ネコの爪とぎから家具をまもるために、気軽にできるちょっとした工夫。

壁のクロスや畳など、猫は私たちが「そこでは爪とぎしないで…」と思う場所で爪とぎしてしまいますよね。ボロボロの壁やバリバリになった畳を見てなんだか悲しい気持ちになる飼い主さんも多いはず。

爪とぎは猫にとっては当たり前の行動なのですが、つい人間の都合で止めさせてしまいたくなるものです。これでは猫にとっても人間にとってもストレスが溜まっていくばかりになってしまいます。

だからこそ、猫の習性である爪とぎを理解して対策を立てることで、お互いのストレスを少なくすることができるはずです。

 

猫が爪とぎをする理由

猫_素材
猫は何故爪とぎをするのでしょう、と聞くと大抵の人は「爪のお手入れ」「古い爪をはがしている」「爪を鋭くしている」と答えるでしょう。

もちろんこれは大正解で、爪の外側にある古くなった部分をはがすことにより鋭い爪を保ち続け、いつでも武器として使える状態にしているのです。

しかし、「爪のお手入れ」といった目的のほかに、自分の縄張りであることを示す「マーキング」、他の猫を見た時や失敗した時の「自分の気持ちを落ち着かせる」、「体を伸ばす」という意味も猫の爪とぎにはあるのです。

 

爪をとぐ理由と場所

素材_aa6076bf79ab1834e2a25cb9998d94e8_s
様々な理由で爪をとぐという話をしましたが、特に「マーキング」が目的で爪とぎをしている場合は、自分は大きい個体だと他の猫に認識させるために、高い位置で爪を研ごうとします。床に爪とぎを用意していても壁で爪とぎをしてしまうのは、こういう理由があるからなのです。

 

爪とぎ対策

猫が爪とぎをするのはしょうがない事だとわかっても、本音を言ってしまえば余計な場所で爪とぎはしてほしくないですよね。そこで猫の爪とぎ対策をご紹介いたします。

  • 床に置く爪とぎのほかに、立てて使える爪とぎを用意する
  • よく爪をといでいる壁や家具は保護シートなどで爪が立たないようにする
  • 保護シートで保護してある場所の近くに立てて使えるタイプの爪とぎを設置

このように様々な場所に置くことで、「マーキング」「爪のお手入れ」「体を伸ばす」「自分を落ち着かせる」と目的にあわせて猫が爪とぎを使う事ができるようになります。

 

さいごに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
猫は猫にとって必要である行動をとっているだけなのに、人間側の都合を押しつけた結果ストレスが溜まり、また爪をといでしまう…

これでは悪循環になってしまいますし猫にとっても人間にとっても良い事だとは言えないのではないでしょうか。私たち飼い主側が少し工夫をしてあげて、猫と一緒に暮らす日々を楽しんでください。

関連記事