2015年10月31日更新

猫の上手な触り方とスキンシップの方法とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫を上手に触ることのできている人は意外と多くありません。猫の上手な触り方を実践していれば、飼い猫との関係を深めていけるだけではなく、猫に喜ばれる飼い主になることができます。

そこで、今回は猫の上手な触り方とスキンシップの方法についてご紹介します。

 

猫の上手な触り方とは?

飼い猫を触るときに大事なことは、強制的に触らないようにすることと、驚かさないようにすることです。

猫は無理に引き寄せられたり、強く触られることを嫌います。飼い猫が触られたいと思っているときには猫のほうから近づいてくるので、猫の気分を感じてあげるようにしてください。

また猫には触られたくない部分と触られて喜ぶ部分があります。これらは猫によって異なるので、飼い猫の反応を見ながらそれらを感じ取ってあげてください。

一般的に触られたくない部分は頭、お腹、腰、しっぽなどで、触られたい部分はのど元、耳の下、背中、お尻などです。特に頭としっぽは触られたくない猫が多いので、注意してください。

飼い猫とスキンシップをする方法

飼い猫とスキンシップをするためには、どのようなことをすると猫が喜んでくれるのかを見つけていくことが大事になります。

猫は嫌なことをされたときには過剰に反応するため、嫌がることをしてしまったときにはすぐにわかります。猫は喜んでいる時や甘えたいときには猫自身から体をすりよせてきます。

また、猫が嫌がらずに、大人しくしているのであれば、喜んでいるということです。

これらの反応を見ていれば飼い猫にとって何がよくて何がよくないのかを判別できるので実践してみてください。飼い猫との楽しい時間を過ごすことは飼い主としての大きな喜びですよね。それを実現するためのヒントとしてご利用ください。

 

まとめ

猫の上手な触り方とスキンシップの方法についてお伝えしました。猫の身体に触れるということは飼い主としての大きな喜びになります。飼い猫が嫌がらないように注意しながら、飼い猫との親密な関係を築いていってください。

飼い猫が喜ぶ部分に触れていても、突然ほかの場所にいってしまうことがありますが、これは触られることを嫌がっているのではなく、触られることに飽きただけなので、また触られたくなれば近づいてきます。

飼い猫との楽しいスキンシップをしながら仲良くなっていてください。

 
 

関連カテゴリ