2015年10月6日更新

自社管轄の工場で新鮮な原材料を使って作られるカナダのドッグフード「アカナ」

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

大手ペットフードメーカーの多くは商品の製造を外部工場に委託製造していますが、「アカナ」の販売するチャンピオンペットフーズは違います。品質維持にこだわるゆえに自社で管理する工場で、現地の新鮮な材料を使ってフードを作り続ける独立系のペットフードメーカーなのです。今回はカナダのドッグフード「アカナ」のドッグフードを取り上げます。

 

「アカナ」のドッグフードがベスト・ペットフードなわけ

「アカナ」はカナダにおけるベストドッグフードだと言われていますがそれには理由があります。

肉の量が多い

肉食動物の犬にとってドッグフードに含まれる肉の量は健康上大切なポイントです。「アカナ」のドッグフードにはカナダ食品検査庁の認定を受けた鶏肉、サーモン、ラム肉を贅沢に使っています。(最高65%使用)

低炭水化物

ドッグフードの中にはたんぱく質の代わりに炭水化物を多く含むものもありますが、その割合が多すぎると消化管の疾患や肥満、糖尿病の原因になると言われています。「アカナ」のドッグフードは炭水化物の量を極力抑えた設計です。

最高水準の原材料

「アカナ」ではカナダ産の新鮮な肉や農産物を使ってフード作りを行っています。鶏、卵、オーツ、ポテト、ひまわりなど多くが地元アルバータ産です。

小麦、トウモロコシ、グルテン不使用

「アカナ」ではアレルギーの原因となりがちな小麦、トウモロコシ、グルテンは使用していません。代わりに蒸しオーツを使用した低アレルギー設計です。

酵素やビタミン、ミネラルなどを配合

「アカナ」にはマリーゴールド、昆布、クランベリー、チコリー、トマト、さつまいも、ニンジン、ほうれん草などが使われています。酸化防止剤にも植物由来の自然な素材を使用しています。

「アカナ」ドッグフードのラインナップ

「アカナ」のドッグフードは年齢や体格に合わせたさまざまな種類が揃っています。

    • パピースモールブリード/小型犬の子犬の急速な成長に対応する高栄養食
    • パピーラージブリード/大型犬の子犬の筋肉の発達をサポートするタンパク質豊富なフード
    • パピー&ジュニア/子犬が美味しく食べて健康に過ごすための自然派フード
    • アダルトスモールブリード/小型の成犬の健康的に過ごすための高タンパクフード
    • アダルトラージブリード/大型の成犬が健康的に過ごすためのフード
    • シニアドッグ/老犬の丈夫で健康的な筋肉と皮膚のためにタンパク質と必須脂肪酸を豊富に含んだフード
    • チキン&ハンバーグホット/新鮮な放し飼い鶏肉を使用した自然派フード
    • スポーツ&アジリティ/運動量の多い犬のためのフード。新鮮な放し飼いの鶏肉や卵、天然カレイなどを使用
    • ライト&フィット/太り気味の犬のために引き締まった筋肉を促進するフード
    • ラム&オカナガンアップル/ニュージーランド産のラム肉だけをタンパク源にした低アレルギーフード
    • ダック&バートレット梨/自然の穀物と井戸水で育った鶏肉のみをタンバク源にしたフード。
    • ランチランド/地元産のアルバータ牛、羊、パイソンを使用した赤肉ベースのフード
    • ワイルドプレーリードッグ/地元で放し飼いされた鶏肉と卵、天然魚を原料にしたフード
    • パシフィカドッグ/サーモン、ニシン、カレイなど最高級の魚を全体の60%も使用したフード
    • グラスランドッグ/牧場で自由に育った羊と鶏卵、放し飼いの鶏、天然魚などを原材料にした栄養豊かなフード
    • 「アカナ」のドッグフードで愛犬に健康と力強さを

カナダは雄大な自然を背景に質の良い農作物や畜産物が獲れる国です。「アカナ」はこの資源を活かして、犬の生態に合った高タンパク、高栄養価のフードを四半世紀にわたり提供してきました。カナダの大地の恵みを愛犬の健康にぜひ役立ててみてください。

【関連記事】
人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

 
 

関連カテゴリ