2015年11月2日更新

子猫を飼って半年を過ぎたら準備が必要!避妊、去勢しない場合に備えたい発情について

最近は子猫の時に去勢、避妊する飼い主さんが増えてきましたが、中には子猫を増やしたい、もしくは去勢、避妊する機会を逸してしまって猫が発情期に突入してしまうケースもあるのではないでしょうか?一体、猫の発情期はいつ頃から始まるのでしょうか?猫が発情したらどうすれば良いのでしょうか?今回は初めての発情についてご紹介しましょう。

発情が始まる時期

品種にもよりますが、生まれてから猫は約1年で大人になります。発情の時期は飼い主さんが「まだ子猫だから大丈夫」と思っている1年以内にやってきます。オス猫の場合は生後1年前後、メス猫に至っては生後7ヶ月~8ヶ月で発情期が来てしまうのです。

発情するとメス猫は一変する

発情を牽引し、発情すると普段とまったく変わってしまうのはメス猫の方。発情したメス猫は…

  • 落ち着かない様子になる
  • 飼い主さんにもベタベタ懐いてくる
  • 普段よりもうるさい声で独特の鳴き声をあげる。

などの行動が目立つようになります。これに対してオス猫はメス猫の発情によって受動的に発情が起こることも多く、特に1年目はメス猫より発情開始時期が遅いこともあって、メス猫が擦り寄ってきても無視することも多いようです。

メス猫に誘発されて一度発情モードに入るとオス猫も大きな声で鳴いたりメス猫を求めて外に出たがったりします。

発情が起こる時期は?

メス猫の発情期はだいたい晩春から夏に掛けてと冬の始まりから終わりぐらいの時期に起こることが多いと言われていますが、場合によっては年に4回~6回発情が起こる場合もあるようです。1回の発情期間は3日~5日くらいですが出会いがなければ1週間~10日続くこともあるようです。

最初の発情での妊娠は避けた方が良い

もしメス猫のコントロールが可能なら最初の発情シーズンでの妊娠は避けた方が良いでしょう。1年に満たない時期での妊娠出産は、産道が成熟していないために難産や死産になったり、無事に生まれても育児放棄してしまうこともあるからです。

妊娠させるのは生後、少なくても1年以上経ち、発情も2度目以降になってからの方が良いでしょう。生後1年以内の去勢、避妊していない猫が家にいる場合、なるべく発情期間中は隔離して飼育するようにしましょう。

近所とのトラブルにならないよう気をつけよう

飼い猫が発情する時に気をつけなければならないのがご近所とのトラブルです。猫の品種によっては発情期の鳴き声が赤ちゃんの泣き声よりうるさい場合があり、マンションなどの集合住宅では騒音問題になりかねません。猫を避妊、去勢しない育てる場合は家から猫の声が漏れないように二重窓にする、厚手のカーテンを下げる、隣の部屋との境に家具を置くなとして騒音対策をした方が良いでしょう。

飼い猫を繁殖させる場合は環境を整えて

飼い猫に子猫を産ませたいと思ったら、まず環境を整えることが大切です。発情期に近所迷惑にならないか、そのために家の防音対策ができるかなど考える必要があるでしょう。家が広く隣の家との間が離れているなら問題ないかもしれませんが、都会ではやはり近所への配慮は必要です。可愛い猫が近所とのトラブルの原因にならないよう注意しましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

なんだか外がにぎやか…1月頃からはじまる猫の発情期ってどんな感じ?

1月頃になるとそろそろ気になってくるのが猫の発情期。大きな鳴き声が気になって眠れないという方もいるのではないでしょうか? そもそも発情期ってなに? 猫の発情期はメス発信です。まず……

猫の雑学

子猫を飼って半年を過ぎたら準備が必要!避妊、去勢しない場合に備えたい発情について

最近は子猫の時に去勢、避妊する飼い主さんが増えてきましたが、中には子猫を増やしたい、もしくは去勢、避妊する機会を逸してしまって猫が発情期に突入してしまうケースもあるのではないでしょうか?一体……

猫の交配・妊娠・出産

犬の想像妊娠はよく聞くけど、猫も想像妊娠をするの?【動物看護師が徹底解説】

人や犬の想像妊娠は知っていても、猫の想像妊娠ってあまり聞かないですよね。猫は交配をすると高い確率で妊娠が成立するといわれていて、そのメカニズムは人や犬とは違っています。猫はどのように妊娠をす……

猫の交配・妊娠・出産

外猫と家猫で違いがある…!?ネコの『発情期』について獣医師が教えます!

春が近づいてきた夜、突然外から「フギャー!」という猫の大きな鳴き声を聞いたことのある人は多いでしょう。また、まだ幼いと思っていた愛猫が突然「ウァーオ!」と独特の鳴き声を出して驚いた人もいるか……