2015年10月6日更新

犬の飼い主さんが市販のドッグフードを利用する4つの理由

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

昭和の中旬まで犬は外に繋がれ、食事は人間の余りものというケースが少なくありませんでした。ここ十数年、犬も室内で飼われることが多くなり、食事はドッグフードが中心になってきています。ところで飼い主さんはなぜドッグフードを利用するのでしょうか?今回は飼い主さんが愛犬の食事にドッグフードを利用する4つの理由についてご紹介しましょう。

 

①栄養バランスが良く健康に良いから

犬の生態や習性を研究し、栄養学的見地から作られたドッグフードには犬の健康に必要な栄養素がバランスよく配合されています。もし手作りでバランスの取れた食事を作らなければならないとしたら時間と手間がかかりますし、それなりの知識も必要です。

メーカーによってドッグフードへの考え方やアプローチは異なりますが犬の健康を考えて商品づくりをしているメーカーの商品を厳選すれば愛犬の健康に貢献できるはずです。

②年齢・体型に合わせたフードがある

犬は年齢によって強化した方が良い栄養や減らした方が良い栄養が変わってきます。最近では犬の年齢によって3段階から4段階にフードの種類を設定するメーカーも多くなりました。

さらに2kg程度から100kg近くまで大きさに差のある犬に合わせて必要な栄養バランスを整えたフードも普及してきています。こういったドッグフードを利用すれば簡単に犬に最適な食生活を実現することができるのです。

 

③手間が省けて楽だから

ドライフードなら袋や缶をあけてお皿にあけるだけで、簡単に犬の食事が用意できるドッグフード。忙しい飼い主さんにとってドッグフードは強い味方です。ドッグフードの普及はそのまま犬の飼育頭数の増加に繋がっているのではないでしょうか。

④経済的に負担が少ないから

ドッグフードにも価格差がありますので、どのフードを選ぶかによって経済的負担は変わりますが、大食漢の犬の場合、同じ栄養を手作り食でまかなおうとすれば費用がかさむ可能性があります。

例えちょっと高めのプレミアムフードを使ったとしても栄養面や利便性を兼ね備えたドッグフードはリーズナブルと言えるのではないでしょうか?

これからはドッグフードもよりこだわりをもって

ドックフードの世界は最近、研究が進み商品も多様化してきました。飼い主さん側でもドッグフードに対する知識が豊富になって、より自然に近いフード、愛犬の健康に良いフードを厳選するようになってきているようです。毎日の食べ物は愛犬の寿命に大きく影響します。ずっと同じフードを与え続けていると商品の変化に気付かないこともあると思いますので、たまには他のフードをチェックして「今のフードが本当に愛犬に合っているのかどうか」確認してみると良いのではないでしょうか。

【関連記事】
人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング