2015年10月6日更新

猫が初めて家に来た!猫を家に迎え入れる時に知っておきたい5つのこと

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペットショップで購入したり人から譲り受けたりして猫が初めて家に来る日…新しい猫の飼い主さんとしては嬉しさと不安が半分半分なのではないでしょうか。猫は新しい飼い主さんや家に慣れるのに時間がかかります。可愛いあまり最初から大勢で猫を構ったり大きな声を出したりしたりすると猫は怯えてなかなか新居に慣れてくれません。今回は猫を初めて迎え入れる場合のコツについてご紹介しましょう。

 

①猫を家に連れてくるのは昼間の時間帯に

最初に家に到着してからの猫の様子には個体差があります。すぐに慣れる猫もいるでしょうが、多くの猫は怖がってケージから出てこなかったり、部屋の隅に隠れてしまうはずです。もし夜に猫を家に連れてきたらすぐに飼い主さんが寝る時間になってしまい、長時間様子を見ることができなくなります。

夜になって寝ている間に家の中でどこに行ったか分からない…などと言うことがないようになるべく昼間の時間帯に家に入り、こっそり猫の様子を確認しましょう。

②猫が使っていたトイレ砂やお気に入りの布などを貰ってこよう

新しい居場所で不安になりがちな猫にとって昔の居場所の安心できる匂いは精神安定剤のようなものです。家に慣れてくれるまでそばに置いてあげましょう。

また、トイレ砂は新しいトイレの砂の上にちょっと撒いておくと「自分の場所」だと認識できるため比較的早く場所を覚えてくれます。

 

③しばらくは放っておいてあげる

新たに家に来た猫がケージから出てこなかったり、出てきても部屋の隅に隠れてしまったりするのは日常茶飯事。そんな場合は抱き上げたりかまったりせず、しばらく見てみぬ振りをしましょう。

猫が家に慣れるまで数日掛かる場合もありますが、フードをあげる以外はそっとしておいてあげた方が良いでしょう。

④狭い場所や押入れ等は閉めておく

家に初めて来た猫は怖がって狭く暗いところに身を潜めようとします。家具の間緒狭い場所や押入れなどが開いていると中に入ってわからなくなる場合もあるでしょう。猫がいるのを知らずにドアを閉めてしまったら大変なことになります。猫が家についてしばらくは猫が入りそうな隙間や押入れ等の空間は必ず塞いでおくようにしましょう。

⑤フードはなるべく前に食べていたものを用意

家に慣れないのにフードまで変わってしまったら神経質な猫はフードを食べてくれないかもしれません。できれば以前に猫が食べていたフードのブランドや種類を聞いておき、家に慣れるまでは同じものを食べさせるのがベストです。より良いフードや手作りフードで猫を育てたいと思う飼い主さんもいるかもしれませんが、家に慣れるまでは我慢しましょう。

猫と仲良くなるには焦りは禁物

猫と仲良くなり甘えてもらうためには猫を安心させ飼い主さんを信頼してもらうことが大切です。猫を構いたい気持ちをぐっと押さえて猫が新しい環境に慣れるのをじっと待ちましょう。そうすれば猫はきっと飼い主さんの気持ちを察してくれるでしょう。

 
 

関連カテゴリ