2015年11月2日更新

【獣医師監修】痩せているようでも肥満?愛犬の健康は体重ではなく体脂肪率で測ろう

人間の検診では体重とともに体脂肪率を測ることはごく当たり前のことになりました。同じ体重でも重い筋肉が占める割合が多い場合と、軽い脂肪が占める割合が多い場合とでは体の組成や健康状態がまったく違うからです。同じことは犬にも言えます。犬は犬種によって体型が異なりますので、肥満度を把握するには正確な体脂肪率を知る必要があります。今回は犬の体脂肪について調べてみました。

理想的な体脂肪率とは?

犬は犬種によって体型が違うため、猫に比べて理想の体脂肪率は一定ではありませんが、大体16%~25%が理想的な体重、26%以上35%程度まではやや脂肪率が高い肥満予備軍、36%以上になると病気になる危険もある肥満の赤信号だと言うことができます。

犬種の中ではシェルティ(シェットランドシープドッグ)、キャバリアなどの犬種は他の犬に比べて適正体脂肪質が高めで35%程度でも適正範囲と判断されます。シェルティ、キャバリアの飼い主さんは覚えておきましょう。

ちなみにペットフードメーカー日本ヒルズの調査によれば病院に来る犬のうち約50%が肥満なのだそうで、「コロッとしていて可愛い」などと目を細めている場合ではありません。

肥満の原因とリスク

肥満にはさまざまな要因が考えられます。

  • 過食
  • 避妊や去勢
  • 運動不足
  • 加齢
  • 病気

肥満になると体に負担を掛け、病気の原因となります。

  • 糖尿病
  • 心臓病
  • 腫瘍
  • 高血圧

肥満がもたらす病気のリスクはほぼ人間と同じだと言って良いでしょう。

愛犬の体脂肪率を知るにはどうしたら良いの?

従来、犬の肥満度はBCS(ボディ・コンディション・スコア)でチェックしていました。これは肋骨や腰のあたりを真上と真横から見て、肉付きをチェックする方法です。痩せすぎ(BCS1)から太りすぎ(BCS5)までの5段階で評価する方法で、体型によって体脂肪率を割り出すことができます。

しかしながらこの方法ではアバウトな体脂肪率しか分からないため体脂肪率の細かな変移を把握することはできませんし、犬種によっては肥満の判断が難しかったのも事実です。

現在、花王(株)から発売されているヘルスラボ体脂肪計は犬の体脂肪率を簡単に計測できる装置です。着手から3年を掛けて、犬の被毛を刈ることなく体脂肪が測れる理想的な場所やさまざまな犬種、年齢、性別の犬の測定を経て完成した世界で始めての犬用体脂肪計なのだそうです。

この装置は一般向けに販売されておらず、体脂肪率を測ってもらうためには装置を導入している動物病院に行く必要があります。

病院へ行ったら体脂肪を測る習慣を

現在約1400の病院がヘルスラボ体脂肪計を導入しているそうです。もし、あなたが通っている病院に体脂肪計があるようなら、診察の際に定期的に測ってもらうようにしましょう。
体脂肪は体重や血液検査と同様に愛犬の体調を把握する便利なデータです。愛犬の体調を数値で管理しておけば体調不良になった時に役立ちますので安心です。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師が解説】子猫を保護した時の注意1 先住の犬や猫がいる場合の注意

「子猫を保護したものの自宅にはすでに犬や猫がいる」という場合、保護した子猫から先住の犬や猫への感染症や、先住の犬や猫と保護した子猫がうまくやっていけるかなどの心配事があることでしょう。今回は……

【動物看護師が徹底解説!】動物病院にペットを連れて行くときにおすすめのキャリー

犬猫をお出かけや、動物病院に連れて行く際に必要になるキャリー。布やプラスチック、様々な種類や形があり、購入する際に悩んでしまう飼い主さんも多いでしょう。それぞれのキャリーにメリット、デメリッ……

犬や猫の健康維持に植物の力を使う「ジェモセラピー」に注目

動物も人間も健康を維持するには体のバランスが大切です。どこか一カ所が病気になったり弱ったりすると、他の部分も引きずられるように悪くなっていくことがあります。また一か所を治療するために服用した……

【動物看護士直伝】子犬のシャンプーはいつから?シャンプーを嫌いにさせないコツは?

