2016年4月30日更新

フレンチ・ブルドッグの病気〜獣医師が解説するフレンチ・ブルドッグのかかりやすい病気〜

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

どっしりとしたガニ股にどことなくユーモラスな表情、好奇心旺盛ながらものんびりとした性格のフレンチ・ブルドッグ。日本でもペットとして人気の犬種のひとつです。骨は太く、筋肉も発達していて、見るからに丈夫そうな体つきをしていますが、いくつか注意しておきたい病気もあります。ここでは、そんなフレンチ・ブルドッグで知っておきたい病気についてご紹介します。

 

フレンチ・ブルドッグの脳の病気

水頭症

脳室という部位に脳脊髄液が過剰にたまってしまい、脳圧が上がってしまうことで様々な神経症状を起こす病気です。フレンチ・ブルドッグでは、先天性水頭症が見られることがあり、遺伝の関与が疑われています。

先天性水頭症のフレンチ・ブルドッグでは、歩行異常や旋回運動、視力障害をはじめ、ぼんやりしていたり、性格が凶暴化したりといった症状が複合して起こります。また、発育不良もみられます。

薬で脳圧を下げる治療を中心に行ないます。残念ながら先天性水頭症の根治は困難で、生涯つき合って行かなくてはなりません。重症度にもよりますが、治療によく反応すれば、数年の延命が期待できます。その一方、治療効果があまり見られずに、短期間で死亡してしまうケースもあります。 手術を行なうこともありますが、実施できる施設が限られていることや、合併症、術後のケアの問題などがあるため、かかりつけの獣医さんとよく相談しましょう。

フレンチ・ブルドッグの目の病気

眼瞼内反症

まぶたのふちが内方(目の方向)へとまきこむように反転してしまう病気です。まぶたの被毛やまつげが角膜に触れるため、角膜炎や角膜潰瘍の原因になります。 フレンチ・ブルドッグでは生まれつき眼瞼内反症が起こることがあります。

眼瞼内反症は目が開いたばかりの子犬で見つかります。目をうまく開けずしばしばさせていたり、目やにや涙が多かったりします 。

手術が可能な月齢になったら、内反している部分を切除する手術を行ないます。すぐに手術を行なわない場合は眼軟膏などで角膜を保護します。

 

フレンチ・ブルドッグの呼吸器の病気

鼻腔狭窄

鼻の穴やその奥の空気の通り道が生まれつき狭くなっている病気です。短頭種で多い病気で、遺伝が関与しています。軟口蓋過長症などの上部気道の先天的な問題が合併して起こることがよくあります。

ブーブーと鼻をならしていたり、呼吸が荒かったりします。酷い時には呼吸困難を起こすこともあります。興奮時や暑い時に症状が悪化しやすい傾向があります。

軽症であれば、暑過ぎる環境を避けたり、激しい運動を避けたりしながら、鼻腔狭窄とつきあっていくことになります。一方、呼吸困難が重度な場合は、手術で外鼻孔と呼ばれる鼻の入り口部分を広げます。また、鼻腔狭窄の犬では、暑い時に呼吸がうまくできず、パンティングによる体温調節が機能しにくくなるため、熱中症には特に注意が必要です。

軟口蓋過長症

のどの手前にある、上あごの軟口蓋と言われる部位が生まれつき長く、のどの入り口部分で垂れ下がってしまう病気です。短頭種では、鼻腔狭窄や軟口蓋過長症などの上部気道の先天的な問題が複合して起こることがあります。

空気の通り道が狭くなってしまうため、呼吸がしづらくなります。夜間にいびきをかきやすいことも特徴的です。重症の場合には、垂れ下がった軟口蓋でのどが塞がれて呼吸困難を起こすことがあります。鼻腔狭窄などを併発していると、呼吸困難はさらに重症化します。

急性の呼吸困難に対しては、酸素吸入などの緊急処置が必要です。軟口蓋過長症は先天的な問題で、自然に正常な状態に戻ることはありません。重症の場合には、垂れ下がった軟口蓋を切除する手術を行ないます。

フレンチ・ブルドッグの骨と関節の病気

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は、いわゆる膝のお皿の骨が外れてしまう病気です。膝関節を構成する骨や靭帯、腱などに先天的な問題があると、膝蓋骨脱臼を起こしやすいことが知られています。膝蓋骨脱臼には遺伝が関与しています。

症状は様々です。軽症であれば、たまにスキップのような歩き方をしたり、一時的に脱臼しても後ろ足を蹴り出すようにして自力で治してしまったりします。一方、重症化すると、膝は常に曲げたままになり、着地できなくなってしまいます。

治療方法は年齢や重症度から決定します。軽症ならリハビリテーションのみという場合もあります。重症の場合は、後ろ足の変形が進まないように早めに手術をした方がよいでしょう。後ろ足の変形が強くなってしまうと、手術の難易度もあがります。

フレンチブルドッグについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】フレンチブルドッグとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