2016年4月30日更新

ミニチュア・ダックスフントの病気〜獣医師が解説するミニチュア・ダックスフントのかかりやすい病気〜

 
 

長い胴と短い足で俊敏に走り回るダックスフント。日本での人気ぶりはご存知の通りでしょう。その特徴的な体型は、獲物を穴に追いつめて捉えるために改良されたもので、ドイツでは現在でも狩猟犬として活躍しています。勇敢でスタミナも抜群、動きも俊敏でとても活発な一方、飼い主の気持ちを察する感覚の鋭さも持ち合わせています。


ミニチュア・ダックスフントの脳の病気

真性てんかん(てんかん)

腫瘍や炎症などの異常がないにも関わらず、脳の神経細胞に異常な電気信号が発生することによって痙攣発作などを起こしてしまう病気です。病気の詳細なメカニズムについてはわかっていません。

発作の頻度や重症度によって治療内容を決定します。投薬は行なわずに経過を観察していく場合もあれば、いくつかの抗痙攣薬を組み合わせなくてはならない場合もあります。ほとんどの場合、生涯にわたって付き合っていかなくてはならない病気です。


ミニチュア・ダックスフントの目の病気

緑内障

眼球内部の圧力(眼圧)の上昇により、視神経と網膜が障害されてしまい、視力障害を起こしてしまう病気です。急性緑内障を発症すると、視力障害が起こり、角膜が濁って見えたり、目が充血したりします。さらに、緑内障は強い痛みを伴います。そのまま時間が経過してしまうと、慢性緑内障となり、眼球は大きく腫れて見えるようになります。

点眼薬や内服薬と、時には外科手術によって眼圧を低下させ、視力の回復を目指します。さらにその後も内科治療を継続することで正常な眼圧、視力を維持していきますが、再発を繰り返してしまうことがよくあります。また、急性期には、速やかに眼圧を低下させるための注射も用います。残念ながら視力の回復が不可能だと判断された場合には、痛みをとるために眼球摘出や義眼の挿入を選択しなくてはならないこともあります。

進行性網膜萎縮

網膜が徐々に障害され、萎縮してしまう遺伝性の病気です。これは両目ともに起こります。初期は夜に目が見えなくなる夜盲症がみられ、やがて完全に失明してしまいます。発症時期は様々です。

この病気を発症してしまうと、残念ながら進行を止めることはできません。徐々に視力が失われていく病気ですので、この病気と診断されたら、危険な場所はないか、身の回りの環境を見直してみましょう。住み慣れた場所であれば、大きな不自由なく生活できることもよくあります。

白内障

水晶体が白濁して視力障害を起こす病気です。加齢に伴うものもありますが、非常に若いうちから発症することがあり、遺伝的要素が疑われています。