2015年11月2日更新

「独身女子が猫を飼うと結婚できなくなる」と言われる4つの理由

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

巷でよく囁かれるのが「独身で猫を飼ってしまうと、結婚しなくなる人が多いよね~」という言葉。最近の調査では一人暮らしの女性のうちの約1/4は自宅で犬や猫を飼っているそうですが、ペットを飼うと本当に結婚が遠ざかるのでしょうか?それが猫だとなぜ独身率が高いと言われるのでしょうか?今回は猫を飼っている独身女性が結婚しない理由について考えてみました。

 

①出会いの機会が減ってしまう?

猫の飼い主さんの中には「休みの日に猫と一緒に家にいるのが楽しみ」という人は少なくありません。猫と一緒の時間が日頃のストレスを解消してくれるのでしょう。平日のアフターファイブも「猫がお腹を空かせて待っている」と思うと、つい夜の誘いを断って家に帰りたくなる…あなたも心当たりがあるのではないでしょうか。

そうなると当然のことながら出会いの場が減ってしまいます。出会いの場が少なくなると結果的にお付き合いのチャンスも減ってしまうため結婚しない傾向が高くなるのです。

②猫を愛するように異性を愛せない

見返りを求める必要がない無償の愛…猫との間になら築ける純粋な信頼関係が人間の異性との間には築けないという女性が増えています。人間同士だとどうしても見返りや妥協、打算が働いてしまうのかもしれません。

盲目的に猫を可愛がるのは猫に対する依存ですし、健康的ではないのかもしれませんが、実際に「猫を飼ったら異性の必要性を感じなくなった」と断じる女性も多いのです。

 

③猫を嫌いな人がお付き合いの対象にならなくなる

猫に対する好き嫌いは大きく二分されます。猫に限らず動物全般が得意でなかったり、アレルギーなどがあって猫に近づけない男性もいることでしょう。

もし、あなたが猫を大切にしていたら、そんな人とのお付き合いを躊躇してしまうのではないでしょうか。お付き合いならまだしも、もし結婚ということになったら猫を手放さなければならないかもしれないのです。大切な猫との生活を優先して「それなら異性とのお付き合いをやめるわ」と思う女性は少なくないのではないでしょうか?

④おこづかいのほとんどが猫に!

猫を飼うにはやはりそれなりのお金がかかります。健康に良いフードを選び、猫に必要なアイテムを揃え、病気になったら病院に行く…若い女性が猫を飼ったらおこづかいの多くが猫のために消えていきます。

もちろん、猫の飼い主さんはそれを嫌だとは思っていないでしょうし、猫を飼うなら当たり前のことですが、経済的理由でその他の趣味や外出が減っていく可能性があるとしたらやはり出会いの機会を逃してしまうかもしれません。

猫を飼いながら自分の人生の充実も

猫を飼うと猫中心の生活になるのは理解できますが、あまりにも猫に依存するのは良くありません。猫が癒してくれるからといって、べったりし過ぎると猫にとってもストレスになることもあるのです。

猫を可愛がり、ちゃんとお世話をするのは当然ですが極度の依存は避けたいもの。自立しているがゆえの独身であれば問題はありませんが、人間としてバランスよく生きていくことが人にとっても猫にとっても良いのかもしれません。

 
 

関連カテゴリ