2015年9月24日更新

コラットってどんな猫?コラットの性格・特徴など徹底解説!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

コラットという猫をご存知ですか?ブルーの毛並みの猫と言えばロシアンブルーが有名ですが、コラットも同じような美しいブルーの毛色の猫です。

この記事では日本では希少な猫、コラットについて詳しく解説します。

 

コラットの出生

コラットはタイ原産の土着猫が起源でその歴史は非常に古く、アユタヤ王朝時代の書物には500年以上前にその記述が認められています。タイでは「シ・サワット」(幸運を呼ぶ猫)とも呼ばれているようで、昔から幸福と繁栄の象徴として大切にされていました。

19世紀後半のイギリスで「ブルーのシャム猫」という触れ込みで登場したのが西欧へのデビューでした。1959年にはアメリカにも紹介されるようになり、1970年代に両国で猫種として公認されるようになったのです。

コラットの体の特徴

コラットの外見的な魅力はなんといっても美しいブルーの被毛でしょう。シルクのような手ざわりで光の加減によりシルバーに輝きます。ロシアンブルーがダブルコートなのに対し、コラットはシングルコート。そのため抜け毛が少ない猫種でもあります。

体は全体的に筋肉質、抱き上げると見た目よりどっしりと重く感じます。他の猫種よりやや大きめで先端が丸みを帯びた耳は顔立ちに愛らしい印象を与えるでしょう。

 

コラットの性格の特徴

コラットはおとなしく頭の良い猫種です。用心深い性格で人見知りをすることも多く、初めての人には容易に懐かない傾向もあるようですが、心を許した人に対してはとても甘えん坊になり深い愛情で応えてくれるでしょう。

コラットを飼う時の注意点

多くの猫種がダブルコートであるのに比べコラットはシングルコート、そのため寒さにやや弱い傾向があります。冬の寒さ対策をしっかりしてあげてくださいね。

シングルコートなので被毛のお手入れはとても楽です。週2回ほどの軽いブラッシングで十分に美しさを保てるでしょう。

用心深い性格なので環境の変化がやや苦手です。引っ越し、結婚出産などによる家族の変化、新しい猫を迎えるなど今までと違う環境になる時は十分な注意が必要でしょう。

まとめ

日本では珍しい猫コラット。おとなしい性格は集合住宅でも迷惑になることなく、飼いやすい猫と言えるでしょう。

「幸運を呼ぶ猫」と暮らしてみたら飼い主さんにいいことがあるかも?国内のコラットブリーダーはまだまだ少数ですが根気よく探せばすてきな出会いがありそうですね。

 
 

関連カテゴリ