2016年4月30日更新

ヨークシャー・テリアの病気〜獣医師が解説するヨークシャー・テリアのかかりやすい病気〜

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

コンパクトな体につややかな被毛のヨークシャー・テリアはヨーキーともいわれ、とても人気の犬種です。カットによって様々な表情を見せてくれることも人気の理由でしょう。ヨークシャー・テリアは骨が細く、骨折しないよう注意しなくてはいけないほか、いくつかのかかりやすい病気が知られています。

 

ヨークシャー・テリアの脳の病気

水頭症

脳室と言われる部位に脳脊髄液が過剰にたまり、脳圧が上がる病気です。ヨークシャー・テリアでは先天性水頭症が見られることがあり、遺伝が関与していると言われています。

水頭症の犬では、様々な症状が複合して起こります。ふらつき、同じ場所をぐるぐる回る旋回運動のほか、性格が凶暴になったり、視力障害を起こしたりします。痙攣発作を起こすこともあります。また、ぼーっとしていたり、発育不良が見られたりといったこともあります。

脳圧を下げる為の薬での治療を中心に行ないますが、水頭症は完治が難しい病気です。治療への反応が良ければ、安定した状態で数年間過ごせることもあります。一方で、治療に反応せずに短期間で亡くなってしまうこともあります。手術を行なう場合もありますが、手術でも完治は難しいでしょう。

ヨークシャー・テリアの目の病気

乾性角結膜炎

涙の量が減少し、角膜や結膜が十分保護されずに炎症を起こす病気です。特発性や自己免疫性といわれるものが多く、詳細な原因は不明です。

炎症を起こした結膜は、腫れて充血します。角膜炎を起こすと、黒目の表面が白く濁って見えます。さらに時間が経過して炎症が進むと、角膜にたくさん血管ができたり、色素沈着を起こしたりします。また、黄色くネバネバした脂っぽい目やにが出ます。

治療としては、目やその周囲を清潔にして、人工涙液や眼軟膏をこまめに点眼します。乾性角結膜炎の根治は難しく、良化と悪化を繰り返しながら慢性化することがよくあります。

 

ヨークシャー・テリアの脊髄の病気

環軸亜脱臼(環軸不安定症)

首の1番目の骨である環椎と2番目の骨である軸椎からなる関節の不安定により起こる病気です。 軸椎の歯突起に先天的な構造異常があると、環軸不安定症(環軸亜脱臼)を起こしやすくなり、遺伝の可能性が考えられています。

特に首を曲げた際に脊髄が障害を受け、首の激しい痛みをはじめとした色々な症状が起こります。四肢の麻痺により、ふらつき、歩行困難、時には起立不能となります。また、より重度の脊髄神経への障害が起こると、呼吸が停止して死亡してしまうこともあります。

治療にあたり、まずはコルセットで首を固定した上での完全な安静が必要です。これにより一時的に症状が良くなることがありますが、多くの場合、痛みや麻痺が再発します。そのため、環軸不安定症と診断されたら、環椎と軸椎を固定する手術を検討します。術後には、安静と獣医師の指導のもとでの適切なリハビリテーションが大切です。

ヨークシャー・テリアの呼吸器の病気

気管虚脱

何らかの理由で気管が本来の形を保てなくなり、途中でつぶれてしまう病気です。詳細な原因はわかっていませんが、遺伝もひとつの要素とされています。

気管虚脱を起こすと気流がうまく通過できず、ガチョウ様咳と呼ばれる、ガーガーという咳をします。興奮時や暑い時に悪化しやすく、呼吸困難で亡くなることもあります。

気管虚脱は根治の難しい病気で、生涯付き合っていかなくてはなりません。急性の呼吸困難を起こしたら、酸素吸入などの緊急処置を行ないます。その後は、内科治療で維持します。体重管理を徹底し、首輪でなく胴輪を使って首に負担をかけないなどの日常のケアが大切です。

ヨークシャー・テリアの消化器の病気

門脈体循環シャント(門脈シャント)

門脈体循環シャント(門脈シャント)は、腸で吸収した栄養分や毒素などを肝臓へ運ぶ門脈に、肝臓を迂回する異常血管ができる病気です。ヨークシャー・テリアは、先天的に異常血管が存在することがあり、遺伝が関係しているとされています。

門脈シャントがあると、肝臓へ十分な栄養が行き渡らず、成長不良や肝臓そのもの発育不良が起こります。また、肝臓を通過しなかった血液は肝臓で解毒を受けられません。そのため、食後の痙攣発作など、肝性脳症と言われる症状が見られます。

門脈シャントの根治には手術が必要です。異常血管のタイプや本数、肝臓の状態、年齢などによりますが、異常血管を完全に閉塞させられた場合には、通常の寿命を送れる可能性が十分あります。一方、完治させることが難しく、食事療法や内科治療を継続しなくてはならない場合もあります。

ヨークシャー・テリアの骨と関節の病気

膝蓋骨脱臼

膝の関節にある、お皿の骨が外れてしまう病気です。膝関節を構成する組織に先天的な問題があり、膝蓋骨脱臼を起こしやすいケースが多くあります。

症状はほとんど見られない場合もあれば、後ろ足を完全に曲げてしまって着地する事ができなくなってしまう場合もあります。

軽症ならば、膝関節が正常に動くようリハビリテーションを継続することもありますが、最終的に手術となることも多くあります。重度の脱臼の場合や、後ろ足の変形が見られる場合には、できるだけ早く手術することが勧められています。

ヨークシャーテリアについて詳しく知りたい方はこちら
ヨークシャーテリアの基礎知識まとめ