2015年9月28日更新

飼い猫にお留守番をさせるときの注意点と寂しいさを感じた猫の行動について

急な用事で1日から2日ほど家を空けなければならないことは頻繁に起こりえます。そのようなときに飼い猫を連れていくことができればいいですが、急な用事の場合にそれは難しいでしょう。

そのようなときには飼い猫に家でお留守番をしてもらわなければなりません。猫は1日や2日であれば問題なくお留守番をすることができますが、お留守番をするときの注意点を守らずに放ってしまうと様々なリスクが生じてしまいます。

ここでは飼い猫にお留守番をさせるときの注意点についてご紹介します。

飼い猫にお留守番をさせるときの注意点

飼い猫にお留守番をさせるときに注意しなければならないことは、水やフードといった食事、そしてトイレです。

清潔な状態の水を用意し、飼い猫がお留守番をしている間になくならない量のフードを用意しておきましょう。特に水はきれいな状態でないと体調を崩してしまう怖れがあるので気を付けなければなりません。

水を常に清潔な状態に保つためのペット専用機器などが販売されているので、購入することを検討してみてください。

またトイレについても常に清潔な状態に保っていなければ健康面にとっても精神面にとっても良くありません。普段はトイレをひとつしか用意していなくても、飼い猫にお留守番をさせるときには複数のトイレを用意してあげてください。

加えて、お留守番中に寂しさを感じた猫はいたずらをする場合があり、その配慮もしてあげるようにしてあげましょう。

寂しさを感じた時の飼い猫の行動パターン

猫は寂しさを感じるといたずらをするようになります。トイレの粗相やものをひっかいたりといった行動に出ることがあるので、注意してください。

それを防ぐためには、おもちゃを置いておくことや、知人に定期的に様子を見に行ってもらうなどの方法が有効です。猫はマイペースな生き物ですが、寂しさを感じないわけではありません。飼い主に対しては愛情をもっているので、放っておかれすぎると寂しくなってしまうのです。猫の気持ちに配慮してあげてください。

まとめ

飼い猫にお留守番をさせるときの注意点についてご紹介しました。まずは食事やトイレといった生活していく上で最も基本となる部分にしっかりと配慮をしてあげることが大切です。

それに加えて飼い猫の精神的な部分にまで配慮してあげれば、飼い猫は問題なくお留守番を終えることができるでしょう。猫だから寂しさを感じないということは大きな勘違いと言えます。

お留守番をするということは一人ぼっちで居させてしまうということを忘れずに、飼い猫に対する配慮をしてあげてください。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【猫の気持ち】猫の行動専門家に聞く!「猫に I LOVE YOUを伝える方法」とは

世界180以上の国や地域で放送されている「アニマルプラネット」、あなたはこの番組を観た事がありますか? このアニマルプラネットで、「猫ヘルパー “猫のしつけ教えます” My Cat f……

猫の言葉・気持ち

猫から出されたくない…。『嫌がられてる』3つのサイン

猫からの『好き♥』というサインがたくさんあるように、猫からの『嫌い!』というサインはあるのでしょうか。 猫からの『イヤだにゃ!』『嫌いだにゃ!』というサインを出されるとかなりショックを受け……

猫の言葉・気持ち

ペットシッターが教える!飼い主さんとペットの関係で大切なこととは…?

飼い主さんとペットの関係というのは、その家族によって異なるものですが、ペットとの信頼関係がとても大切になります。その上で、環境を整えること、普段からトレーニングや最低限のしつけを行うことが、……

犬のストレス

甘えない猫の気持ちとは?愛猫を甘えん坊にするにはどうしたらいい?

ネットやテレビで見かける猫は飼い主にスリスリゴロゴロ、抱っこしたり膝に乗ったりと甘えん坊がたくさんいるのに我が家の猫はそっけなくて寂しい…こんな思いをしている飼い主さんも多いのではないでしょ……

猫の心を読む訓練

こんな態度が見られたら愛されている証拠!猫の愛情サインをご紹介( *´`)

飼い主さんの愛情に対して時にそっけない態度を取る猫。「うちの猫、私のことをどう思っているんだろう」と気を揉む飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。でも心配はいりません!!無関心を装っている……

猫の心を読む訓練