2015年11月28日更新

猫を連れて行くならキャット・フレンドリー・クリニックに認定された動物病院

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫にとって動物病院はストレス以外のなにものでもありません。もちろん、犬にとっても病院は楽しい場所でないことが多いでしょうが、猫に比べると通院を嫌がらないケースが多いのも事実です。猫はテリトリー意識が高いため環境の変化に敏感ですし、普段と違う病院の臭いに敏感に反応します。そんな猫に少しでもストレス少なく治療を受けてもらうために作られたのがInternational Society of Feline Medicine(ISFM)が認定するキャット・フレンドリー・クリニックです。一体、キャット・フレンドリーな病院は他とどこが違うのでしょうか?今回はキャット・フレンドリー・クリニックの基準についてご紹介しましょう。

 

キャット・フレンドリー・クリニックの条件

動物病院の施設や設備は病院によって異なりますが、キャット・フレンドリー・クリニックに認定された病院は猫ができるだけストレスなく受診、入院ができるように工夫されています。

キャット・フレンドリー・クリニックにはゴールドレベルとシルバーレベルがあり、それぞれ設備やスタッフのスキルによって分けられています。

キャット・フレンドリー・クリニック シルバー

  • 動物病院としての基準を満たしている
  • スタッフが猫に関する知識をもち、猫への理解が深い
  • 猫を扱う際、スタッフが優しく思いやりをもっていて献身的である
  • 猫に関するあらゆる質問に答えられる「猫専門従事者」がいる
  • 猫に優しい待合室がある
  • 猫にとって快適な入院設備が揃っている
  • 麻酔やレントゲンなど必要かつ適切な設備が整っている

キャット・フレンドリー・クリニック ゴールド

ゴールドレベルの認定を受けるためにはシルバーレベルに加えてさらに猫のための設備や受け入れ態勢が揃っている必要があります。

  • 猫専用の入院設備がある
  • 入院する際に猫に優しい場所にケージを備えている
  • 猫により優しい待合室がある
  • 感染症の猫を隔離することができ、より高いレベルで病気の管理ができる

設備等は病院によって異なりますので詳しいことは直接連絡して問い合わせると良いでしょう。

ストレスが新たな病気を呼ばないように

猫を病院に連れて行きたいと思っても猫の拒否反応を考えると躊躇してしまうという飼い主さんもいらっしゃると思います。猫はストレスに弱く病院に行くことでかえって体調を崩すこともありえます。キャット・フレンドリー・クリニックが増えて猫に少しでもストレスなく治療できれば猫にとっても飼い主さんにとっても嬉しいことですね。

 
 

関連カテゴリ