2016年12月27日更新

ギネスブックに載った犬達 世界記録をもつ犬を一挙ご紹介!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

世界中で記録されるさまざまな世界一を認定しているギネスブック。人間だけでなく動物達が達成した記録も認定されています。もちろん犬の世界一記録もさまざま。誰が考えたのかと思うような面白い記録もあります。ギネスは申請方式なのでアイディア次第で面白い記録も残せるのです。今回はギネスブックに認定されている犬の世界一記録をご紹介しましょう。

 

世界で一番古い犬種

世界で一番古い犬種は紀元前329年、古代エジプトにいた「Saluki」という犬でした。この犬は王族のペットとして飼われていて死後はミイラにされていました。ちなみにスメル(現在のイラク南部)からは「Saluki」にそっくりの犬の彫刻が出土しており、これは紀元前7000年のものだと言われています。

これまでで一番長生きした犬

歴史上一番長生きした犬はオーストラリアの牧場の犬「ブルーイ」。オーストラリア、ヴィクトリアの牧場でレス・ホール氏に飼われていた犬です。「ブルーイ」は1910年、子犬の頃に牧場に貰われてきて20年以上牛や羊を追って牧場主を助けてきました。「ブルーイ」は1939年11月14日に29歳5ヶ月で亡くなりました。

多くの犬の寿命は8歳~15歳ぐらいで20歳以上生きた犬の記録はかなり珍しく、20歳以上の記録をもつ犬はほぼ小型犬です。そういった意味では「ブルーイ」の記録は驚異的といえるでしょう。

 

スケードボード100m走で一番速い犬

犬によるスケートボードの100m走で最速の記録を持っているのはアメリカ、カルフォルニア州の「ジャンピー・ザ・ドッグ」で2013年9月16日に達成した19秒65の記録です。

最も大規模な犬の結婚式

2007年5月19日に178組の犬が参加して行われた犬の結婚式は世界で一番大規模な式としてギネスブックに認定されています。この結婚式はアメリカ、コロラド州の「バウワウバウイベント」でアスペン・グローブ・ライフスタイルセンターが行ったもの。もちろん法的には効力はありませんが参加者には独自の認定書が発行されました。

ちなみにカップルはすべて結婚式の直前にスピード見合いで出会ったばかりだったとのことです。

1分間に犬が脚でキャッチしたボールの数の最多記録

こちらは日本の犬が記録をもつ世界一。千葉県のビーグル犬「プリン」は1分間に14個のボールを前脚でキャッチして記録を樹立しました。「プリン」は千葉県佐倉市に住む犬でこの記録をマークしたのは2015年3月22日、9歳の時でした。この時の「プリン」見事なキーパーぶりは、動画はギネスのウェブページで見ることができます。

猫に比べて芸を誇る記録が多い犬の認定

犬は訓練次第で芸事をマスターすることができるため、ギネスに登録されている記録も芸があって楽しいものばかり。記録を樹立するために飼い主さんも一緒に訓練しているところが目に浮かびますね。

 
 

関連カテゴリ