2015年11月2日更新

犬や猫の健康維持に植物の力を使う「ジェモセラピー」に注目

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。


動物も人間も健康を維持するには体のバランスが大切です。どこか一カ所が病気になったり弱ったりすると、他の部分も引きずられるように悪くなっていくことがあります。また一か所を治療するために服用した薬が他の臓器に副作用をもたらす可能性もあるのです。健康な体をキープするには病にまで至っていない未病のうちにケアすることが大切なのです。そこで今回は植物の力を応用したジェモセラピーとジェモセラピーを応用した商品をご紹介しましょう。

 

ジェモセラピーとは?

ジェモセラピーとは植物幹細胞療法とも呼ばれ、植物の成長エネルギーの塊=胚芽部分から抽出されるエキスを使った自然派療法です。胚芽は木、樹皮、茎、枝、蕾、花、葉など植物のあらゆる部分を形づくることができる万能な細胞で構成され、シベレリンやオーキシンなどの成長ホルモン、植物ホルモン、ビタミン、酵素、微量元素などを豊富に含んでいます。

胚芽成分から抽出したエキス(レメディ)には植物が成長のために使うエネルギーが凝縮されています。このエネルギーが動物の気の流れを整え、細胞を活性化して、体の不純物を解毒するのです。

ジェモセラピーの歴史

植物の力に最初に目を留めたのはベルギーの医師、ポール・ヘンリー氏。彼は1950年代から植物の新芽や蕾のもつエネルギーについて研究を始めました。

その後1970年代にフランスのM.Tetau医師が臨床の現場で使用した結果を発表したことで医療に応用されるようになり、療法の一つとして確立したのです。

当初は約50種だったジェモセラピーのレメディは現在では60種を超え、さらに進化を続けています。ヨーロッパではアロマテラピーのように効果効用が一般的に知られていて、ルーマニアでは医師が処方することもあるそうです。

現在、ジェモセラピーの商品はフランスのBOIRON社によって製造され、世界中に輸出されています。

 

犬、猫の体調管理にもジェモセラピーを応用

ジェモセラピーはもともと人間のために開発された療法ですが、この療法は犬や猫にも応用することができます。BOIRON社のレメディには8種類があり、それぞれ異なる効用があります。

コモンジュニパー(腎臓・肝臓用)

肝臓や腎臓は体内の毒素を排出する大切な働きをしていますが、自らにも毒素や新陳代謝による老廃物が溜まります。コモンジュニパーはこれらの老廃物を排出させ、炎症を防ぎます。腎臓に対しては利尿作用もあります。

ワイルドウッドヴァイン(靭帯、骨用)

骨や靭帯の健康維持のために使われます。関節や靭帯の損傷からの回復をサポートしリウマチや軟骨、骨のダメージなどにも効果があります。

ライムツリー(神経用)

神経を鎮静化させ、穏やかな精神状態を保ちます。神経痛や偏頭痛、痙攣防止の効果もあります。

ヨーロピアンオリーブ(血液循環用)

血液を浄化し血管壁に溜まりやすいコレステロールや脂肪を排出します。血管の硬化を防ぎます。

イングリッシュホウソン(心臓用)

中枢神経を鎮静させ、頻脈や不整脈を整えます。また低血圧を上昇させると同時に高血圧を下げる効果もあり、血圧を正常にコントロールします。

ローズマリー(胆嚢用)

脂肪分の多い食べ物や質の悪いフードを食べると胆汁がドロドロになって胆のう炎、胆石症になることがあります。ローズマリーは肝臓や膀胱を浄化し、胆嚢を機能を正常化させて消化を助けます。

ブラックカラント(副腎用)

副腎皮質の分泌を刺激し、かゆみやアレルギーなどの炎症を抑える力があります。副腎はステロイドホルモンを分泌する大切な臓器ですが、ステロイド治療を止める時に使用すれば副作用を最低限に抑えつつ治療を終了することが可能です

フィグツリー(胃腸用)

胃液の分泌を助け、胃腸の疾患を癒す働きがあります。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎などに対して効果があります。神経性の胃痙攣を鎮め、免疫機能をあげる効果もあります。

ジェモセラピーの使い方

ジェモセラピーは医薬品ではありませんので、副作用はありません。また、複数のレメディを同時に服用することも可能です。服用する場合は1日1回~2回、飲み水に垂らして与えます。中型・大型犬の場合は200mlの水に20滴、小型犬の場合は200mlの水に10滴ほど、猫の場合、50mlの水に5滴ほど垂らす程度が適量です。少なくとも1ヶ月は続けて効果を見るよう良いようです。

ペットにとっても健康は何よりの宝

人間と同じように犬や猫にとっても健康は何よりの宝です。その健康を自然な形で維持するためにもジェモセラピーはオススメです。価格は決して安くはありませんが、1瓶で結構長持ちしますし体を壊してから病院に行くよりはずっと良いはずです。もし愛犬、愛猫に気になるところがあるようなら試してみても良いのではないでしょうか。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

短毛だけど意外と抜けるパグの抜け毛対策とブラッシングの方法

短毛のパグですが意外と抜け毛が多くて困っている飼い主の方多いようですね。インターネット上でも「どこからそんなに抜けたの?」といいたくなるような画像や動画が多くアップされています。今回はそんな……

犬のブラッシング

【獣医師監修】犬の潜在精巣の原因・症状・治療法・予防法

オスの子犬の陰嚢(袋)を触ると、左右で感触が違うということが時々あります。 もしその犬が生後半年以上たっていれば、精巣(睾丸)が片方しか陰嚢に降りてきていない「潜在精巣」かもしれません……

オス犬の生殖器の病気

犬の口臭やよだれを改善する事ができるのか?よだれが止まらない理由をご紹介します!

犬のよだれや口臭、どうにかしたい!と思われている犬の飼い主さんは多いと思います。 しかし、そんなよだれや口臭を改善する方法なんてあるのでしょうか? 室内で犬を飼われている場合、ソ……

犬の歯・口の病気

【獣医師が解説!】肥満や痩せ過ぎの指標BMIって犬猫にもある?

健康維持を考える上で、肥満や痩せ過ぎを予防することはとても大切です。肥満や痩せ過ぎの程度を知るために人では『BMI』という指標が使われていることは知っている人も多いのではないでしょうか。 ……

レークランド・テリアの歴史、性格・特徴、寿命、必要な運動は?

レークランド・テリアの歴史 テリア種の中でも古くから存在する犬種です。 有能な作業犬としての歴史は長い犬種ですが、その優美とも言える振る舞いや整った体形に立派な口髭で1900年半ばに……

犬の習性

【動物看護師が徹底解説!】犬もほくろってできる?

愛犬の体を撫でたとき、ふと見えた皮膚にほくろのようなものが…。犬は全身被毛で覆われているので、なかなか気付きませんが、犬にもほくろってできるのでしょうか?人間は足の裏に大きめのほくろがあると……

ニュース

大切な愛犬の健康のために!スキンシップにもなる特別なマッサージ♪

「ペット」から「家族」として生活をするようになった犬たち。お留守番、運動不足など犬たちもストレスを感じていることも少なくありません。大好きな家族が行うマッサージ(ホディタッチ)は体をほぐすだ……

犬のニュース

犬や猫の「カギ尻尾」はなぜなるの?注意した方がいいことは?【動物看護師が徹底解説】

犬や猫の尻尾をそっと撫でてみたら、あれ?曲がってる?ってことありますよね。まるで骨が折れたかのように、ぐにゃりと曲がっていて、これって痛くないの?いつから?と心配になってしまいますよね。犬猫……

犬や猫の飼い主さんがペットの健康のために気をつけている5つのこと

犬や猫は痛みや病気を人に見せない習性があります。自然界では体が弱っていることを周囲に知られることは、そのまま生命の危機に直結する場合があるからです。ペットとして室内に住んでいる犬や猫も本能的……

猫の体

【獣医師監修】老犬・成犬は重症化しやすい「アカラス症」の症状・原因・治療法について

アカラス症はこんな病気 アカラス症とは犬の皮膚に「ニキビダニ」というダニが寄生することによって発症する皮膚病です。幼犬で発症する事の多い病気ですが、成犬・老犬でも発症してしまうことがありま……

犬の皮膚の病気

犬種ごとに『発情期』に違いはある?獣医師が解説します!!

犬は年に2回発情期があるということを聞いたことがある人は多いでしょう。それでは、年に1回しか発情期を迎えない犬種があることは知っていますか?また、初めての発情を迎える時期に小型犬と大型犬で違……

犬に関する春の注意

ノーフォーク・テリアの歴史から性格・特徴・サイズ・大きさ

ノーフォーク・テリアの歴史 古くイギリスでは狐狩りやネズミの駆除、アナグマ猟などが盛んで小型のテリア種は狩猟犬として重宝されてきました。この犬は更に小さな巣穴に潜り、果敢に獲物を捕まえるタ……

犬の習性

犬や猫の健康維持に植物の力を使う「ジェモセラピー」に注目

動物も人間も健康を維持するには体のバランスが大切です。どこか一カ所が病気になったり弱ったりすると、他の部分も引きずられるように悪くなっていくことがあります。また一か所を治療するために服用した……

犬の体

プニプニで大人気!犬の肉球の存在意義と特性とは?

プニプニの触感と見た目の愛らしさで大人気となり、様々なグッズが登場している肉球ですが、犬の体の部位としての役割や、その特性については知らないという方が多いと思います。犬にとって、肉球は絶対的……

犬の爪のお手入れ

あなたは正しい飼い主?犬の飼い主さんのための検定とは?

長年犬を飼っていて「犬のことなら任せて」と思っているあなた。飼い主としての資質を客観的に判定してみたいと思いませんか?実はいま、飼い主さん達の間でちょっとした話題になっているのが「動物愛護社……

犬の言葉・気持ち

運動能力抜群!優れた脚力を持つ犬種とその特徴をご紹介!

野生時代には、狩りをして獲物をしとめていた犬。 現代でも人や荷物を運んだり、レースをしたり・・・その脚力で活躍している犬は多いですね。 ここでは脚力の優れている犬種や、その特徴を紹介して……

犬の雑学

ラブラドール・レトリバーの性格・特徴、飼うときの注意点など

ラブラドールはカナダのラブラドール州にちなんだ名前で、この島の漁師が網や竿から外れた魚を回収する目的で連れ歩かれていた犬がラブラドールレトリバーの起源と言われています。四肢に水かきを持ち、水……

犬の習性

チベタン・テリアの性格や特徴・歴史

チベタン・テリアの歴史 チベットを原産国とする門外不出の犬と言われていたそうです。ルーツは古く、2000年も前から存在していたと言う説があります。 犬種名に「テリア」と言う言葉が入り……

犬の習性

【ドッグマナー協会理事が解説】犬のヒゲはカットしちゃダメ?!その理由とは

ワンちゃんのぴょんぴょんと伸びるヒゲ。 犬種によって白や黒など種類があり、その口元は愛嬌があって可愛らしいです。 最近ではトリミングの際にヒゲも一緒にカットすることが多く、 「うち……

犬の毛のお手入れ

むやみに触ってはいけない? 獣医師に聞いた犬・猫の「しっぽ」のヒミツ

犬や猫の「しっぽ」は、ヒトにはないだけに謎の器官です。子どもの頃、よく大人から「犬・猫のしっぽをさわったらダメ」と言われたものですが、何か理由があるのでしょうか。獣医師で、とよす動物病院(東……

犬の体