2016年4月30日更新

チワワの病気〜獣医師が解説するチワワのかかりやすい病気〜

勇敢で活発、飼い主さんに忠実ながらも用心深い性格のチワワは、小さくても番犬として活躍することもあります。それでいてその華奢な姿は、ペットとして大人気です。一方、チワワとの生活では、頭をぶつけないようにしたり、骨折や目の怪我に注意したりと、非常に丁寧に接することが大切です。また、チワワで特に気をつけたい病気もいくつかあります。今回はチワワとの生活で知っておきたい病気をご紹介します。

チワワの脳の病気

水頭症

脳室といわれる脳の一部に過剰な脳脊髄液がたまる病気です。チワワでは遺伝によって発生する先天性水頭症が見られることがあります。症状としては、歩行異常や旋回運動、性格の凶暴化、視力障害などがあります。また、他の子犬と比べてぼんやりしていたり、発育不良が見られたりすることもあります。

治療は、薬を使った内科治療が中心です。病気の重症度にもよりますが、治療への反応が良ければ、数年延命することも可能です。一方、反応が良くない場合には、残念ながら短期間で死亡してしまうこともあります。また、過剰な脳脊髄液を脳室からお腹に流すチューブを設置する手術を行なうこともあります。ただし、実施できる施設が限られていることや、合併症の問題、術後のケアの問題などがありますので、かかりつけの動物病院の先生とよく相談しましょう。

チワワの目の病気

乾性角結膜炎

涙の量が減少することで、角膜や結膜表面が十分に保護されなくなり、炎症を起こしてしまう病気です。原因のはっきりしない特発性、もしくは自己免疫性と言われるものが多いようです。炎症を起こすと、結膜が充血し、腫れてしまったり、角膜と言われる黒目の表面の部分が白っぽく濁って見えたりします。さらに進行すると、角膜にたくさんの細い血管が侵入してきたり、色素沈着を起こしたりします。黄色くネバネバした目やにが多く出ることもこの病気の特徴です。

治療には、清潔を保った上で、人工涙液や眼軟膏の点眼をこまめに行なうことが必要です。免疫抑制剤を含んだ眼軟膏を用いることもあります。この眼軟膏には、涙の産生を促進させる効果もあるとされています。乾性角結膜炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、慢性化してしまうことがよくあります。

チワワは、眼球が前に出ている構造をしているため、普段から外傷には気をつけなくてはなりません。乾性角結膜炎と診断されたら、より一層の注意が必要です。

緑内障

眼圧が上昇することで視神経と網膜が障害され、視力障害を起こしてしまう病気です。急性緑内障を発症すると、突然の視力障害のほか、角膜が濁って見えたり、目が充血したりします。痛みが強く、顔を触られることを嫌がることもあります。経過とともに慢性緑内障となってしまい、眼球は大きく腫れて見えるようになります。

点眼薬と、注射や内服薬、時には外科手術を組み合わせて眼圧を低下させ、視力を回
復させます。さらにその後は、回復させた視力を維持していく治療が必要です。緑内障は多くの場合、再発を繰り返してしまいます。 残念ながら視力の回復が不可能な場合には、痛みをとる目的で眼球摘出や義眼の挿入を行なうこともあります。

チワワの呼吸器の病気

軟口蓋過長症

上あごの奥の方の柔らかい部分である軟口蓋が通常より長いことで気道を塞ぎ、呼吸障害を起こしてしまう病気です。寝ている時のいびきや呼吸時にブーブーという音が出てしまうといった症状のみの場合もありますが、重症の場合には呼吸困難やチアノーゼを起こしてしまいます。症状は興奮時に悪化する傾向があります。

急性の呼吸困難を起こしてしまった時には、命の危険があります。酸素吸入や投薬によって状態を落ち着かせなくてはなりません。その後完治を目指すには、手術で軟口蓋を切除します。

気管虚脱

本来、チューブ状をしている気管が、何らかの理由でチューブの形状を保てなくなり、途中でつぶれてしまう病気が気管虚脱です。詳細なメカニズムはわかっていませんが、チワワでは遺伝の影響が考えられています。気管虚脱を起こすと、呼吸時にスムーズに気流が通過できなくなり、それによって「ガチョウ様咳」と呼ばれる、ガーガーという音を伴った特徴的な咳をします。症状は興奮時や暑い時に悪化しやすく、重症の場合には呼吸困難で死亡してしまう可能性もあります。

気管虚脱の根治は困難です。重度の呼吸困難を起こしている時には、緊急処置として酸素吸入や内科処置を行ない、状態を安定させなくてはなりません。その後は、投薬や体重管理を徹底し、首輪ではなく胴輪を使って首に負担をかけないようにするなどのケアを行いながら、病気と付き合っていくことになります。根本的な解決を目指した手術を実施している施設もあります。しかし、合併症の問題などもあり、広く行なわれているとは言えないのが現状です。

チワワの心臓の病気

僧帽弁閉鎖不全症

犬の心疾患で最も多く見られる病気が僧帽弁閉鎖不全症です。老齢のチワワで多く、最終的には心不全を起こします。左心房と左心室を隔てる僧帽弁の異常によって左心室から左心房への血液の逆流が起こり、徐々に左心不全が進行します。はじめは運動時や興奮時に咳をしはじめ、やがて運動時に座り込んでしまったり、倒れてしまったりするようになります。左心不全による肺水腫になると、咳は悪化し、さらに呼吸困難も起こす事があります。

内服薬で心臓を補助して、徐々に進行する左心不全への治療を行ないます。また、咳や肺水腫に対しても薬での治療が必要です。僧帽弁閉鎖不全症を治癒させることは困難で、生涯にわたって複数の薬を組み合わせて続けていかなくてはなりません。体重管理や食事療法などの自宅でのケアも大切です。適切な投薬や丁寧なケアを続ければ、ある程度病気の進行速度を遅くすることが可能だと言われています。

チワワの骨と関節の病気

膝蓋骨脱臼

アーモンド型をしたいわゆる「膝のお皿の骨」が外れてしまう病気です。チワワでは、膝関節を構成する組織に先天的な問題があり、膝蓋骨脱臼を起こしやすくなるケースが多くあります。ごく軽症で初期であれば無症状の場合もありますし、後ろ足を完全に曲げてしまって着地しなくなってしまうこともあります。

治療方法は、重症度や年齢などを考慮して選択します。軽症であれば、膝関節が正常に曲げ伸ばしできるようにリハビリテーションを行なうこともあります。しかし、それでもやはり手術が必要になることもあります。重症の場合には、成長に伴って後ろ足の変形が強くなりますので、できるだけ早めの手術が勧められます。

チワワについて詳しく知りたい方はこちら
チワワの基礎知識まとめ

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

東京で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないことが……

犬の心臓の病気

愛知で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないこ……

犬の心臓の病気

これから犬を飼いたい人・飼っている人必見!犬種別の犬の性格まとめ

忠誠心が強く、頭がよく、人懐こいというのが犬のおおまかな性格ですが、実は犬の性格は品種によって若干、異なります。犬は猫と違い品種によって体のシェイプや大きさに違いが明らかですし、人間と共存し……

犬の習性

チワワの里親になる方法とは?チワワの里親を探す方法とは?

小さな体でお座りをしながら小首を傾げて、潤んだ大きな瞳でじっと見つめるチワワ。その愛らしい姿と小型で飼いやすいことで人気が高い犬種ですね。そんなチワワの里親になる方法や、里親になるための注意……

犬・小犬の里親になる

神奈川で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないこ……

犬の心臓の病気