2016年4月30日更新

ミニチュア・ダックスフントの病気〜獣医師が解説するミニチュア・ダックスフントのかかりやすい病気〜

長い胴と短い足で俊敏に走り回るダックスフント。日本での人気ぶりはご存知の通りでしょう。その特徴的な体型は、獲物を穴に追いつめて捉えるために改良されたもので、ドイツでは現在でも狩猟犬として活躍しています。勇敢でスタミナも抜群、動きも俊敏でとても活発な一方、飼い主の気持ちを察する感覚の鋭さも持ち合わせています。

ミニチュア・ダックスフントの脳の病気

真性てんかん(てんかん)

腫瘍や炎症などの異常がないにも関わらず、脳の神経細胞に異常な電気信号が発生することによって痙攣発作などを起こしてしまう病気です。病気の詳細なメカニズムについてはわかっていません。

発作の頻度や重症度によって治療内容を決定します。投薬は行なわずに経過を観察していく場合もあれば、いくつかの抗痙攣薬を組み合わせなくてはならない場合もあります。ほとんどの場合、生涯にわたって付き合っていかなくてはならない病気です。

ミニチュア・ダックスフントの目の病気

緑内障

眼球内部の圧力(眼圧)の上昇により、視神経と網膜が障害されてしまい、視力障害を起こしてしまう病気です。急性緑内障を発症すると、視力障害が起こり、角膜が濁って見えたり、目が充血したりします。さらに、緑内障は強い痛みを伴います。そのまま時間が経過してしまうと、慢性緑内障となり、眼球は大きく腫れて見えるようになります。

点眼薬や内服薬と、時には外科手術によって眼圧を低下させ、視力の回復を目指します。さらにその後も内科治療を継続することで正常な眼圧、視力を維持していきますが、再発を繰り返してしまうことがよくあります。また、急性期には、速やかに眼圧を低下させるための注射も用います。残念ながら視力の回復が不可能だと判断された場合には、痛みをとるために眼球摘出や義眼の挿入を選択しなくてはならないこともあります。

進行性網膜萎縮

網膜が徐々に障害され、萎縮してしまう遺伝性の病気です。これは両目ともに起こります。初期は夜に目が見えなくなる夜盲症がみられ、やがて完全に失明してしまいます。発症時期は様々です。

この病気を発症してしまうと、残念ながら進行を止めることはできません。徐々に視力が失われていく病気ですので、この病気と診断されたら、危険な場所はないか、身の回りの環境を見直してみましょう。住み慣れた場所であれば、大きな不自由なく生活できることもよくあります。

白内障

水晶体が白濁して視力障害を起こす病気です。加齢に伴うものもありますが、非常に若いうちから発症することがあり、遺伝的要素が疑われています。

白内障で視力が失われてしまった場合でも、人工レンズを用いて視力を取り戻すための手術を検討できるケースがあります。ただし、実施できる施設の問題、合併症の問題、術後のケアの問題などがありますので、かかりつけの動物病院の先生とよく相談しましょう。

ミニチュア・ダックスフントの脊髄の病気

椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間でクッションの働きをしている椎間板が変性してしまい、脊柱管といわれる部位に飛び出してしまう病気です。これにより、脊柱管の中を走る脊髄神経に障害が起こります。背中の痛みのみのケースもあれば、麻痺によって起立ができなくなったり、排尿や排便のコントロールができなくなったりするケースもあります。ミニチュア・ダックスフントでは、若齢時からこの病気を起こしやすいことが知られています。

一定期間安静を守ることで症状が改善する場合もありますし、手術が必要になる場合もあります。術後にはリハビリテーションも行ないます。状態によっては、手術やリハビリテーションを行なっても完全な回復が難しい場合もあります。

ミニチュア・ダックスフントの骨と関節の病気

膝蓋骨脱臼

膝の関節にある、膝蓋骨(お皿の骨)が正常な位置からずれてしまう病気です。膝関節を構成する骨や靭帯などの周辺組織の先天的な異常によって脱臼を起こしてしまうことがあり、遺伝が関与しているといわれています。軽症であれば無症状であったり、後ろ足を蹴り出すような仕草をして自分で脱臼を治してしまったりすることがあります。一方、重症の場合には、脱臼した足を浮かせて歩いていたり、いつも膝を曲げたままでいたりします。

膝蓋骨脱臼の治療では、軽症であればリハビリテーションで膝関節が正常に曲げ伸ばしできるようになることを目指す場合もありますが、最終的には手術が必要と判断されることも多くあります。重症の場合には、成長に伴って後ろ足の変形が進んでしまいますので、早めの手術が勧められます。

多発性関節炎

肘や膝、手首や足首など、色々な関節で同時に関節炎が起こる病気です。多くのケースで高熱が出ることが特徴的です。ほとんどが成犬になってから発症します。免疫の異常によるものが多いと考えられていますが、その発症のメカニズムについてははっきりとはわかっていません。

副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤と言われる薬を用いて治療を行ないますが、治療が長期にわたったり、再発を繰り返したりすることがよくあります。

ミニチュア・ダックスフントの生殖器の病気

停留精巣

胎児期にお腹の中の腎臓のそばで作られた精巣は、徐々に体の後方へと移動していき、生後、陰嚢内へと納まります。停留精巣は、この移動がうまく行なわれず、精巣が陰嚢内の正常な位置に納まらない先天性の病気です。精巣がお腹の中にとどまったままのケースや、後ろ足の付け根の鼠径部と言われる部位にとどまってしまっているケースがあります。

本来の位置にない精巣は、癌になりやすいことが知られていますので、停留精巣と診断された場合には、早めの切除手術が勧められています。

ミニチュア・ダックスフントの皮膚の病気

若年性蜂窩織炎

6か月齢くらいまでの子犬に見られる皮膚炎です。顔面の腫れや膿を含んだ水ぶくれ、リンパ節の腫れなどが見られます。詳細はわかっていませんが、免疫の異常から起こると考えられています。

副腎皮質ステロイド剤などを用いた治療で改善することがほとんどです。

皮膚組織球腫

ほとんどが3歳までの若齢時に発生する皮膚の腫瘍です。表面は脱毛し、赤っぽい色で、硬く、ドーム状の見た目をしています。

数ヶ月ほどで自然に消失することが多いですが、気にして掻いてしまったり、なめてしまったりして悪化するような時には手術で切除することを検討します。

ミニチュア・ダックスフントの内分泌系の病気

糖尿病

膵臓から分泌されて血糖値を下げる働きをするインスリンが不足することにより高血糖となり、尿中に糖が排出される病気です。遺伝的素質や免疫の異常などが原因と考えられていますが、肥満やストレス、食べ過ぎといった環境要因も糖尿病を誘発すると言われています。初期には症状がはっきりしませんが、進行すると、水をよく飲み尿量が増える、食欲がある一方で体重が落ちる、といった症状が見られます。

治療には食事療法や運動療法に加えて、インスリンを注射で補充して血糖値をコントロールすることが必要です。自宅でのインスリン注射を含めた毎日のケアは生涯にわたり必要となります。

ミニチュアダックスフンドについて詳しく知りたい方はこちら
ミニチュアダックスフンドの基礎知識まとめ

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

これから犬を飼いたい人・飼っている人必見!犬種別の犬の性格まとめ

忠誠心が強く、頭がよく、人懐こいというのが犬のおおまかな性格ですが、実は犬の性格は品種によって若干、異なります。犬は猫と違い品種によって体のシェイプや大きさに違いが明らかですし、人間と共存し……

犬の習性

ミニチュア・ダックスフンドの平均体重や、年齢による食事の目安

人気犬種上位が常連のミニチュア・ダックスフンドですが、ロングタイプの方がワイヤータイプよりも、もの静かってご存知でしたか?ワイヤータイプは比較的社交的だそうです。もちろん、全部のミニチュア・……

ミニチュアダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンドの性格や飼う時の注意点をまとめました!

ミニチュア・ダックスフンドの性格 現在日本で飼われているミニチュア・ダックスフンドの性格は好奇心が強く、いたずらも多いと言う話も聞きます。このいたずらにより誤飲を起こすミニチュア・ダックス……

犬の習性

ミニチュア・ダックスフンドの歴史、性格、寿命、特徴

ミニチュア・ダックスフンドの歴史 爆発的とも言えるブームは過ぎたものの、現在でも人気が高い犬種です。 胴長短足で垂れ耳という可愛らしい見た目の持ち主ですが、その体形は獲物を追いこみ穴……

犬の習性

肥満が心配!ミニチュア・ダックスフンドのエサの量について

愛犬の寿命を延ばす方法の1つがエサの量を適量にすることだとよく言われています。特にミニチュア・ダックスフンドの場合は、椎間板ヘルニアなど肥満が原因になる病気が心配なので気になるところですよね……

犬の食事の基礎