2015年10月7日更新

ウサギと遊ぼう!遊ばせよう! ウサギの運動について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

活発な性格のウサギにとって、たとえ飼育下であっても運動は欠かせません。運動することによるメリットは肥満の防止や、ストレス解消、病気の予防など盛りだくさん。しかし、犬の散歩と違って、うさぎの運動と言われてもなんとなくイメージが湧きにくいですよね。

そこで今回、ウサギとの遊び方や運動についてご紹介します。

 

運動時間

ウサギの運動量の目安は毎日、決まった時間に最低30分くらいです。犬の散歩と比べるとそれほど手間にならないので、毎日欠かさず運動の時間を作ってあげるようにしましょう。

屋内で運動させる際の注意点

ウサギを運動させる場所は室内がほとんどです。ウサギは好奇心旺盛で、周りのものに興味を示しやすい性格をしています。そのため、ウサギにつつかれては困るものはあらかじめ運動させる場所から遠ざけておきましょう。

具体的には、高価な家具のない部屋で遊ばせる、ウサギが届く範囲はダンボールで保護するなどの対策が必要です。電気コードもウサギの大好物なので運動させる前に撤去するか、カバーを付けておきましょう。

またウサギが誤って飲み込んでしまう恐れがあるモノも遠ざける必要があります。意外なものとしてはティッシュもウサギが飲み込んで、胃の中で固まってしまう恐れがあるので部屋から出しておきましょう。

 

屋外で運動させる際の注意点

室内だけでなく、たまには家の庭で思いきり運動させてあげたい!と考えている方もいるかもしれません。外での運動も不可能ではありませんが、屋内での運動よりもより気をつけないといけない事柄がとても多いのです。

例えば、カラス、犬、猫、人といった他の動物の接触、接近は厳禁です。場所が公園などの広い場所だと、ウサギがびっくりして逃げだし、そのまま行方不明になってしまう危険もあります。

また毒草なども口にしないようしっかりとした監視も必須。ウサギが余計なものを口にしないよう飼い主さんは神経質になる必要があります。

天気も重要です。ウサギは元々夜行性なので長時間、強い日光に当てられることに慣れていません。曇天がベストです。

ウサギの運動についてまとめ

運動時間は毎日最低30分。屋外での運動は気を使うことが多いので、あまりおすすめできません。屋内で運動させるときも、ウサギに危険がないように気を配りましょう。