2017年5月17日更新

パピヨンの病気〜獣医師が解説するパピヨンのかかりやすい病気〜

フランス語で「蝶」という意味を持つパピヨン。美しい毛で飾られた耳が蝶のようであることから名付けられ、その名の通りの優美な姿で昔から愛されてきました。豊かな被毛で覆われた体はとても華奢なので、骨折に注意しましょう。また、他の人気犬種と比べると少ないですが、気をつけたい病気がいくつかあります。今回はパピヨンで知っておきたい病気をご紹介します。

パピヨンの目の病気

眼瞼内反症

眼瞼のふちが内方(目の方向)へと反転してしまう病気です。下まぶたに起こることが多いですが、上下ともに起こる可能性があります。パピヨンではこの眼瞼内反症が先天的に発生することがあります。

先天性眼瞼内反症は目の開いたばかりの子犬でも見つかります。目やにや涙が多かったり、目をしばしばさせていたりすることで気がつくでしょう。まぶたが内側へ巻き込まれたようになっているため、まぶたの被毛やまつげが角膜に触れて、角膜炎や角膜潰瘍を起こしやすくなります。

あまりにも若い子犬の場合にはすぐに手術することが難しいため、眼軟膏などで角膜を保護します。手術が可能になったら、内反してしまっている部分のまぶたを切除する手術を行ないます。

進行性網膜萎縮

光を感じる網膜の細胞が徐々に障害されていき、網膜が萎縮していく遺伝性の病気です。

進行性網膜萎縮は、夜間や暗い所で物にぶつかりやすくなるなど、夜盲症と呼ばれる症状からはじまります。病気が進行するに伴って、明るい所でも見えづらくなっていき、完全に失明してしまいます。

残念ながら、進行性網膜萎縮には効果的な治療法がありません。直ちに視力を失うわけではありませんが、最終的には失明してしまいます。進行性網膜萎縮と診断されたら、生活環境の中に危険な場所はないか見直しておきましょう。そうすることで、住み慣れた場所であれば、大きな不自由なく暮らせる可能性があります。

パピヨンの骨と関節の病気

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は、「膝のお皿の骨」と言われる、アーモンド型をした骨が外れてしまう病気です。パピヨンの場合、膝関節を構成する骨や靭帯、腱などの組織に先天的な問題があることがあり、それにより膝蓋骨脱臼を起こしやすいことが知られています。膝蓋骨脱臼の発症には遺伝が関与しています。

膝蓋骨脱臼の症状は重症度によって様々です。軽症であれば、ほとんど症状がなく、たまにスキップのような歩き方をするケースや、一時的に脱臼しても後ろ足を後方に蹴り出す仕草をすることで自力で治してしまうようなケースもあります。一方で重症化すると、後ろ足が変形してしまい、膝は常に曲げたままで着地できないような状態になってしまいます。

治療は年齢や重症度を考慮して決定します。軽症であれば、リハビリテーションのみを行なうケースもあります。一方、重症の場合や後ろ足の変形が始まっている場合には、早急な手術が勧められます。成長にしたがって後ろ足の変形は強くなってしまい、手術の難易度もあがりますので、早期発見と早期治療が大切です。

パピヨンについて詳しく知りたい方はこちら
パピヨンの基礎知識まとめ

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【動物看護師が解説】パピヨンにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

近所の散歩をしている犬を見ると、よく見かけるパピヨン。身体が非常に細く小さい個体もいれば、被毛が豊富に生えていて体がガッシリして見える個体もいるでしょう。鼻が長くキツネのような顔をしていたり……

パピヨン

備えが肝心!パピヨンにおすすめのペット保険は?

可愛い愛犬とのお別れの時なんて、犬が好きな人なら誰だって考えたくないものですね。でも犬も生き物です。ケガをすることもあれば病気になることもあります。万が一の時に経済的なことで治療をためらうよ……

パピヨン

パピヨンのおすすめブログ 6選

16世紀のヨーロッパで人気だったパピヨン。かのマリーアントワネットも寵愛したとか。パピヨンと言えばバタフライ・イヤーと呼ばれる大きな耳が特徴的ですね。耳が蝶のように見える事から、フランス語で……

パピヨン

華奢で小柄なパピヨンには首輪がいいの?ハーネスがいいの?

