2015年11月28日更新

日本の猫のために日本のメーカーが企画。「カントリーロード」のキャットフード

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

日本の猫は遊び場が狭いために運動不足になりがちですし、去勢、避妊していて太りやすいという傾向があります。「カントリーロード」はこうした日本特有の事情や環境で生きている猫のために脂肪、低カロリーのフードを作りました。質の良い原材料を求めてアメリカやニュージーランドなどで製造している商品もあるため、海外メーカーのフードだと思っている飼い主さんも少なくないようですが、日本メーカーのフードなのです。今回は「カントリーロード」のキャットフードをご紹介しましょう。

 

フードの原材料についての情報をホームページで公表

「カントリーロード」はペットフードの材料に新鮮な肉や魚を使用。残留農薬や死んだ動物の肉などは一切使っていません。また、アレルギーになりにくいダッグ、ターキーなどの肉を取り入れバラエティ豊かなメニューを提供しています。

フードに使用している原材料の内容や原産国をすべて公表していますが、それだけではありません。フードの栄養分やメラミン、シアヌル酸のような人工防腐剤を使っていないことを第三者機関で定期的に分析させ、その結果をホームページ上でユーザーに知らせるなどの姿勢は飼い主さんからの信頼を集めています。

「カントリーロード」のラインナップ

ドライフード~フィーラインディライト

合成香料や添加物を一切使用しない総合栄養食。成長ホルモンや抗生物質を使用していない安全なチキンをメインのタンパク源として使用しています。また、泌尿器にトラブルを起こしがちな猫のためにキナ酸を含むクランベリーやタウリン、オメガ6、3などを配合して猫の健康に留意しています。

ドライフード~プレシャスサポート

プレシャスサポートは下部尿路にトラブルを抱える猫のためのスペシャルフード。サーモンとチキンで高タンパク質なフードを作ることで猫が自然と水を飲みたくなるように作られています。猫の尿はアルカリ性に傾いても酸性に傾いても結石になる危険性があります。このためプレシャスサポートは尿のPH値6.5を目指したフードつくりを心がけているのです。

もちろん下部尿路だけでなく、猫の体全体の健康を考えてオメガ6、3脂肪酸、グルコサミン、コンドロイチン、Lカルニチン、CoQ10などを配合していますのでシニアの猫にはオススメです。

パッケージ内を無酸素状態の真空パックにすることで作りたての美味しさを猫に届けられるようにしている点も嬉しい点ですね。

缶フード~フィーラインアドバンス

米や麦など穀物を一切使用せずに良質の肉類をタンパク源に使用。原材料はアメリカ産で中国原産の材料は使用していません。

健康な尿路環境のためのキナ酸、ポリフェノール、クランベリーを配合。栄養価の高い緑黄色野菜を使うことでビタミン、鉄分、カリウム、繊維質も充分に含まれています。ペースト状ですのでシニア猫でも楽に食べることができます。味の種類はビーフ、チキン、ターキー、サーモン、ツナ、ダッグがあります。

 

商品情報をきちんと伝える姿勢が安心に繋がる

「カントリーロード」のキャットフードは原材料や栄養分などを公表しているだけでなく、その情報が第三者機関によるものだという事実がフードにこだわる飼い主さんの信頼を集めています。

 
 

関連カテゴリ