2015年10月6日更新

自然給餌のコンセプトで作られるイギリス生まれの「ナチュラルドッグフード」

犬の祖先、つまり野生の犬は本来、草原を走り回り草食動物を狩って内臓から食べていました。人間と生活するようになって犬はペットとして交配され、今では室内でゆったり食べ物を待つ動物になりましたが祖先のDNAはそのまま残っています。ペットとなってから食べているドッグフードはカロリーや栄養価の点では犬にあっていても野生時代の食事とは大きく異なっているのが事実。これが犬の健康に少しずつ影響しているのではないかと言うのが「ナチュラルドッグフード(NDF)」の考え方です。今回は「ナチュラルドッグフード」のドッグフードについてご紹介しましょう。

「ナチュラルドッグフード」が誕生するまで

「ナチュラルドッグフード」はイギリス、リンカンシャー州へッキントンに暮らすアラン・クリーザー氏がゴールデンレトリーバーのビンジーを家族として迎え入れたことに始まります。

ビンジーを飼い始めたことをきっかけに健康に良いドッグフードに目覚めたビンジー氏は獣医師や栄養士の協力を得て「自然給餌」という考え方にたどり着きます。そこから生まれたのが「ナチュラルドッグフード」。野性に近い犬の食餌を目指したクリーザー氏のドッグフードはたちまち評判となりイギリス全土に広まっていったのです。

「ナチュラルドッグフード」の特徴

「ナチュラルドッグフード」は「野生の犬が自然の環境で食べていた食事をできるだけ充実に再現する」という考え方に基づいています。具体的には…

天然の素材だけを使う

犬に必要な栄養をすべて天然の素材だけでまかなっています。添加物などは一切使用していません。

人が食べられる食材だけを使用

愛犬は家族。それゆえ人の口に入っても安全なレベルの食材のみを使ってフードを作っています。

地元の食材を使用

生産者自らが原産地をしっかり確認することができるように玄米を除くすべての食材を地元で調達しています。

犬のお腹に配慮した原材料を使用

粗悪なドッグフードは嵩増しのために犬の体に不必要な食材を加えている場合があります。「ナチュラルドッグフード」は犬にとって消化が良く、栄養吸収率も高い天然素材だけでフードを作っています。

動物実験を行いません

犬のために他の動物が犠牲になることを良しとしない「ナチュラルドッグフード」は動物実験を一切行いません。

人工添加物・肉副産物は一切使用しない

人工添加物や肉副産物は1食分の量が少なくても長年食べていれば体に蓄積していき、健康を害する可能性があります。「ナチュラルドッグフード」は人工添加物や肉副産物は一切使用していません。

アレルギー源になりやすい原材料は使用しない

小麦、大豆、乳製品、どうもろこし、牛肉、豚肉は犬がアレルギーを起こしやすいと言われる食材です。「ナチュラルドッグフード」はこれらの食材を使用しないことで低アレルギードッグフードを実現しています。

「ナチュラルドッグフード」の原材料

「ナチュラルドッグフード」には10種類の食材が使われています。

  • ラム肉/体内の脂肪を燃焼させるカルニチンやビタミンA、Bなどが含まれます
  • 玄米/消化しやすく植物繊維を多く含みます
  • 全粒オーツ麦/ミネラル、ビタミンE、Bを豊富に含みます
  • ハーブ・野菜/野生の犬が食べていた草食動物の内臓に残る野菜を想定して配合しています
  • 全粒大麦/ビタミン、水溶性食物繊維を多く含み、血糖値の急激な上昇を防ぎます
  • テンサイ/水溶性繊維、不溶性繊維をバランスよく含んでいます
  • 亜麻仁/オメガ3、リグナン、食物繊維を多く含んでいます
  • ビール酵母/ビタミンB群やアミノ酸を多く含んでいます
  • 海藻/抗酸化物質が豊富に含まれています
  • ラム精製油

「ナチュラルドッグフード」はシンプルに1種類のみ

「ナチュラルドッグフード」は7ヶ月以降のすべての犬種に対応します。「ナチュラルドッグフード」はラム味(2kg)で税込3860円です。お得な定期コースの用意もあります。

シンプルで自然に近いフードを作って10年

イギリスで自然給餌の考え方をもとにドッグフードを作って10年。「ナチュラルドッグフード」はその間、変わらずに同じ品質を保ち続けています。現在、「ナチュラルドッグフード」は流通コストを削減し、なるべく新しいフードを届けるために直販のみの扱いになっています。興味のある方は販売サイトを見てみてください。

購入はこちらへ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬のジステンパー〜原因・症状と対策

ニホンオオカミの絶滅理由にもなったとされる犬ジステンパーは、犬ばかりだけでなく、多くの動物にとって感染の危険性がある感染症でもあります。また、死亡率も高いため、まずは感染させない為にも、ワク……

子どもがいる家で犬を飼った方がよい4つの理由とは?

