2015年11月2日更新

アメリカ生まれ「アーテミス」のドッグフードとは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペット大国アメリカにはペットフードに対して厳しい規制があります。アメリカではUSDA(米国農務省)*1、FDA(米国食品医薬品局)*2、AAFCA(米国資料検査官協会)*3の3つの政府機関がペットフードの原材料や添加物に規制を設け、安全性を厳しく管理しています。「アーテミス」のドッグフードはこれら3つの政府機関の検査にすべて合格し、犬の専門誌からも最高の品質だとお墨付きをもらっています。今回は「アーテミス」のドッグフードについてご紹介しましょう。

 

「アーテミス」のドッグフードがこだわる6つのポイント

「アーテミス」のドッグフードは単に政府機関の基準をクリアしているだけでなく6つの点でこだわりを持っています。

原材料へのこだわり

ペットフードの原材料に人間が食べられるヒューマンレベルの材料を使用しています。

良質なタンパク質を使用

鶏、七面鳥、魚、子羊、ダック、卵など複数のタンパク質を配合し栄養価の高いレシピになっています。さまざまなタンパク源を複数使用することでアレルギーの発生リスクをおさえることも可能です。

犬の健康を考えた栄養素の配合

犬の健康維持のために必要な栄養素を網羅。野菜や果物を使っているほか、皮膚や被毛の健康に役立つオメガ3と6、腸内環境を整えるプロバイオティクス、認知症にも効くといわれるDHAやEPA、関節のケアに役立つグルコサミンとコンドロイチン、愛犬の臭いを抑える天然ハーブなどさまざまな栄養素を贅沢に配合しています。

SOD抗酸化酵素を配合

生物の体を傷付けアレルギー、皮膚疾患、関節炎、癌などの原因となるといわれる活性酸素を抑制するためには抗酸化酵素が欠かせません。「アーテミス」にはDHA、EPA、大麦エキス、緑茶エキス、トマトリコピンなど自然の抗酸化酵素が配合されています。

犬の体に負担が掛かるものは使用しない

合成保存料、着色料、人工添加物、小麦、大豆、とうもろこしなどは一切使用していません。

栄養分を確実に吸収できる製法

ビタミン、ミネラル、消化酵素などは熱に弱いため、加熱処理すると70%は失われてしまいます。そこで「アーテミス」ではこれらの成分を調理後冷ましてから浸透させることで栄養吸収のよいフードを実現しています。

「アーテミス」ドッグフードのラインナップ

「アーテミス」のドッグフードにはコンセプトの違う3つのラインがあります。

アガリクス アイエス

犬の免疫力や自己治癒力を高めるために考えられたプレミアムフードです。「アがテミス」の製造コンセプトはそのままに、ブラジル産のアガリスクやEF-2001乳酸菌を配合されています。アイエスには「アガリスクI/S」「アガリスクI/S小粒」があります。

オソピュアグレインフリー

白米、小麦、トウモロコシ、米、麦などを一切使用しないグレインフリーフードです。全犬種、全年代に共通して食べさせられるフード。食物繊維やビタミンB1、カルシウム、カリウム源としてひよこ豆を配合しているのもこのシリーズの特徴です。

ドライフードには鴨肉をベースにしたダック&ガルバンゾー、サーモン&ガルバンゾー、サーモン&ガルバンゾー(小粒)、バイソン&ガルバンゾーの4種があります。ウェットフードにはチキン缶、ダック缶、サーモン缶があります。

フレッシュミックス

素材の味を活かしたレギュラーラインです。小型犬向けには子犬用のスモールブリードパピー、成犬用スモールブリードアダルトがあります。中・大型犬向けには成犬用のアダルトドッグがあります。さらに体重をコントロールしたい犬のためにはアダルトドッグとスモールシニアドッグが用意されています。

 

世界25ヶ国以上で愛用されているプレミアムフード

「アーテミス」のドッグフードは日本ではそんなに一般的ではありませんが、アメリカなどでは公的機関からのお墨付きがあるため信頼度が高く、犬の健康にこだわる愛犬家を中心に人気があるようです。特にアガリスクや乳酸菌を使った「アイエス」シリーズは人間のサプリメントのような処方ですので体の弱い犬や高齢の犬に食べさせてみてはいかがでしょうか。

  • *1 USDA(米国農務省)/ペットフード業界の生産工程を管理し市場をチェック。
  • *2 FDA(米国食品医薬品局)/ペットフードに含まれる栄養素とパッケージに記載してある内容をチェック。
  • *3 AAFCA(米国飼料検査官協会)/ペットフードのさまざまな基準値を研究発表している機関。

【関連記事】
人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング