2017年5月17日更新

シー・ズーの病気〜獣医師が解説するシー・ズーのかかりやすい病気〜

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

愛らしい表情と友好的な性格で人気シー・ズー。豊かな毛で覆われた骨格や筋肉は頑丈でしっかりしています。体が丈夫で飼育しやすいことも人気のポイントでしょう。そんなシー・ズーですが、目や皮膚の病気をはじめとして、いくつかのかかりやすい病気が知られていますのでご紹介します。

 

シー・ズーの目の病気

乾性角結膜炎

涙が十分に産生されず、角膜や結膜が炎症を起こす病気です。自己免疫性といわれるものが多いですが、詳細な原因は不明です。また、シー・ズーは骨格上、眼球が外気に触れる表面積が大きく、乾燥しやすいため特に注意が必要です。

結膜炎を起こした結膜は、腫れて充血します。一方、角膜炎を起こすと、黒目の表面が濁って見えます。黄色いねばねばした目やにが増え、かゆみも訴えます。角膜の炎症が進むと、角膜に多くの血管ができたり、色素沈着を起こしたりします。また、ひどい時には角膜穿孔といって角膜に穴があいてしまうこともあります。

治療としては、とにかく清潔にして、人工涙液や眼軟膏の点眼を行ないます。炎症が強い時は、自分でひっかいて傷をつけないようにエリザベスカラーの着用が勧められます。角膜穿孔を起こした場合には早急に手術が必要です。乾性角結膜炎の根治は困難で、慢性化することがよくあります。

眼瞼内反症

まぶたのふちが内側に巻き込むようになってしてしまう先天性の病気です。上下どちらのまぶたにも起こる可能性があります。まぶたの毛やまつげが角膜に触れて、角膜炎や角膜潰瘍の原因になります。

眼瞼内反症を起こしていると、目をしばしばさせたり、涙が多くなったりします。角膜炎を起こすと、黒目の表面が白く濁ったように見えてきます。

症状がひどく角膜炎を繰り返す場合には、内反している部分の皮膚を切除する手術を行ないます。若い子犬ですぐに手術することが難しければ、眼軟膏などで角膜を保護します。

チェリーアイ

目頭にある瞬膜や第三眼瞼と言われる組織が飛び出してしまう病気です。これは遺伝性の病気と言われています。

飛び出した瞬膜は米粒大から小豆大に腫れ、赤く充血した状態になります。さらにその刺激によって、涙が多くなったり、結膜炎を起こしたりすることもあります。

治療として、基本的には飛び出した瞬膜を元にもどして縫合する手術を行ないます。瞬膜は涙液を産生しているため、切除してしまうと将来的にドライアイになる可能性があります。

シー・ズーの呼吸器の病気

短頭種気道閉塞症候群

鼻腔狭窄症や軟口蓋過長症、気管低形成など、鼻からのど、気管に至る気道が狭くなる病気が複合して発症する病気です。シー・ズーなどの短頭種では、先天的な構造の問題が組み合わさって起こることがあります。

鼻腔狭窄症は、鼻の入り口部分にあたる鼻翼の構造異常が原因で気道が狭くなります。また、軟口蓋過長症では、のどの奥にある、上あごの粘膜部分が長く、垂れ下がってしまうことで、気道が閉塞します。気管低形成は、発育過程で気管が本来の太さまで達する事ができない病気です。

いずれも、呼吸をするときの空気抵抗が大きくなってしまうため、喘ぎ呼吸をしやすかったり、運動に耐えられなかったりします。暑いときや興奮時に症状は悪化しやすく、呼吸困難で粘膜が紫色になるチアノーゼを起こすこともあります。また、軟口蓋過長症では、いびきが特徴的な症状です。

治療としては、鼻腔狭窄症や軟口蓋過長症に対して手術による矯正を行ないます。
急性の呼吸困難を起こしているときには、酸素吸入をはじめとした緊急処置が必要です。

 

シー・ズーの皮膚の病気

皮膚炎

ほこりやちり、花粉、または食べ物など、本来は毒性のない物質に対して過剰な免疫反応が働いてしまうことで皮膚炎を起こすことがあり、アレルギー性皮膚炎と呼びます。免疫異常の詳細なメカニズムははっきりわかっていません。また、シー・ズーでは、皮脂が過剰に分泌される脂漏症に伴い、マラセチアという酵母や細菌が繁殖しやすくなり、皮膚炎の原因になります。さらにこれらの皮膚炎は複合して起こることで重症化しやすくなります。

おなかや顔、手足、脇の下などがアレルギー性皮膚炎の症状の出やすい部位です。また、脂漏症では脇の下や指の間、あごやおなかなどに皮膚炎がよく見られ、べたついたりかさついたりして、独特のにおいを発します。皮膚炎を起こした皮膚は、かゆみとともに、脱毛し、皮膚が赤く腫れたようになります。慢性化すると色素沈着を起こし、象皮と呼ばれるように、皮膚が厚くなってきます。また、外耳炎を併発することもよくあります。

マラセチア感染や細菌感染に対しては、内服薬が有効です。しかし、アレルギー性皮膚炎や脂漏症は根治が困難な病気です。食事療法や内服薬、こまめなシャンプーでかゆみを抑えながら付き合っていかなくてはなりません。

シーズーについて詳しく知りたい方はこちら
シーズーの基礎知識まとめ

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード