2015年11月28日更新

犬の無駄吠えに困ってる!無駄吠えを止めさせるにはどうしたら良いの?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬をペットにしている飼い主さんにとって悩みのNO1は無駄吠えでしょう。無駄吠えの原因が分からないため止めさせることもできず、近所の目が気になって冷や冷やしている飼い主さんもいるのではないでしょうか。無駄吠えはまず原因を突き止めること、そして原因に合った指導で無駄吠えを直すことが大切です。今回は無駄吠えへの対処についてご紹介しましょう。

 

その無駄吠え、原因は何?

無駄吠えをやめさせるためにはまず、無駄吠えの原因を突き止める必要があります。愛犬がいつ、どんな状況で何に対してどのように無駄吠えしているのかを観察してみましょう。

どんな時に無駄吠えしていますか?

愛犬が無駄吠えしているのはどんな時でしょうか?飼い主さんがいる時でしょうか?それとも留守のときに吠えている様子でしょうか?

何に向かって吠えていますか?

特定の誰かでしょうか?それとも知らない人に対して吠えていることが多いでしょうか?チャイムが鳴った時に吠えるようなら、知らない誰かに対して吠えている可能性があります。

どんな様子で吠えていますか?

吠える時、攻撃的でしょうか?それとも尻尾を下げ恐怖を感じているようでしょうか?

このようにいつ、誰に対していつ、どのように吠えているかを観察し、無駄吠えを止めさせる方法を模索することが無駄吠え対策の第一歩です。

無駄吠えに多い2つのワケ

実は無駄吠えは大きく分けて2つの理由により起こっていると言われています。ひとつは「これちょうだい」「こうしてほしい」などというリクエストのための吠え。もうひとつは不安や恐怖による吠えです。

リクエストのための吠え

まず、愛犬が求めているのが何なのかを探る必要があります。本当に必要なモノ(必要な量の餌や散歩)が与えられていなくて吠えているとしたら、必要なモノを与える必要があるからです。

その場しのぎの要求で無駄吠えしている場合には、「吠えれば簡単に要望が叶う」という方程式を塗り替える必要があります。

まず、愛犬が無駄吠えを始めたら犬を無視しましょう。無駄吠えがずっと続く可能性はありますが飼い主さん側にも我慢が必要です。飼い主さんの目に愛犬がまったく映っていないかのように振る舞うのがポイントです。

愛犬が吠えるのを止め大人しくなったら始めて愛犬をほめ、ごほうびをあげましょう。これを何度か繰り返すことで「吠えるより大人しくした方が飼い主の歓心を得られる」ことを覚えさせます。無視する代わりにリードやヘッドカラーを引っ張りサプライズを与えると言う方法もあります。

不安や恐怖による吠え

不安や恐怖による吠えをやめさせるのに一番簡単な方法は不安や恐怖の原因を取り除くことでしょう。例えば、窓の外を通る犬や人に吠え掛かるのであれば外の景色が見えないようにするという対処方法です。

しかしながら来客や散歩中の出会いなどは排除することはできません。この場合は要求吠えの時と同様に、吠えたら無視し、大人しくなったら褒めるしつけを繰り返します。来客の場合は「来客=楽しい」と犬が思えるように来客中に吠えるのを止めたらごほうびをあげるようにして、良い循環を作り出します。

しつけは集中的に行った方が効果的ですので、友人にお客さん役をやってもらったり、玄関チャイム音を録音して繰り返し聴かせるなど、徹底的に訓練すると良いでしょう。

 

無駄吠えは犬にとっても飼い主さんにとってもストレス

無駄吠えは飼い主さんや周辺の人にとって大きなストレスですが、実は吠えている犬にとってもストレスです。愛犬に無駄吠えが多いようなら放置せずに早めにしつけし直すようにしましょう。飼い主さんがトライしても無駄吠えが治らない場合はプロのトレーナーにしつけを依頼することも考えた方が良いでしょう。無駄吠えしなくなれば当事者だけでなく犬自身もハッピーになるのです。

 
 

関連カテゴリ