現在、ペットを飼っている人にペットを飼った理由を尋ねた複数の調査によると、「動物が好きだから」「気持ちが和らぐから」などと並んで「子どもの情操教育のため」という理由がトップ3に入っています。……

【獣医師が解説】子猫を保護した時の注意1 先住の犬や猫がいる場合の注意

「子猫を保護したものの自宅にはすでに犬や猫がいる」という場合、保護した子猫から先住の犬や猫への感染症や、先住の犬や猫と保護した子猫がうまくやっていけるかなどの心配事があることでしょう。今回は……

犬も楽しめる!犬のおもちゃ フリスビータイプ10選

今回は、犬が大好きなフリスビータイプのおもちゃを特集してみました。投げて持ってこさせたり、咥えて遊んだり。犬が楽しみつつ運動をさせるのに最適なおもちゃの一つと言えます。 飼い主と愛犬と……

足先を過剰に舐めていたら注意! 獣医師に聞く、犬が見せるストレスフルのサイン

ひとり暮らしの人に、自宅で留守番中のペットをチェックするスマホアプリが人気と聞きます。「屋内での終日の留守番のストレスが原因で脱毛や体調不良、自傷行為などを起こし病院に来るケースがあります」……

【獣医師が教える!】愛犬・愛猫のライフステージ別ペットフードの選び方

愛犬や愛猫の健やかな暮らしには、健康的な食習慣が欠かせません。最近では、各メーカーからとてもたくさんの種類のフードが販売されています。 ずらりと並んだたくさんの種類のフードの中から、ど……

【動物看護士が解説】犬の歯みがきは何故必要?口の中が汚いと病気になる?

犬を飼っている人なら必ず一度は聞いたことのある、犬のデンタルケア。犬に歯磨きなんて必要あるの?と思われている方も多いと思いますが、人間にとって歯は大切なように、犬にとっても同じなのです。 ……

獣医師が教える! 犬の便から健康・不調のサインを読み取るコツ

犬を飼っていると、日々、便を目にしますが、その色や状態からおなかの調子や健康状態を見分けることができればペットの病気の早期発見につながることもあります。そこで今回は獣医師で、もも動物病院(埼……

獣医師に聞く! 愛犬が発熱したときの正しい対応とは?

風邪をひいて急に熱が出たとき、ヒトの場合は温かくして寝る、汗を拭いて水分補給するなどの応急処置をするところですが、犬の場合はどのようにすればいいのでしょうか。ヒトのケア法とは違うのか気になり……

【ペットシッターが解説】ラブラドールレトリバーとの暮らしで注意すること

ラブラドールレトリバーの性格と性質 性格 ラブラドールレトリバーは、とにかく賢くて、その優しさと従順な性格が人気の大型犬です。その賢さは、盲導犬などの仕事ぶりを見ていても分かりますが……

江戸時代のペット愛護法?犬公方 徳川綱吉の「生類憐みの令」の驚く内容

犬を保護する政策で犬高公方とも呼ばれた徳川幕府5代将軍綱吉。歴史の教科書には必ず登場しますので、知っている人も多いことでしょう。人間より犬を大事にし人々を苦しめた将軍というイメージがある綱吉……

犬のニュース

【動物看護師が徹底解説!】薬とフードの相性ってあるの?

我々人間は、病院や薬局に行くと他に飲んでいる薬やサプリメントはないか、薬を飲むときに特定の飲み物は避けてほしいなど薬の飲み合わせに関して、様々な決まりがありますよね。病気を治すための薬ですか……

クスッと笑えてほっこり温かい癒し系ねこマンガ『ずぅねこ』とは?

画像出典:PR TIMES 9月19日発売の、動物園で暮らす猫たちと動物や職員たちとのふれあいを描いた癒し系コミック『ずぅねこ ~とくがわ東どうぶつ園日記~』!!人気急上昇で、発売後たちま……

【動物看護士が解説】度重なる老犬の粗相。正しい改善策は?

若い頃はきちんと決まった場所で排泄出来ていたのに、シニアの仲間入りをしてから粗相が増えた、なんてことありませんか?「認知症かしら?」と思う方もいると思います。実際に、認知症になってしまいトイ……

犬が首をかしげる!?犬の行動とその理由について

自宅で犬を飼っていたり、外で歩いている犬を見かけたりする時に「あれ?なんであんな行動をしているのだろう?」と、私たち人間にとっては理解できない、あるいは理解しがたい行動を見る事はありませんか……