2015年10月17日更新

猫を室内飼いしている方、必見!運動量の少ない飼い猫に運動をさせる方法とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

飼い猫が寝てばかりいて運動をしているところをほとんど見たことがないという飼い主の方は注意しなければなりません。近年では猫を室内飼いしている飼い主の方が急増していますが、ほとんどの飼い猫は十分な運動量を確保できていません。

猫は犬とは違い、走り回ることよりもジャンプをして上下運動をすることが重要になります。それを怠らせてしまうと老化が進んだ後に体が動かなくなる場合があり、同時に肥満の原因にもなります。

そこで今回は飼い猫に十分な運動量を確保させてあげるための方法についてご紹介します。

 

高いところに飼い猫専用のスペースを作ってあげる

猫の運動をサポートしてあげるためには、猫が安心してのぼることのできるスペースを作ってあげることが重要になります。

猫は元来、木の上で生活をしていた動物です。そのため高いところにのぼる力が強く、また安全な高い場所に自分の空間を持っていなければストレスの原因になるという面もあります。

それらを考慮し、猫が安心して滞在することのできる空間を作ってあげてください。そのときに注意すべき点は、猫のスペースに物を置かないようにすることと、高さを変えて複数のスペースを作ってあげることです。

段差を複数作り昇り降りができるようにすることで運動量を更に増やせることができるのです。

キャットタワーを有効に活用

飼い猫に十分な運動をさせてあげるためには、キャットタワーを設置してあげることが有効です。キャットタワーは床と天井で固定することができるので、飼い猫が天井近くまでのぼれるようになります。

猫は安心できる自分だけの場所を持ちたいという願望をもっているので、天井に近い位置に滞在できるということでストレスを緩和してあげられます。

またキャットタワーには複数の台があるので、運動量にもつながります。飼い猫に十分な運動をさせてあげるだけではなく、ストレスを解消させてあげるためにもキャットタワーを設置してあげてください。

 

まとめ

運動量の少ない飼い猫に運動をさせる方法についてご紹介しました。猫の運動をサポートしてあげるために猫専用の運動スペースを作ってあげることはとても重要です。

猫は自分の領域に他者が入ってくることを極端に嫌う動物です。飼い主が使用しているスペースに猫が立ち入らないのはそのためです。

キャットタワーのように飼い猫専用のスペースを与えてあげられるグッズのもつ効果は非常に高いと言えます。猫がリラックスして運動できる場所を提供してあげてください。