2015年11月28日更新

子犬の時期の過ごし方が犬の一生を決める?子犬教育に欠かせない犬の社会化

「三つ子の魂、百まで」と言う言葉がありますが、犬も同様。子犬の頃の経験が後々の犬の性格を決めるのです。子犬の時期に他の犬や周りの人間とよい関係を築き、社会性をつけることを社会化と言いますが、社会化のできていない犬は人見知りしたり、臆病になったり、人に吠えたりしがちです。そんな犬にさせないためにも、怖いもの知らずで好奇心旺盛な子犬の時代に社会化させることが大切なのです。今回は子犬の社会化教育についてご紹介しましょう。

人見知りしない犬にするために

子犬の頃に家族以外の大勢の人と触れ合うことは、成犬になってからの性格に大きく影響します。限定的な触れ合いのみで大人になった犬は人を怖がったり、うまくコミュニケーションが取れなかったりする場合があります。

子犬の時期には老若男女を問わずなるべく多くの人と触れ合う機会を作りましょう。犬が怖がらないようなら飼い主さん以外の人に触れてもらったり、おやつをあげてもらったりしてみましょう。

社会化に相応しいと言われている生後3ヶ月まではワクチン接種が終わっていないケースが多く、外に出すのが心配だという飼い主さんも多いと思いますが、最初は抱っこして外を歩くだけでもOK。早めに社会との接点をもっておけば、周囲の犬や人と上手にコミュニケーションできる犬になってくれるはずです。

どんな環境でも馴染める犬にするために

子犬の頃に家にいて過保護に育てられると人ごみや電車、バイク、雷、クルマのクラクションにびくびくする犬に育ってしまう可能性があります。まだ、歩いて散歩ができない時期でも抱っこして外に出てみましょう。室内にはない音や雰囲気に慣れされることで、少々のことでは動揺しない落ち着いた犬になるでしょう。

パピークラスは子犬の教育に良い選択

子犬をパピークラスに参加させるのも社会化させるのに良い方法です。パピー教室では子犬に社会や人間に慣れさせるためにさまざまなメニューを用意しています。初めてのモノや音などを体験させることにより子犬の社会化を促す訓練もしてくれます。

同じ世代の子犬たちと触れ合うことで同じ犬との付き合い方を学ぶことができる点もパピースクールの利点でしょう。飼い主さんも子犬と一緒にクラスに参加することにより犬のしつけや育て方を学ぶことができます。

パピークラスに参加するためにはワクチン接種が終わっていることが条件ですが、これは参加しても感染症などの心配ないという点で安心です。パピークラスは動物病院や犬の幼稚園などさまざまな場所で開催されていますのでレッスン内容を比較して選んでください。

愛犬をハッピー犬にしてあげよう

愛犬をどんな環境にも動じない、落ち着いた犬にするには子犬の頃の飼い主さんの育て方が大切だということがお分かりいただけたでしょうか。愛犬をハッピーな犬にしてあげられるのは飼い主さんだけ。社会化に大切な生後6ヶ月までの期間はあっと言う間に過ぎてしまいますのでこの時期を逃さないことが大切です。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【ペットシッターが解説】ウエストハイランドホワイトテリアとの暮らしで注意すること

ウエストハイランドホワイトテリアの性格と性質 性格 ウエスティと呼ばれ、スコットランド発祥のテリアとして、人気のウエストハイランドホワイトテリアは、活発さと甘えん坊な二面性を持った犬……

犬のシャンプー

第一歩は“集中”させること! 犬のトレーニング・しつけの方法

“犬をトレーニングすること”はとても大切なことです。 犬を飼うのであれば、飼い主ひとりひとりがきちんと愛犬をトレーニングできるようになりたいものですね。 そこで今回は、トレーニン……

犬のしつけの基礎

【ペットシッターが解説】ジャックラッセルテリアとの暮らしで注意すること

ジャックラッセルテリアの性格と性質 性格 ジャックラッセルテリアは、様々なものに興味を持ち、疲れ知らずの好奇心を持っています。 小型犬でありながら、そのパワーはとても強く、しつ……

【ペットシッターが解説】シーズーとの暮らしで注意すること

シーズーの性格と性質 性格 シーズーは家族と遊ぶことが大好きで、楽しく遊んだかと思えば、膝の上で抱っこされたまま寝てしまうなど、愛玩犬として代表的な可愛らしさを持っています。人懐っこ……

犬の毛のお手入れ

父犬の接し方から学ぶ子犬の教育法

皆さんは愛犬が子犬の時、何か特に気をつけていたことはありますか? 犬は自然と「犬らしく」成長するわけではありません。私たちが「犬らしい」と思っている多くのことが、実は子犬のある大切な時……

犬の習性