2015年10月17日更新

猫の平均的な1日あたりの運動量はどれくらい?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

飼い猫の運動不足が気になるという飼い主の方は多いですが、猫が1日あたりどれくらいの運動をするべきなのかを知っている方は少ないようです。

人間の運動量で考えると、1日に1時間半から2時間のウォーキングをしてちょうどいい運動量と言えます。猫に対してもそれに近いレベルの運動量を要求してしまうのは仕方がありませんが、実は猫にはそれほど多くの運動量は必要ありません。

1日あたりに必要な運動量に関係しているのは体重です。猫の体重はたいていの場合5キロ未満なので、人間と比較すると10分の1程度なのです。ここでは猫の平均的な1日あたりの運動量についてご紹介します。

 

猫に必要な1日あたりの運動量

猫は1日に10分程度の運動で十分です。ただ猫は犬とは違い、ジャンプをして上下運動をするということが必要になるので、上下運動ができるスペースを確保してあげなければ十分な運動をすることができません。

猫が運動できるような環境を用意してあげてください。例えばキャットタワーが有用ですが、これを設置することが難しい場合は、棚や台などを近くに設置してあげたり、柵を設置して飛び越えなければ奥に行けないようにするなどの工夫をしてあげる方法もあります。

これらのような環境を用意してあげて、1日に10分程度の運動時間をとれていれば問題はありません。

猫が運動不足になっているかどうかのバロメーター

猫の健康状態を推し量る上で大事なことは体重の確認です。飼い猫の体重を定期的に量り、猫が太ってきているのかどうかを確認するようにしてください。運動が不足していれば肥満の傾向が強まり、体重が増えていきます。

ただし食事の与えすぎによって体重が増えているという可能性もあるので、併せて注意するようにしてください。

また飼い猫の体重を確認していれば、体重が減少していることに気付くこともできます。体重が減少していると病気が原因で体重が減っているという可能性もあるので、猫の健康状態をいち早く把握することができます。

猫の体重を定期的に確認することを習慣化してください。

 

まとめ

猫に必要な運動量は決して多くはありませんが、まったく運動しないまま生活している期間が長くなってしまうと、体の機能の衰えが早まり、老化と共に体が動かなくなってしまう可能性があります。

1日に10分程度の上下運動を毎日欠かさずにできるような環境を用意してあげることが、飼い猫の運動不足を防ぐために大事になるので実践してみてください。

その上で飼い猫の体重の管理をしていれば、飼い猫の健康面の状態を把握することができるようになります。飼い猫に十分な運動をさせてあげられるように配慮してあげましょう。