柔らかく長い被毛と美しい飾り毛が特徴的なパピヨン。パピヨンのお散歩デビューの頃になると気になるのは首輪?それともハーネス?ということではないでしょうか。「可愛い首輪を付けてあげたい。」「でも……

パピヨン

オヤツばかりでエサを食べない・パピヨンのエサの量について

パピヨンのエサで検索をすると「おやつは食べるけど、エサをなかなか食べてくれなくて。」というお悩みをよくみかけます。なかには「エサにはまるで執着がなくて、どうやって食べさせたらいいの?」という……

パピヨン

【ペットシッターが解説】パピヨンとの暮らしで注意すること

パピヨンの性格と性質 性格 パピヨンはヨーロッパの貴婦人が大切にしていたという歴史を持っており、その優雅な姿がとても人気の犬種です。もちろん、性格も友好的でとても賢いので、家族の態度……

パピヨン

賢くてちょっぴり気まぐれなパピヨンのしつけについて

小型犬ではトイ・プードルに次いで、全犬種でも8番目に知能が高いといわれているパピヨン。訓練次第では服従訓練で好成績を収める犬もいるほど。賢く飼い主の言葉をよく理解する反面、気まぐれな1面もあ……

パピヨン

気になる抜け毛!パピヨンのブラッシングの方法は?

小柄で華奢な体つきと可愛く品のある見た目から、飼って見たい犬として人気の高いパピヨン。パピヨンなどの小型犬は屋外での飼育には向いておらず、飼育する時は屋内飼育が必須です。そこで気になるのが犬……

パピヨン

耳だけじゃない!色彩豊富なカラーも魅力なパピヨンのカラーについて

パピヨンといえば蝶々の羽のような美しい耳!でもパピヨンの魅力は耳だけじゃありません。上品なカラーも魅力の1つですね。パピヨンのカラーは実はとてもバリエーションが豊富なことをご存知ですか?成長……

パピヨン

ブリーダーからパピヨンを迎える時の選び方・メリット

華奢〜で耳が蝶・・・おフランスのかほりがたっぷりのパピヨンですが、その優雅な出で立ち通り、ヨーロッパ貴族に愛された犬なのでした。中には神経質なパピヨンもいますが、基本的には外見だけではなく性……

パピヨン

お洒落な洋服も似あっちゃう!パピヨンに洋服は必要?

エレガントな飾り毛のついた蝶々のような耳と、背中に背負ったリスのような尻尾が上品なパピヨン。パピヨンはどんな洋服もお洒落に着こなしてしまう犬の中のファッションリーダーのような存在ですね。でも……

パピヨン

パピヨンの寿命ってどのくらい?長く元気でいるためにはどうしたらよい?

大きな蝶々のような耳と長い飾り毛が特徴的なパピヨン。フランスの貴族たちの間で長い間寵愛を受けてきた気品あふれる犬です。近年犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいると……

パピヨン

思った以上の運動量にびっくり!パピヨンの散歩についてのまとめ

蝶が羽を広げたような大きな耳にエレガントな飾り毛が綺麗なパピヨン。華奢な見た目から室内でのんびりと過ごしていそうな印象ですが、実はとっても活発で遊び好きな犬が多いようです。そのギャップもまた……

パピヨン

マリー・アントワネットにも愛された犬!パピヨンの魅力って何?

華奢な体とは対照的な長い飾り毛のついた大きな耳がチャームポイントのパピヨン。ピンと立った立耳タイプと、ファーレンと呼ばれている垂れ耳のタイプがいますが、どちらも上品な面立ちで人気が高い犬種で……

パピヨン

パピヨンの性格や飼う時の注意点をまとめました!

起源はトイスパニエルの変種といわれていて、大きな耳は昔は垂れているのが一般的だったそうです。変異で立ち耳が誕生したことにより、たち耳のチワワやヨーロッパ大陸の北方スピッツ犬種と交配させ改良を……

パピヨン