犬にとってシャンプーは、一生つきまとうケアの一つです。子犬の時期にシャンプーを嫌いにさせてしまうと、成犬になっても嫌がり、手に負えなくなってしまうことがあります。 シャンプー=楽しいこ……

たまにはプロの手でお手入れさせたい。「ドッグサロン」の選び方

昔にはなかったペットサービスのひとつがドックサロンでしょう。ドッグサロンとは早い話、犬の美容室でシャンプー、トリミング、ブラッシング、爪切り、耳そうじなどを飼い主に代わって行ってくれるところ……

【獣医師監修】犬の動脈管開存症~原因・症状と対策

犬の動脈管開存症は、動脈管という血管が原因で起こる先天性の心疾患です。動脈管は犬が胎児のときに心臓の大動脈と肺動脈をつないでいた血管で、通常は生後しばらくすると閉鎖します。しかし動脈管開存症……

【獣医師監修】犬の耳血腫〜原因・症状と対策

犬が耳血腫になると、犬の耳たぶである耳介に突然膨らみが出来ます。この膨らみの原因は血液です。 実は突然ではなく、外耳炎や怪我など、なんらかの原因で血液がたまってしまった時に耳血腫が起る……

【獣医師監修】痩せているようでも肥満?愛犬の健康は体重ではなく体脂肪率で測ろう

人間の検診では体重とともに体脂肪率を測ることはごく当たり前のことになりました。同じ体重でも重い筋肉が占める割合が多い場合と、軽い脂肪が占める割合が多い場合とでは体の組成や健康状態がまったく違……

ヨーロッパで大人気のインスタグラム『フィロとポンポン』待望の書籍化!

近年、ヨーロッパ諸国で日本犬、特に柴犬の人気が高まっているのをご存知でしょうか。主人と認めた人には忠実で従順、清潔で無駄吠えがなく、非常に賢い。ただし自分の主人以外には警戒心が強く心を許さな……

犬のニュース

新しい散歩のカタチ!飼い主さんと愛犬の散歩の『参加』するサービスとは…?

画像出典:PR TIMES 犬との生活を始めると日課になる『お散歩』そのお散歩をコミュニケーションツールにした新しいサービスが開始されました!! 飼い主さんと、ワンコと参加者さんで一緒に……

もしかしてデブペット? 獣医師が教える、愛犬の肥満度をチェックする方法

筆者の飼い犬が上手に「おすわり」や「待て」をするたびにごほうびのおやつを与えていたら、1カ月ほどで体つきが目に見えてふっくらしてきました。太り過ぎなのではと心配です……。「ペットの犬は、野生……

獣医師が教える!春特有の変化によって犬猫が感じるストレスとは?

寒い冬も終わりが近づいてきましたね。もうすぐ春がやってきます。春は新生活を楽しみにする気持ちの一方で、色々な環境の変化に対してストレスを感じる人もいると思います。私たち人間と一緒に暮らす愛犬……

[愛犬に手作りごはん]ささみ巻きポテトのレシピを動画でご紹介♪

愛犬のごはんは、毎日おなじドッグフード、、、そんな家庭も少なくないでしょう。でも、たまにはご褒美のオヤツを手作りしてあげてみませんか? 手作りごはんであれば、材料も自分でそろえられるし……

獣医師に聞いた! 絶対にワンちゃんに「やってはいけない」しつけかたとは?

飼っている犬が、手をかんだときや家具をかじったとき、どの程度叱ればいいか悩むことがあります。「しつけの方法や叱るべき範囲は犬によって異なりますが、どの犬にも共通のNG行為はあります」と話すの……

折りたたんで持ち運び可能!緊急時にも活用できる『ペット用クレート』!

人間とペットの暮らしをより近くするペットインテリア用品ブランド【UNIHABITAT(ユニハビタット)】から、発売されている折りたためて持ち運び・収納が簡単な【モバイルハウスキャリークレート……