫は警戒心が強く高いところが大好きなので、キャットタワーを置いておくとストレス発散をすることも出来ます。また横の動きではなく、縦の動きが出来るので室内であってもしっかりと運動を行えます。

家に合ったキャットタワーを選ぶこと

キャットタワーは縦の高さがあるものなので、家のどこに置くかを決めて購入する必要があります。大きい方が猫にとっては確かに運動することが出来すごくいいものですが、あまりにも大きくて家に置けなければ元も子もありません。

設置する場所の広さに合わせて小型のものから大型のものまで選ぶようにしましょう。また大型のものになれば突っ張り棒タイプのものもあり、それなりに強度もあるので猫が動いても安全です。寝床あり・なしやどういった形のものにするかは猫に合わせて選ぶようにしましょう。

 

猫がキャットタワーで遊ばないとき

せっかく猫にキャットタワーを買ってきても、なかなか警戒して遊んでくれないことはあります。猫がキャットタワーで遊ばない理由にはいくつかあり、その理由が解決されると、ほとんどの猫は遊んでくれるようになります。猫が嫌がっているのに無理矢理タワーにのせると、二度とタワーに近づかなくなることもあるのでしっかり原因を考えましょう。

私たち人間でもそうですが、なかなか買いたての新品のものに馴染めないことはありますよね。とくに新品独特のニオイがするものはすぐに馴染めなかったりします。それは猫も同じで、キャットタワーのニオイが薄れるのを気長に待つしかありません。

またキャットタワーが不安定なところに置かれていてグラついている場合、猫は警戒して上ってくれません。高いところを怖がる猫もいるので猫に合わせてタワーを選び、気長に待つことが大事です。