2016年4月29日更新

トイ・プードルの病気〜獣医師が解説するトイ・プードルのかかりやすい病気〜

プードルはフランス原産で、その優美な姿で王族や貴族たちに愛されてきました。近年は、小型種であるトイプードルがそのかわいらしさと聡明さで日本でも大人気です。昔から非常に人気が高く、世界中で繁殖が繰り返されてきた結果、遺伝性疾患が比較的多いといわれています。

トイプードルの脳の病気

てんかん

脳に腫瘍や炎症といった異常がないにも関わらず、神経細胞が異常興奮することによって痙攣発作などを起こす病気です。異常興奮を起こすメカニズムの詳細はわかっていません。

発作の頻度や重症度により治療を決定します。投薬を行なわずに経過観察を行なうケースもあれば、複数の抗痙攣薬を組み合わせて投与しなくてはならないケースもあります。

トイプードルの目の病気

流涙症

涙を目から鼻へと流すための流出路が閉塞してしまっていたり、その流出路が先天的に欠損してしまっていたりすることにより、涙が常に目からあふれている状態になる病気です。周囲の被毛は溢れ出た涙によって赤茶色に変色してしまい、いわゆる涙やけの状態となります。

流出路の閉塞が原因の場合には、洗浄により改善することがあります。目の周囲の皮膚炎を防ぐ為に、こまめにふきとるなど、清潔を保つことが大切です。

白内障

目のレンズにあたる水晶体が白濁して視力障害を起こす病気です。トイプードルでは2歳前後と非常に若いうちから発症することもあり、遺伝的な要素が疑われています。

白内障が進行して視力が失われてしまった場合、視力を取り戻すための手術を検討できるケースもあります。実施できる施設の問題、術後の合併症の問題、術後のこまめな点眼などのケアの問題などがありますので、かかりつけの先生とよく相談をしましょう。

進行性網膜萎縮

両目の網膜が徐々に障害されていってしまう遺伝性の病気です。夜に目が見えなくなる夜盲症からはじまり、やがて完全な失明に至ります。発症する時期にはばらつきがあります。

この病気は残念ながら治療することができません。ある日突然、完全に失明するわけではなく、徐々に視覚が失われる病気ですので、この病気と診断されたら、落下の危険はないか、ぶつかりやすい場所はないか、生活環境を一度見直してみましょう。慣れた場所であれば、完全に失明してしまっても、大きな不自由なく生活できるケースもよくあります。

先天性眼瞼内反症

まぶたのふちの一部、もしくは全体が内側(眼球側)へと反転してしまう遺伝性の病気です。反転しているまぶたの刺激で、角膜炎を起こし、まばたきがうまくできなくなります。

通常は手術によって内反してしまっている部分を切除しますが、若齢などの理由ですぐに手術ができない場合には眼軟膏の点眼で角膜を保護します。

トイプードルの骨と関節の病気

レッグペルテス(大腿骨頭虚血性壊死)

1歳以下の若齢時に起こる、原因不明の病気です。大腿骨頭といわれる股関節を形成する部位での血管の損傷により、大腿骨頭が壊死を起こします。それにより、痛みを訴えたり、歩く時に足をひきずったりします。

外科手術により壊死した大腿骨頭を切除することで、歩行にも問題はなくなり、通常の生活を送る事が可能になります。

膝蓋骨脱臼

膝の関節にある、いわゆるお皿の骨が外れてしまう病気です。トイプードルでは、膝関節を構成する組織の先天的な異常から脱臼を起こしやすくなるケースが多くあります。

軽症の場合には膝関節が正常に動くようリハビリテーションを行なうこともありますが、手術が必要になることも多くあります。特に重度の脱臼が見られる場合には、成長に伴い後ろ足の変形が強くなってしまいますので、早めの手術が勧められます。

トイプードルの生殖器の病気

停留精巣

胎児期にお腹の中でできた精巣が、体の後部へと移動する途中で止まってしまい、本来の陰嚢内の位置に納まらない先天性の病気です。精巣がお腹の中にとどまってしまっている場合や、鼠径部と言われる後ろ足の付け根の部分にとどまってしまっている場合があります。

本来の位置にない精巣は、癌になりやすいことが知られていますので、外科手術によって早めに切除することが勧められています。

トイプードルの皮膚の病気

アレルギー性皮膚炎

本来病原性があるわけではない物質に対して起こる過剰な免疫反応をアレルギー反応といいます。トイプードルでは、食物アレルギーによる皮膚炎や、環境中の物質に対するアレルギー反応であるアトピー性皮膚炎といったアレルギー性皮膚炎を起こすことがあります。アレルギーを起こす詳細なメカニズムははっきりしていません。おなかや顔、手足にかゆみを伴う皮膚炎を起こし、外耳炎を併発することもあります。

アレルギー性皮膚炎は残念ながら完治は難しいことがほとんどです。原因となる物質がはっきりしている場合には、それらをできる限り排除して生活を送ることや、内服薬を使うことでかゆみをコントロールしていくことになります。こまめなシャンプーも大切な治療のひとつです。

トイプードルの血液の病気

免疫介在性溶血性貧血

免疫系統の異常により、自分の赤血球を自分で破壊してしまい、貧血を起こしてしまいます。免疫異常には遺伝の関与が疑われていますが、詳しいメカニズムはわかっていません。

治療としては、副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤を長期間使用することによって、赤血球の破壊を食い止めます。治療への反応が良い場合もある一方、反応が乏しく、残念ながら亡くなってしまうこともある病気です。

免疫介在性血小板減少症

免疫介在性溶血性貧血と同様、免疫システムの異常により、血小板が破壊されてしまいます。これにより、止血がうまくできなくなってしまい、色々な場所で出血をおこしやすくなります。

治療は免疫介在性溶血性貧血と同様に、内服薬によって血小板の破壊を食い止めます。状態が安定するまでには長期間かかることがよくあります。

トイプードルについて詳しく知りたい方はこちら
トイプードルの基礎知識まとめ

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

トイ・プードルの寿命ってどのくらい?長く楽しく暮らしていくためには?

飼ってみたい犬の人気ランキングでもいつも上位に入るトイ・プードル。カットの仕方で様々な表情を見せてくれるのが魅力ですね。最近では犬の健康に注意して、健康で長生きを心がけている飼い主の方が増え……

トイ・プードル

【ペットシッターが解説】トイプードルとの暮らしで注意すること

トイプードルの性格と性質 性格 トイプードルは、そのかわいらしい見た目からとても人気のある犬種です。さらに、元気いっぱいで、人とも他のペットとも仲良くなれるフレンドリーさを持っていま……

犬のブラッシング

トイ・プードルの里親になる方法とは?里親を探す方法とは?

クルクルとカールした被毛で様々なヘアースタイルを楽しめるトイ・プードル。見た目の可愛らしさと、明るく遊び好きで活発な性格で、飼ってみたい犬の人気ランキングではいつもNo.1、No.2をキープ……

犬・小犬の里親になる

人気が高いミックス犬!チワプーの性格、飼育の注意点について

ミックス犬の中でもトップクラスの人気を誇る「チワプー」は、名前からなんとく分かる通り、チワワとプードルを掛け合わせた新しい品種です。人気の高い品種同士の子どもだけあって、可愛らしい容姿で、性……

チワワ

神奈川で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないこ……

犬の心臓の病気