2015年9月28日更新

飼い猫にお留守番をさせるときの注意点と寂しいさを感じた猫の行動について

急な用事で1日から2日ほど家を空けなければならないことは頻繁に起こりえます。そのようなときに飼い猫を連れていくことができればいいですが、急な用事の場合にそれは難しいでしょう。

そのようなときには飼い猫に家でお留守番をしてもらわなければなりません。猫は1日や2日であれば問題なくお留守番をすることができますが、お留守番をするときの注意点を守らずに放ってしまうと様々なリスクが生じてしまいます。

ここでは飼い猫にお留守番をさせるときの注意点についてご紹介します。

飼い猫にお留守番をさせるときの注意点

飼い猫にお留守番をさせるときに注意しなければならないことは、水やフードといった食事、そしてトイレです。

清潔な状態の水を用意し、飼い猫がお留守番をしている間になくならない量のフードを用意しておきましょう。特に水はきれいな状態でないと体調を崩してしまう怖れがあるので気を付けなければなりません。

水を常に清潔な状態に保つためのペット専用機器などが販売されているので、購入することを検討してみてください。

またトイレについても常に清潔な状態に保っていなければ健康面にとっても精神面にとっても良くありません。普段はトイレをひとつしか用意していなくても、飼い猫にお留守番をさせるときには複数のトイレを用意してあげてください。

加えて、お留守番中に寂しさを感じた猫はいたずらをする場合があり、その配慮もしてあげるようにしてあげましょう。

寂しさを感じた時の飼い猫の行動パターン

猫は寂しさを感じるといたずらをするようになります。トイレの粗相やものをひっかいたりといった行動に出ることがあるので、注意してください。

それを防ぐためには、おもちゃを置いておくことや、知人に定期的に様子を見に行ってもらうなどの方法が有効です。猫はマイペースな生き物ですが、寂しさを感じないわけではありません。飼い主に対しては愛情をもっているので、放っておかれすぎると寂しくなってしまうのです。猫の気持ちに配慮してあげてください。

まとめ

飼い猫にお留守番をさせるときの注意点についてご紹介しました。まずは食事やトイレといった生活していく上で最も基本となる部分にしっかりと配慮をしてあげることが大切です。

それに加えて飼い猫の精神的な部分にまで配慮してあげれば、飼い猫は問題なくお留守番を終えることができるでしょう。猫だから寂しさを感じないということは大きな勘違いと言えます。

お留守番をするということは一人ぼっちで居させてしまうということを忘れずに、飼い猫に対する配慮をしてあげてください。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猫カフェに行こう!気をつけるべき6つのルールやマナーとは?

猫好きなら1度は行ってみたい猫カフェ。かわいい猫たちとふれ合えるのがとても楽しそうですね。しかし猫カフェには独特のルールやマナーがあり、不安に思う人も多いのではないでしょうか? この記……

猫の言葉・気持ち

好きだから…じゃないかも(泣)猫が飼い主に甘えてくるのはどんな時?

いつもツンデレな猫が、時々自分からスリスリしてくる…。飼い主にとって至福のひと時ですよね。 ネコは幼少時の経験がなければ飼い主に甘えない性格になってしまう、ということをよく言われますが……

猫の言葉・気持ち

猫の気持ちを知りたいときは、しっぽの動きや速さをチェック!!

猫はしっぽでさまざまな感情や気分の動きを表現しています。 「うちの猫、今どんな気分なのかな?」 そう思ったらしっぽを観察してみましょう。今回はしっぽで猫の気持ちを知る方法をご紹介します。……

猫のカーミングシグナル

猫の気持ちは目・耳・しっぽを見ればわかる♪猫のサインを読み取ろう!

猫との同居生活が子供と暮らすより長いワタクシ。家族構成の欄に「長男 カイト」もしくは「配偶者 カイト」と書ける日が来ないかしら…と時々妄想しています。 海外のサイトでは、猫との結婚証明……

猫の言葉・気持ち

【おだやかでお利口なライオン】 メインクーンの魅力3選

ふわふわのロングヘアととっても大きなからだのメインクーン。猫の品種の中でも最大といわれるその大きさは人間のこどもにも相当するほど!まるで小さなライオンです。 ペットとしても人気の高い品……