2015年10月20日更新

【獣医師監修】早期発見のために! 胴長短足の犬種に多い椎間板ヘルニアの症状について

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

胴長短足の犬種がなりやすい病気の代表的なものは椎間板ヘルニアです。

小型化を目指して品種改良されてきた犬種は椎間板に負荷がかかりやすく、椎間板ヘルニアを発症してしまう可能性が高くなります。

もしも椎間板ヘルニアを発症してしまったときには、その症状をいち早く察知し、なるべく早く病院に連れて行ってあげなければ症状が悪化していってしまいます。

飼い犬から発せられる椎間板ヘルニアのサインを見逃さずに気付いてあげてください。今回は胴長短足の犬種に多い椎間板ヘルニアの症状についてご紹介します。

 

飼い犬の歩様の異常を察知しよう

椎間板ヘルニアの症状が表れていると歩様に乱れが生じます。びっこを引いているように歩いていたり、健康な時と比べて歩様に違和感があったら椎間板ヘルニアの症状が表れている可能性が高いです。

椎間板ヘルニアの症状は後ろ足に現れるというイメージを持っている方が多いですが、椎間板ヘルニアは前足や胸部にも症状の現れうる病気です。後ろ足だけではなく体全体を注視し、歩様に乱れがないかを定期的にチェックしてあげてください。

飼い犬が運動を拒否していたら赤信号

飼い犬が運動することを嫌がる素振りを見せていたら椎間板ヘルニアなどの病気を抱えている可能性が高いです。

特に健康な頃には喜んでボール遊びなどの運動をしていた飼い犬が急に興味を示さなくなったときは注意が必要です。

犬は基本的に飼い主と遊ぶことや運動をすることが大好きなので、突然嫌がりはじめることはほとんどないと言ってもいいでしょう。もしそのような兆候が見られたら病院に連れて行ってあげましょう。

 

痛みと麻痺が主症状

犬が椎間板ヘルニアにかかっているときは患部に痛みと痺れを感じています。痛みと痺れを感じているため、歩様に乱れが生じ、運動することを嫌がるようになるのです。

痛がる素振りを見せていたり、歩様に違和感があったときにはすぐに病院に連れていってあげてください。飼い犬の異常にいち早く気づいてあげることは飼い主としての責任であることを自覚し、飼い犬の健康を維持してあげましょう。

まとめ

胴長短足の犬種に多い椎間板ヘルニアの症状についてご紹介しました。椎間板ヘルニアを発症しているときには目に見えて症状を察知することができます。

椎間板ヘルニアの症状を放置して病状が悪化してしまうと、最悪の場合は患部が動かなくなってしまうので注意しなければなりません。飼い犬の生活を不自由なものにしないためにも、愛犬の行動を観察する機会を定期的に作ってあげてください。

 
 

関連カテゴリ