2015年10月30日更新

魚好きな猫が喜ぶ!イタリア発のプレミアムキャットフード「FORZA10」

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペットフードに厳しい規制を課しているヨーロッパブランドのキャットフードは、人間が食べられる食材にこだわっているブランドが多いため、愛猫家の中には指名買いしている人も多いと言います。しかしながら海外のブランドは材料に肉を使っているブランドが多いため、魚好きの猫の場合、慣れるまでに時間が掛かるケースもあります。そこで、今回は魚好きな猫のために、魚中心のメニューが充実している「FORZA10」のキャットフードをご紹介しましょう。

 

「FORZA10」誕生の背景

「FORZA10」はイタリアの獣医師セルジオ氏が始めたキャットフードブランド。1976年にイタリア、パドブァで開業して動物の治療に当たってきましたが、多くのペットが皮膚炎や下痢などのアレルギー症状に悩まされていることを知り、医師仲間とともに原因の解明を始めました。

5年間で500例もの症例を調べた結果、アレルギーの原因の多くがペットフードに含まれる化学物質や薬品、添加物であることを突き止めました。同時のペットフードには抗生物質や薬品化学肥料を与えられて育った家畜の肉が使われていたため、肉に残った残留化学物質がペットの体調に影響していたのです。

有機牧場で育った家畜の肉を与えるとペット達のアレルギー症状は解消されましたが、有機飼育された家畜の肉は入手しにくく価格も高いのが課題でした。そこでセルジオ氏はヨーロッパの中でも基準の厳しいノルウェーの漁場で獲れた新鮮な魚を使用した「FORZA10」を完成させたのです。

「FORZA10」のキャットフードのラインナップ

「FORZA10」は材料を吟味しているだけでなく、種類豊富な点もグルメな猫を喜ばせています。

「FORZA10」メンテナンスシリーズ

いわし、えび、サーモン、白身魚、サバ、シラス、マグロなど新鮮な魚を組み合わせて作った一般食。10種以上の種類があるので毎食違う味を楽しめます。

「FORZA10」ダイエット/Bio

有機飼育牧場との契約で100%オーガニック鶏肉、牛肉、ラム肉に米、ツナなどをプラスしたキャットフードです。このシリーズはイタリアのオーガニック認定機関の認定を受けています。ダイエットとは栄養食を意味する言葉で痩せるためのフードではありません。3種のBioシリーズと2種のパテシリーズがあります。

「FORZA10」アクティウェット

健康維持のためのスペシャルフードです。胃腸、泌尿器、皮膚や被毛、腎臓にトラブルを抱える猫の健康維持のために4種の療養・総合健康食があります。

「FORZA10」プレミアム

鶏肉、サバ、マグロをベースにえんどう豆、アロエ、にんじん、小エビ、パパイヤなどを配合したプレミアム系のフード。全10種があります。

 

「FORZA10」に替えるかどうかは20日~30日経ってから決めよう

それまで与えていたフードから「FORZA10」の食事に替える場合は、前のフードを食べてから18時間ほど空けると効果がよく分かると言われています。また、与え始めてから数日間は有害物質を体外に排出するため下痢や吐き気などの症状が出る場合もあると言われています。「FORZA10」の効果が分かるのは約1ヶ月経ってからなのだそうで、少なくても1ヶ月は様子を見たほうが良いとのことです。